市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年07月27日

9月にも始まる可能性のあるバランスシート正常化は金融政策の新たな節目


 米連邦公開市場委員会(FOMC)は25、26両日の定例会合後の声明で
   4兆5000億ドル規模
の保有証券の縮小を 「比較的早期に」開始するとの方針を示した。
 
 なお、フェデラルファンド (FF)金利誘導目標については1−1.25%のレンジで据え置いた。

 現在の景気拡大期が7月から9年目に入ったところで、9月にも始まる可能性のあるバランスシート正常化は金融政策の新たな節目となる。
 
 FOMCは2008年12月に事実上のゼロ金利政策を導入した後、長期金利を引き下げるため、数兆ドル規模の証券購入を決定した。 

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:42 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアによる2016年米大統領選への介入疑惑を巡る捜査をへし曲げる意図か?


 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は、25日にレバノンのハリリ首相とホワイトハウスで行った共同記者会見で、司法省の
   セッションズ長官
がロシアによる2016年米大統領選への介入疑惑を巡る捜査から就任後ほぼすぐに外れたことに「捜査から外れるべきではなかった。関与しないつもりなら就任前に私に伝えるべきであり、その場合は他の誰かを選んでいただろう」と失望感を示した。

 なお、セッションズ司法長官が辞任することを望むかどうかや、解任する計画があるかについて大統領は質問に答えなかった。
 
 司法長官には情報機関からのリークに対し、さらに厳しい対応を求めると語った。
 また、「前にも述べたように私は非常に失望している。だが、何が起きるか時間がたてば分かる」と語った。 

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:38 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

長期国債に「ショート・スクイーズ」が生じるリスク


 米国金融当局は
   再投資を行わない資産
の規模をゆっくりと増やしていく方針を明らかにした。
 
 このため当初は、そのまま償還させるよりもずっと多くの部分が再投資の対象となり
   払い戻された資金
の再投資をどう行うかが投資家にとって重要な意味を持つ。
 
 ただ、当局の選択次第では、長期国債に
   ショート・スクイーズ
として知られる流動性の問題が生じるリスクもある。 

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 04:41 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

中国政府の許可を得て、日本の領海内に侵入は問題


 海上保安庁は、中国の海洋調査船が日本の排他的経済水域(EEZ)である東シナ海と尖閣列島周辺海域
   「無許可」調査
を6月及び7月上旬〜中旬に実施したと発表した。
 最多で3隻が沖縄近海で作業したと。

 海上保安庁の巡視船による即刻中止要求に対し、中国の海洋調査船は「中国政府の許可」を得て調査している」と反論して無視したという。

 中国の海洋調査船は海底の泥を継続的に採取し同海域の大陸棚及び地質状況を正確に分析し、中国政府が海底資源の開発を目論む活動の一環だ。

 ただ、日本の資源エネルギー庁によると、釣魚島周辺の海底に金属鉱物が埋蔵している可能性は低い。
 そのため資源探査ではなく、中国の河川などから流れ込んだ砂かどうか、地質を分析しているとの見方が強い。

 中国の海洋調査船が科学調査の実施しているとの主張には常に裏の意図がある。
 日本側からの「いわれなき妨害」「警告」を受けるとの主張だが、古くより中国固有の領土との主張を行うが、外来民族に何度も国を亡ぼされ、中国政府が主張する古来からの固有の領土の継続性はそもそもないともいえる。



ひとこと

 モンゴルや満州族に全土を100年以上も占領され国家自体が消滅したこともある。
 漢民族の支配する国を中国とすれば、古来より領土として認められるのは揚子江と黄河の間の中原地域ぐらいのことだろう。

 それ以外は、遊牧民が割拠し、侵攻を繰り返し外来民族との同化が起こっている。
 1.2億人ともいわれる客家が漢民族の源流であり、それ以外は遊牧民の流れを受けた者が多い。
 中国という概念は単に自己満足的に中国語を話すだけの国民を意味しているにすぎず、古来から続く中国という概念などは単なる夢物語の産物でしかない。

 そもそも、中国が漢民族として満州族の支配した清朝の呪縛から逃れることが出来たのは日本が清朝と交戦した日清戦争で清朝の軍事的な支配力が弱まり、辛亥革命を引き起こせたに過ぎない。

 清朝を倒す軍地資金も日本からの提供だということすら忘れて自立できたとの思い上がりがあるのだろう。 

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:45 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

法務・広報戦略に関する人事を断行


 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
が法務・広報戦略に関する人事を断行した。

 アンソニー・スカラムッチ氏をホワイトハウスの広報部長に起用し、この起用を不満としたスパイサー報道官は辞任した。

 スカラムッチ広報部長は21日、ホワイトハウスでの初の記者会見で
   サンダース副報道官
が報道官に昇格すると述べた。

 
 トランプ大統領はこれより前に
   モラー特別検察官
によるロシア疑惑捜査に対する自身の弁護団で、主任弁護士をマーク・カソウィッツ氏から
   ジョン・ダウド弁護士
に差し替えた。

 また、弁護団の広報担当者マーク・コラーロ氏は自身の辞任を認めた。

 この事情に詳しい関係者は、コラーロ氏がホワイトハウスの弁護戦略に不満を募らせていたとメディアの取材で述べていた。

 スカイブリッジ・キャピタル創業者であるスカラムッチ氏(53)は、大統領に代わって頻繁にテレビカメラの前で話すことになると予想されている。

 同氏は昨年の米大統領選挙でトランプ氏の資金集めを担当した。 

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:17 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

大きいというが?



中国のポータルサイト・今日頭条は
   「大」を自称する国
はいったいどこが大きいのかについて分析する記事を掲載した。

記事では、国土面積が最も大きいのはロシアで、人口が最も多いのは中国、実力が最もあるのが米国だと指摘した。
 これらの国は間違いなく「大国」だとした。

 ただ、世界には「大を自称する国」があるとし、これらの国のどこが大きいのかを分析した。

 その1つとして「英国」は正式名称が「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」というが、この「グレート」には物理的に大きいという意味もあるとした。
 
 大英帝国はかつて「太陽の沈まない国」と呼ばれ、多くの植民地を所有していた。
 ただ、「世界最大の帝国だった」が、今ではその面影はないと分析した。

 2カ国目として「日本」について、掲載したうえ、かつて
   大日本帝国
と名乗っていたものの長期間にわたって日本は中国の属国だったと主張した。
 ただ、長期といういうなかで
   漢委奴国王印
をその証拠の1つとして挙げた。
 
 日本の面積は37万平方キロメートル、人口1億2600万人で、経済力があるとはいえ「大」というほどではないと論じた。

 3カ国目は「韓国」で国の名称である大韓民国そのものに「大」の字が入っている数少ない国の1つだが、面積は10万平方キロメートル、人口5000万人ほどにすぎないのに、「大」を自称するのは皮肉と記述した。
 
 そして、韓国は長年中国の属国であり、今でも経済面では中国に依存していると指摘した。
 
 一方で、中国の歴史や伝統文化を自国のものと主張するのは「大国」のすることだろうかと疑問を投げかけた。

  
ひとこと
 
 中国という国を見た場合、漢民族が春秋戦国時代の中原にいた民族を示すのであれば、客家となるが、13.8億人のうち1.2億人が客家であり、他は異民族とも言われる。
 漢民族が中国を支配した時期や範囲も現状とは大きく異なり、異民族である蒙古や満州族などの遊牧民族に全領土を奪われた期間も長く同化政策で風習も変わってきた。
 満州族のヌルハチに支配され清朝が成立したが、清朝が倒れるきっかけのひとつが、日清戦争における中国の敗北や、日本人が漢民族の留学生を支援・保護して辛亥革命等を実行させたことが現在の中国人には理解できていないようだ。
 
 そもそも、秦の始皇帝も漢民族と呼べるかどうかだろう。遊牧民が割拠して中国の王朝として君臨した期間も長く、中国における漢民族としての集合体も時代の変遷で大きく異民族を受け入れ漢民族と称しているに過ぎない。

 中国の大国的な思考も根は浅く、中国の歴史的な認識を持つべきだろう。
 そもそも、軍閥が割拠して勢力を広げるなかで各地で殺伐たる状況が生まれ、匪賊など武装強盗が団が席巻して治安の低下が著しくなって人口崩壊が起きていた辛亥革命以降の状況を見れば、蒋介石の国民革命軍も勢力闘争の中で形作られてきたものであり、最初から出来上がったものでもない。
 同じく中国共産党もたかだか1万人程度の軍隊であった。
 勝てば官軍のごときものであり、権益の確保がいつまで出きるのかは不明だ。
 
 過去の王朝の興亡でも大規模な人口崩壊が起き、異民族の支配に組み込まれてきた歴史があるのが中国だ。
 
 大周、大秦、大漢、大隋、大唐、大宋、大元、大明、大清とかといった虚勢を張る国名を好んで使う王朝も幾多あったが、ほとんどが滅んでいる。
 
 日本が中国の属国として主張しているが、中国という国はそもそも、過去にはなかった。
 
 中国の魏との関係はあったが、当時は三国時代であり、呉や蜀との関係は不明だ。
 その後、隋や唐、宋や明などとも貿易関係での結びつきに過ぎず、王朝が滅んだ時には大量の亡命者を受け入れている。
 
 中国そのものも異民族であるモンゴルに支配されたり、満州族に支配されており、中国の民族的な国家の系列はたびたび寸断されており、可笑しな主張だろう。 

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:17 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JSR(4185) 17年4〜6月期の連結営業利益は100億円前後



 合成ゴム大手のJSR(4185)の2017年4〜6月期は、連結営業利益が100億円前後だった。

 今期から国際会計基準(IFRS)に移行し、日本基準だった前年同期(56億円)との単純比較で大幅な増益になる。
 タイヤなどに使う合成ゴム製品の値上げが進み、利益を押し上げたと報じられた。
  

ひとこと

 価値の向上を目指せば企業財務が大きく好転することになる。
 利益率重視の戦略は企業の寿命を長くすることに意識すべきだろう。 


    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

JT(2914) フィリピンのたばこ大手マイティー・コーポレーションと買収交渉



 JT(2914)がフィリピンのたばこ大手マイティー・コーポレーションと買収交渉をしていることが12日、分かった。

 マイティーは経営の立て直しを進めており、フィリピン政府にJTへの事実上の身売り計画を提出した。
 JTによる買収額は総額で450億ペソ(約1000億円)とのこと。
 両社は早期に最終合意を目指す方針だと報じられた。
  

ひとこと

 円高時に欧米の海外企業の買収を模索すべきであった。 
 新興国については経済の回復が早いため為替の変動の恩恵を受けるため、積極的な投資は企業の事業拡大に好影響だろう。


    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

ランディス・ギア株式を放出


 東芝は21日、財務体質改善策の一環として、スイスのスマートメーター会社
   ランディス・ギア
の株式について、スイス証券取引所に株式新規公開(IPO)すると発表した。

 東芝は持ち分60%の全てを放出、売却金額は1617億円となる。約400億円の売却益計上を予定している。
 なお、上場は同日から。

 残る4割を保有していた産業革新機構も全株を売却する。
 上場に伴う売却総額は2694億円となる。

 一時は日立製作所と英国ファンドCVCキャピタルが共同で東芝側に
   20億ドル(約2250億円)
の買収提案を示していた。

 東芝は2017年3月期末で5816億円の債務超過に陥っている。
 稼ぎ頭で4月に分社した東芝メモリを2兆円超で売却する手続きを進めるなど、財務改善を急いでいる。 

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 22:46 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック企業から人材を奪う戦略


  求人情報会社の「リクルートジョブズ」が首都圏や関西、それに東海の3大都市圏を中心に、企業がアルバイトやパートを募集する際の時給を調査した。

 日本の景気回復に伴い非正規従業員の減少から
   人手不足の深刻化
を背景に、企業がアルバイトやパートを募集する際の時給が先月、首都圏など3大都市圏の平均で1012円と、過去最高になった。
 
 この調査によると先月は3大都市圏の平均で去年の同じ月より24円、率にして2.4%増え1012円となった。
 これは平成18年1月の調査開始以来、最も高い。
 
 
 地域別では、首都圏が1051円で最も高く、次いで関西が974円、東海が952円であった。
 
 また、職種別に時給の伸びを見ると、コールセンターや経理のスタッフなどの「事務系」が40円、率にして4%増えて1049円となった。
 このほか、飲食店の従業員の「フード系」が24円、2.6%増えて978円となった。
 

ひとこと
   
 調査によれば景気回復に伴う人手不足からアルバイトの時給を頻繁に上げる企業が増えており、ブラック企業にイメージがある外食産業では社員の退職が増えており、待遇の改善のための休日を確保する必要があるため、アルバイトの採用を増やす動きが強まっている。
 
 このため、時給の上昇傾向は当面、続くと見られるが薄利多売の戦略の分岐点が近づいてきているようだ。

 待遇に不満を持つ労働者が多いブラック企業から良質な労働力を確保する動きをする企業も出ており、ブラックな企業には質の悪い労働者が残り更に労働環境を悪化させ、収益の低下を招く動きになりそうだ。
 当然、取引先や利用者の不満も増加して自然淘汰の動きになるような報道が出始めている。

 雪崩を打っての人材の流出が起きている企業の経営者が眠れない日が続くだろう。
 ブラック企業が人材募集の広告を出しても誰も踊りはしない。

 人手不足であれば、ブラック企業から良い人材を奪う戦略が効率的になる。
  

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    



posted by まねきねこ at 06:05 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする