市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年05月03日

#朝鮮半島の非核化を実現するためには北朝鮮の政治体制を変える必要がある。


 岸田文雄外相は2日、オーストリアのウィーンで開かれた
   核不拡散条約(NPT)運用検討会議第1回準備委員会
で、「朝鮮半島の非核化を実現するための外交努力を、日本は率先して続けていく」と発言した。

 北朝鮮情勢をはじめ、安全保障環境は厳しさを増しているとの認識を示し、日本は
   北朝鮮の非核化
に向け主導的役割を担う用意があると述べた。

 米国のウッド国連軍縮大使は「北朝鮮によるソウルあるいは東京への核攻撃の脅威は現実のものであり、北朝鮮が米国本土を攻撃する能力を開発するのは時間の問題にすぎない」と述べた。

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#独善的思考では政治は進まない。


 包括的歳出法案を巡り議会共和党と民主党との協議が難航し、結果的に
   大統領が掲げた優先事項
の多くが盛り込まれなかったことを受けて、米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は2日、年内に
   強制的な政府閉鎖
に持ち込むことも辞さない姿勢を示した。

 思いつきのごとくトランプ大統領はいつものようにツイッターに「共和党と民主党が交渉したのは、上院で必要な60票がないからだ」と投稿した。

 また、「2018年に共和党が上院議席を伸ばすか、今ここで51%の単純多数決にルールを変更するかのどちらかだ。このやっかいな状態を是正するため、我が国には9月に良い意味での『閉鎖』が必要だ」と続けた。

 
 この大統領のメッセージは上院で過半数議席を確保する共和党に対して、法案の
   フィリバスター(議事妨害)打ち切り
に必要な票数を60票とする現行ルールの変更を促しているとも受け取れる。

 共和党は今年、連邦最高裁判事候補者の上院承認に必要な票数を51に引き下げた。



ひとこと

 政治的手腕が未知数といわれたが、所詮は民間不動産業者時代の独善的な手法をごり押しするだけでの類の者が扇動的な発言で不満を持田米国民の支持を受けて勝ち進んだだけで分裂国家を作りだしていくということだ。

 こうした政治環境は日本が米国の経済的呪縛から逃れるチャンスとなる。

 しかし、イデオロギーや宗教が背景となった政党などのみならず、マスコミに取り上げてもらい知名度を高めようと目論む卑しき日本の政治家が多くなっており、裏交渉といった根回しが出来ない輩が増殖している。

 意見や意思を通すために、マスコミを使うどころがマスコミに使われてしまっている質の悪い者が増えてきており問題の根は深い。

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:35 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#北朝鮮の独裁者金正恩と会談する?


 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は1日、ホワイトハウスの大統領執務室でブルームバーグ・ニュースのインタビューに応じ、米国にとって最も差し迫った外交・安全保障問題である
   北朝鮮問題
に関して、政治顧問らからは反対されているが、軍事衝突を回避するために
   金正恩朝鮮労働党委員長
と「会うのが適切ならば、断固として会うつもりだし、それを光栄に思う」と発言した。
 
 また、「政治に携わる人は決して口にしないだろうが、適切な状況の下であれば会うつもりだ」と続けた。



ひとこと

 メディアのインタビューでの思いつき程度の発言だろう。

 この「適切な状況」として掲げる項目を明らかにしておらず、ICBMの開発の中止や設備及び核兵器の廃棄などは当然のこと、人権問題の解消や民主主義的な政治体制の確立などまで踏み込んでいくことになるため、北朝鮮が受け入れは不可能なものとなるため、絵に描いた餅のようなものになるだろう。

 それよりも、こうした交渉で時間を稼ぐ北朝鮮が最終的に米国本土に打ち込める核兵器を開発する可能性が高まるだけだろう。
 なお、核兵器を手に入れリスクが高ければ対抗措置として米軍は「無慈悲」に北朝鮮軍を殲滅する行動をすることになる
 ただ、隣国に自由主義国家が出きることを国内問題に発展しかねないリスクとして捉える中国政府は、北朝鮮の動きを常に監視してある時期にクーデターを起こさせる可能性が一番高いという見方もある。

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:19 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#銀行幹部との2月の会合では、グラス・スティーガル法はほとんど話題になっていない。


 米国金融機関が跋扈するウォール街への批判の急先鋒でもある民主党の
   エリザベス・ウォーレン議員
らは今月、グラス・スティーガル法の新版を策定する法案を提出した。
 
 ただ、上院共和党議員で支持したのは
   ジョン・マケイン議員
1人だけだったこともあり、新たな法案の議会通過は険しい道のりが予想されている。
 
 2月の金融ルールに関する大統領令を巡り財務省で開かれた銀行幹部との会合では、グラス・スティーガル法はほとんど話題になっていない。

  

ひとこと

 思い付きに近い発言を繰り返してきたことで企業を成功させてきたとしても、利益の身を優先して判断するだけの民間企業と巨大な国家の運営とは根本的に異なることが理解できていないようだ。

 日本の企業経営者が米国の表面的な経済の流れを背景に主張するが、裏の政治的力学が理解できておらず、莫大な損害を出すことが多くなっている。

 幼稚な経営者が政治と経済は別などという主張をするのだが、こうした思考が愚民政治家に蔓延しマスコミ上がりの政治家が事業仕分けなどという重要度でいえば枝葉のはっぱばかりをマスコミに取り上げ、政策を棚上げしてきた現実を日本国民は考えるべきだろう。

 無駄と指摘する数兆円のために、無駄な時間を使っただけで、必要な政治や外交が出来ずに数百兆円もの損害を発生させるといった経済観念の乏しさというか国益に対するバランス感覚の欠如が問題だ。

 年金問題だけ取り上げた愚民政治家の大臣も質が悪すぎた。そもそも、年金制度を始める際に、加入者の確保優先で名義貸しのごときものがあったともいわれ、年金保険料を支払ってもいない部分など不合理な点には全く手を付けていない。 

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:09 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする