市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年04月03日

JVCKW(6632) 20年度にドライブレコーダーの販売台数を現在の2倍に増やす。



 JVCKW(6632)は20年度にドライブレコーダーの販売台数を現在の2倍に増やす。
 年内にもタイに持つ工場の生産ラインの増設に着手。

 需要好調な国内に加え、海外での拡販を急ぐという。

 現在は自動車用品店での販売が中心だが、20年ごろからは自動車メーカー向けのOEM(相手先ブランドによる生産)も増えていく見込みというと報じられた。
    

   
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 14:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺伝子組換え品不使用の調合油が、れっきとした遺伝子組換え製品だった。



 
 中国中央テレビ(CCTV)は、中国の
   食用調合油生産工場
を潜入取材しさまざまな偽装現場を確認したことを伝えた。

 食用調合油が市場に出回るようになってすでに20年が経過したが当初は単一の植物油が不足するのを防ぐためだった。
 
 しかし、現在では、食用油全体における販売量は2番目に多くなった。


 福建省の複数の工場に潜入取材したところ、原料を減らして生産する工程が多く見られたことを確認できたと言う。

 2つの工場への潜入調査では「菜種油94%、オリーブ油6%」と表示されている調合油製品において、実際はオリーブ油が2−3%程度しか含まれていないことが発覚した。
 
 輸入が多いオリーブ油の値段が高いために、その量を目減りさせたうえで販売していた。
 
 
 比較的生産規模の大きい別の企業では、高級調合油と売り出している商品が、実は通常の植物油を薄めて作った安価な油だった。
 
 さらに、この企業の販売責任者が、最低限の基準として検査で問題が出ず、食べても人が死なず
   地溝油(ドブ油)
でないというのが基本などと発言している様子を紹介した。
 
 死にさえしなければ
   どんな油
でもいいとの認識であるとも受け取れる発言をしたと伝えた。

 さらに、「現地農業産業化重点リーディングカンパニー」という称号を持ち
   年間3億元(約50億6000万円)
あまりの食用調合油を生産しているという企業では、「オリーブ・くるみ調合油」「オリーブの香り調合油」の2商品で米国産の大豆油が90%以上含まれていることが発覚した。
 
 このほか、「遺伝子組換え品不使用」としているにもかかわらず、販売担当者が「大豆は遺伝子組換え製品」と説明したことを伝え、遺伝子組換え品不使用の調合油が、れっきとした遺伝子組換え製品だったと伝えた。
    

   
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 04:52 | 愛知 | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久光製薬(4530) 18年2月期の連結営業利益が前期比微増



 久光製薬(4530)は28日、18年2月期の連結営業利益が前期比微増の265億円になったと発表した。
 
 これまで8%減の241億円と見込んでいた従来予想から一転、増益となった。
 
 主力の消炎鎮痛剤モーラステープなど医療用医薬品の苦戦が響いた。
 一方では、国内の営業費用など販管費が想定を下回った。

 一般用医薬品サロンパスの好調も追い風となったと報じられた。
    

   
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする