市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年04月10日

UCルサールの持ち株を放出


 スイスの資源商社グレンコアは10日の発表資料で、米国のトランプ政権が新たに打ち出した
   対ロシア制裁
でオレグ・デリパスカ氏が対象となったことを受け、同社が保有するデリパスカ氏傘下のアルミニウム生産大手
   UCルサール
の持ち分を同氏が保有する別会社の株式にスワップする計画を見合わせる意向を表明した。

 
 また、グレンコアは
   アイバン・グラゼンバーグ最高経営責任者(CEO)
がルサールの取締役を辞任したことも明らかにした。

ひとこと

 権益の保有者の思惑の中での出来事でしかない。 


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  

  

    
   

    
posted by まねきねこ at 18:51 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ氏の個人弁護士の事務所を強制捜査


 
 米連邦捜査局(FBI)は9日、ニューヨークにある米大統領
   ドナルド・トランプ氏
の個人顧問弁護士を長年務めてきた
   マイケル・コーエン氏
の事務所に対する強制捜査を実施した。

   
 
 
 コーエン氏の弁護士
   スティーブン・ライアン氏
によると、強制捜査は、米大統領選でのトランプ陣営とロシアとの共謀疑惑を捜査する
   ロバート・モラー特別検察官
からの情報提供に基づき行われた。


 ライアン氏はニューヨークの米検察当局による
   「令状を取って捜査」
を行うという判断は
   「完全に不適切かつ不必要なものだ」
と批判した。
 
 また、「結果として、保護されている弁護士と顧客間のやり取りが不必要に押収された」と指摘した。

  
ひとこと

 嘘つき大統領の一味の一人であり、蟻の一穴になりそうだ。 


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:49 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

崖っぷち政権の暴走が始まりそう。



 トランプ米大統領は9日、ホワイトハウスでの閣僚会議の冒頭で記者団に対し、シリアの
   アサド政権
が先週末に
   化学兵器による攻撃
を実施したと疑われる問題で、米国は「このような残虐行為を容認することはできない」と述べ、シリアに対する
   米国の報復措置
について2日以内に決定すると続けた。

 また、トランプ氏は「ロシアなのか、シリアなのか、イランなのか、これら全ての国なのか、われわれは解き明かす。答えはすぐに分かるだろう」と発言した。


   
   

 記者から、アサド大統領を後押しするプーチン大統領が同攻撃の責任を一部担うのかと問われると、「そうなるかもしれない。プーチン氏が責任を担うとなれば、それは非常に厳しいものになる。彼は代償を払うだろう」と続けた。 


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:26 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異次元緩和の正常化プロセスを検討する必要


 新たな任期が始まった日本銀行の
   黒田東彦総裁
は9日夜の記者会見で
   出口戦略の検討
は時期尚早と話し5年間の任期中に
   異次元緩和の正常化プロセス
を検討する必要があるとの見方を示した。

 黒田総裁は「任期いっぱいまで務めるつもりでいる」と述べたうえ
   「物価安定目標の実現」
に向けて最大限の努力を払っていくと。それだけでなく、正常化プロセスもいずれ検討しなければならないと表明した。

 また、金融システムの安定に取り組む姿勢も示した。


   

  
 出口の際は、市場の安定を確保し適切な政策運営を行うのは十分可能と述べ、時期が来れば、市場とも
   「適切に対話する」
という。

 具体的な手段や順序は「状況によって変わる」との見解を示したうえ「金利とバランスシートの扱いが課題」だと指摘した。

 長期金利が大きく変動しないよう「慎重に緩やかに行う」と話した。

 また、現在の長短金利操作付き量的・質的金融緩和を2%の物価安定目標の達成が「はっきりするまで続けていく」と述べた。


 早急な政策転換を否定した。2%目標には距離があり、金融緩和からの出口戦略の議論は「まだまだ時期尚早」とした。
 また、性急に行った場合は金融システムに影響が出る可能性があるとの見方を示した。

 将来の政策余地を拡大するために
   緩和を縮小するのは適切ではない
と説明した。

 米国の出口戦略が当初の予定から異なっていることを挙げたうえ、早急な説明は「かえってミスリーディング」だと述べた。 


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:49 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする