市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年02月02日

ジーエス・ユアサコーポレーション(6674) 15年10〜12月期に中国関係会社の整理に伴う特別損失を計上



 ジーエス・ユアサコーポレーション(6674)が2日発表した2016年4〜12月期連結決算は、純利益が
   85億円(前年同期比+29%)
だった。

 電池などの原材料となる鉛相場が下落したほか、2015年10〜12月期に中国関係会社の整理に伴う特別損失を計上した反動が出た。
 売上高は4%減の2543億円と報じられた。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 22:22 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京株式相場は為替市場で円高が進んだことで売りが広がった。



 東京株式相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)後に為替市場で円高が進んだことで業績先行きへの期待が後退し、電機など輸出関連や化学など素材、海運株などに売りが増加し反落した。

 また、業績改善が相対的に見劣りするとの見方から情報・通信や陸運株など内需関連も下げた。

 TOPIXの終値は
   1510.41(前日比−17.36ポイント(1.1%))
だった。
 また、日経平均株価は1万8914円58銭(同−233円50銭(1.2%))で引けた。  

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 20:29 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コナミホールディングス(9766) 好業績を受けて年間配当は54円に大幅引き上げ



 コナミホールディングス(9766)は31日、2017年3月期の連結純利益(国際会計基準)が
   240億円(前期比2.3倍)
と過去最高益を更新する見通しだと発表した。

 なお、従来予想は43%増の150億円だった。

 新作のスマートフォン(スマホ)向けゲームの利用者数が計画以上に伸びる見込み。
 こうした好業績を受けて年間配当は54円と、従来予想の34円から大幅に引き上げる。
 なお、前期実績は23円と報じられた。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 15:23 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日立製作所(6501) 鉄道など本業の販売増や合理化が収益を押し上げ収益改善が鮮明



 日立製作所(6501)は1日、2017年3月期の連結営業利益(国際会計基準)を
   5600億円(前期比−12%)
に上方修正したと発表した。

 なお、従来予想は5400億円だった。

 鉄道など本業の販売増や合理化が収益を押し上げる。

 構造改革の成果が出る中、今後は成長の牽引役となる事業の確立が焦点になる。
 また、同日、原子力関連事業でウラン濃縮技術の開発から撤退する方針も明らかにしたと報じられた。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 07:30 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月の米製造業活動は5カ月連続で拡大ペースが加速



 米国供給管理協会(ISM)が1日発表した1月の製造業総合景況指数は
   56(前月 54.5)
に上昇し、2014年11月以来の高水準となった。

 事前のエコノミスト予想値は55だった。
 同指数では50が活動の拡大と縮小の境目を示す。

 1月の新規受注指数は60.4(前月 60.3)だった。
 また、生産指数は61.4(前月 59.4)に大きく上昇した。

 雇用指数は56.1と5カ月連続での上昇となった。
 仕入れ価格指数は69(前月 65.5)に上げた。

 ただ、米ドル高を背景に輸出は54.5(前月56)に低下した。
 在庫は48.5(前月 47.0)と、縮小圏で推移した。
 在庫の縮小は1年7カ月連続となる。  


       
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:25 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人の78%は「韓国は信頼できない」...



 日韓首脳が会談し日韓併合時代の日本軍「慰安婦」問題に対する12・28合意処理をめぐり、信義則に反する韓国の対応に対する両国間の国民感情が悪化し、このような流れを戻すような政治リーダーシップも期待できない状況にある。

 産経新聞は31日、日本人対象の世論調査で、釜山領事館前の
   平和の碑(少女像)
に対して日本政府が行った報復措置を「支持する」という立場を明らかにした人々が全体の80.4%に上ったと報道した。

 また、韓国が少女像を撤去しなければ韓国から
   一時帰国
した長嶺安政大使を送り返す必要はないという意見も、68.1%が「そう思う」と答えた。

 韓国を外交や経済活動の相手として信頼できるかという質問にも77.8%が「信頼できない」と答えた。

 約束を自己都合で破るといった行為をする者を信頼することは出来ないのは当然といえば当然のことだ。

 日本社会では
   反韓世論
が拡大しており安倍晋三首相は30日の参議院予算委員会において、
   12・28合意と少女像問題 など
に対する質問を受け、韓国側に
   合意を誠実に履行
するよう粘り強く求めると腰が引けた生ぬるい発言を行った。

 日本で沸き立っている韓国に対する不満の世論を、対韓国外交のテコに使用するという浅はかさだ。

 日本政府内では
   朴槿恵(パク・クネ)大統領
を弾劾に追いつめた
   「ろうそく集会」の余波
が続いている状況で、市民社会が自発的に設置した平和の碑を韓国政府が
   強制撤去
するのは事実上不可能だということを知っている。


 読売新聞は現在日本をめぐる外交状況を分析した。

 日米関係はドナルド・トランプ大統領の登場で将来の展望が不透明になっている。

 韓日関係も少女像の問題により悪化しただけでなく、日中関係も停滞した状態だと指摘した。


 日本経済新聞もこうした状況を挙げ、日本政府が早期に開催しようとした韓中日首脳会談も「当分の間開催が難しくなった」と見通した。



ひとこと

 ロシア帝国の南下政策を考えれば李氏朝鮮の改革派が日韓併合を進めたのは明らかだろう。
 閔姫派が外威の影響力を使って、権益網を王朝内で伸ばし広げていったことで国王は幽閉されている時季もあった。

 約束を一方的に通告ないに破る姿勢をよく考える必要があるだろう。  

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 01:44 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タカラレーベン(8897) 売上高は56%増の537億円



 タカラレーベン(8897)が23日発表した2016年4〜12月期連結決算は、純利益が
   18億円(前年同期比9.7倍)
だった。

 タカラレーベン・インフラ投資法人の上場に伴い、太陽光発電設備10物件の売却益を計上。
 このほか、マンションや戸建ての販売も増えた。

 なお、売上高は56%増の537億円だったと報じられた。 


ひとこと

 経費節減のインフラ部分での投資対象は今後も拡大していくことだろう。
 大規模な社会インフラが難しい地域では狭い範囲で利用できる設備への投資が拡大する可能性が高い。  


    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本と中国の鉄鋼業から経済の実力差を比較する記事


 中国メディアの全球礦産資源網は20日、日本と中国の鉄鋼業から経済の実力差を比較する記事を掲載した。

 日本は世界の経済大国であると同時に経済強国でもあると記載し、中国は単なる経済大国に過ぎないと指摘した。

 中国の粗鋼生産量は圧倒的な世界一であり、日本の生産量は中国河北省の生産量すら下回っている。
 ただ、高級鋼の生産量では中国を抜いて日本が世界一であると指摘した。

 また、日本の鉄鋼業は技術面で常に世界をリードする存在であり、粗鋼生産時におけるエネルギー消費量から比較すれば明らかとした。

 中国は1トンの粗鋼を生産するにあたって1.5トンの石炭を使用する。
 これが、米国の使用量は1トン、そして日本の場合はわずか0.6トンで済むと指摘した。

 このほか、石油換算トンあたりに生み出す付加価値の量でも日本は中国の7−10倍に達すると伝えた。

 
 中国最大の鉄鋼メーカー
   河北鋼鉄集団
の2015年における粗鋼生産量は世界第2位だったが業績は赤字だったと指摘した。

 日本や韓国の鉄鋼メーカーがしっかりと利益をあげる。
 一方、中国の鉄鋼メーカーは規模ばかり大きくても国際競争力を持たないと伝えた。
 
  
 中国人は自国の国内総生産(GDP)の成長を喜び、自画自賛しているものの質の差を認識する能力もない。

 日本は多くの点で中国をリードしており中国の追撃は不可能だ。  

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする