市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年06月02日

ポピュリスト政党が秩序を破壊する動き


 イタリアの政治危機が先週の初め世界市場に混乱をもたらした。

 欧州連合加盟国であるイタリアの政治不安の拡大が懸念され、英国と同様の離脱に向けた動きが加速する様相となり、ユーロ圏の結束が試され、投資家による域内債券の売りにつながった。


 イタリアではポピュリスト政党の「五つ星運動」と「同盟」が、二転三転の末に連立政権を樹立した。
 欧州他国との摩擦が長期化する可能性が浮上している。

  
   
ひとこと

 ポピュリスト政党が大衆を扇動して支持を拡大したが、欧州連合の他の諸国との駆け引きが過激になり、離脱した場合の混乱を収束できる交渉能力はないだろう。

 ワイマール時代の混乱化ら集束では武力鎮圧を展開したナチス党の突撃隊を国民が支持するようになった。
 所詮、大衆の意識は揺らぎやすく過度に反応することが多い。             
   
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
  

   

  
      
    
posted by まねきねこ at 08:21 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月の米非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比22万3000人増と改善


 米国労働省の発表によると、5月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比22万3000人増と改善した。

 事前調査のエコノミスト予想では19万人増だった。

 なお、前月は15万9000人増(速報値16万4000人増)に下方修正された。

 平均時給は前年比2.7%増と、市場予想を上回る伸びを示した。
  
   
ひとこと

 予想外に良い指標が出た。
 ただ、貿易戦争を仕掛ける動きが出てきておりピークから下り坂に入る可能性もある。
               
   
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
      
    
posted by まねきねこ at 06:42 | 愛知 | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧米間の貿易摩擦が激化


  
 欧州委員会のマルムストローム委員(通商政策担当)は1日、ブリュッセルで記者団に対し「欧州連合(EU)は本日、米国と中国の両方を提訴する。いずれかの側を選ぶことはないという意思表示だ」と説明した。
 
 また、「EUは多国間の制度、法に基づいた世界貿易を支持している」と続けた。
 米国については、EU製品に対する金属輸入関税の執行猶予が終了したことに対応したことを明らかにした。
  
 
 米国が取った措置と同様に、EUも米国製品に対して今月20日にも
   報復関税
を導入する。
   
 
 米国トランプ政権は
   金属輸入関税
を安全保障上の理由を挙げて正当化している。
 
 この措置に対し、マルムストローム委員は「純粋な保護主義だ」と指摘したうえ、欧州から米国への鉄鋼・アルミニウム輸出が
   米国内の安全保障
にとって脅威であるはずがないと主張した。

    
   
ひとこと

 経済発展した中国も払うべきものは支払うことが必要であり、モノ真似をした製品を売って丸儲けは問題ということ。 
 中国が日本企業の製造した新幹線車両をモノマネしたにもかかわらず、自主開発と主著数る厚顔はいただけない。            
   
     

posted by まねきねこ at 01:00 | 愛知 | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国に遅れまいと黙々とインド洋で港湾進出?



 中国共産党機関紙人民日報の国際版「環球時報」は
   「日本が中国に遅れまいと黙々とインド洋で港湾進出している」

 21世紀の「新植民地主義」ともいわれ始めている中国政府が主導する
   巨大経済圏構想「一帯一路」
が進展するにつれて、スリランカやパキスタンなどインド洋沿岸諸国への中国の
   インフラ投資
が増加し、共同開発による
   港湾整備プロジェクト
がいくつも進められている。

 こうした中、アジアの経済大国・日本の「最近の忙しい動き」に海外メディアが注目していると報じた。

   
   
ひとこと
  
 中国が資源を求めて海外での権益の確保・拡大させる動きは顕著だ。
 特に社会インフラの過剰投資を誘いこみ中国政府系の民間企業を活用した動きは相手国を借金漬けにして返還時のバーター取引で権限を確保する新植民地主義の典型となる。

 日本の動きは中東からの原油・天然ガスの運搬ルートや貿易ルートの確保で必要な安全保障上の拠点作りである。
 このため、本来であれば自衛隊の基地を設置して防護措置を展開する必要もある。

 こうした動きに異を唱えるのが中国政府の傀儡ともいえる野党政治家の発言だ。
 エネルギールートを中国の軍事力で抑え込まれれば、日本の経済は大きな影響を受けかねない。

 同様の中国による活動は太平洋地域の諸島でも展開されている。
               
   
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
  

   
  
     
 とする記事を掲載した。
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする