市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年06月09日

「約束を守る」といった価値判断が根本的に異なる。


 北朝鮮に従った行動が多く見られる韓国の文政権は、条約や合意を棚上げに巣るような発言や世論操作などを繰り返す韓国との足並みの乱れがおおくなっているのは当然の出来事であり、北朝鮮が核兵器を廃棄する際の費用負担を韓国が負うのは当然のことであり、日本は一切資金を提供する必要がないのは当然のこと。

 これまで日本領土の竹島を侵略し占領し続けている状況がある韓国政府の対応などを見れば、協力的な経済関係を維持する必要性は基本的にない。 
 国連による北朝鮮への経済圧力の措置に関して対応を強化し手いる中、5月3日、東シナ海の公海上で北朝鮮籍のタンカーに
   韓国船籍のタンカー
が横付けしているのを自衛隊が発見した。

 日本政府は、韓国船籍のタンカーが
   「瀬取り」に関与
していた疑いもあるとして、韓国側に現場の画像を示し調査を求めた。
 
 これに対し、表面的に韓国政府は、迅速な対応を約束した一方、5月9日に
   日中韓3か国の首脳会議
が控えていたため、日本政府に対し対外公表をしないよう要請し、日本政府もこれを一応受け入れた。

 
 韓国政府は、約束を守らずに対応を放置したため、その後、日本のメディアの報道でこの事案が明らかになった。

 小野寺防衛大臣は韓国側に調査を求めていたことを明らかにしたところ、韓国政府の関係者から、「日本政府は対外公表をしないと約束していたのに、メディアにリークされた」などという不満が聞こえだした。
 
 この事案は、北朝鮮との関係改善を目論む韓国側が、「当該の船舶に確認したところ、違法な瀬取りの事実はなかった」と回答してきた。
 このため、日本側もこの説明を受け入れたという。
  

 北朝鮮への対応で、日米韓3か国の
   緊密な連携
が重視される中で
   「足並みが乱れるようなこと」
はしたくないという外交当局間の判断が影響したとされる。

 ただ、沖合いでの「タンカーの横付けは不自然で未遂事案の可能性が高い」が調査する気のない韓国政府の姿勢が背景にあり、黒も白に見えてしまうのだろう。

 これでは、核弾頭は単なる砲弾、化学兵器や生物兵器も見てみぬふりをするのと同じだになる。
 目先のリスクが大きくなる中で大量破壊兵器が使われなければ平和だと主張し、破壊力を増すための時間稼ぎとなっている状況を見ないようにする姿勢は平和だといえるのか疑問だ。
        
   
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
  

   
  
     
posted by まねきねこ at 06:20 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暗殺を警戒


 
 ブルームバーグとビジネス・インサイダーは北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、6月12日に開催される
   米朝首脳会談
で訪問するシンガポールで
   暗殺の可能性
があることを懸念していることを報じた。
 
 今年になり正恩氏は首脳会談のため中国を2度訪れ、韓国の
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
と2度会談を行った。
 
 ただ、外国訪問でこれほど長距離の移動は2011年に最高指導者になってから一度もなかった。
 
 正恩氏は北朝鮮の体制維持のために金日成が権力を独占するまでに繰り返した政敵の暗殺や粛清などを繰り返した過去の汚れた手法による経緯もあるためなのか、首脳会談での
   「安全を非常に懸念しており、殺害を恐れている」
と首脳会談の環境を整備する協議に詳しい関係者がメディアの取材で述べている。
  
 ビジネス・インサイダーは記事で米国を
   核ミサイル
で脅していた正恩氏は、自国での暗殺を一番危惧していると指摘した。
 
 なお、そして国際空域を通る片道4000キロ以上の空の旅の安全対策は領内に比べ対応力が低下してしまい
   極めて危険
だと感じてるとも伝えた。
 
 韓国との国境沿いにある板門店の
   軍事境界線
への移動時には、保衛部が綿密に計画した膨大な量のセキュリティ策が講じられていたとも言われている。


 また、正恩氏の危惧にはウクライナのドネツクで起きた
   マレーシア航空MH17便の墜落事件
では、墜落の際に「誰かの責任を証明すること」は極めて難しいことを認識させている。

 北朝鮮は、米朝の会談に関する合意に関わらず、米国政府があらゆる手段をもって
   北朝鮮の現体制を排除
するマスタープランがあると考えており、体制維持の確約を最優先してくる可能性がある。
 
 そのため、米国政府が「挑発を除外しない」といった瀬戸際外交の手法を封じた合意ともなれば、交渉に行き詰まる北朝鮮の懸念が根拠を持たないとは言い切れない状況を生みだすこととなる。
 
 ペンス米副大統領が北朝鮮が非核化に応じなければ
   「リビアのようになる」
とけん制したことは記憶に新しいものであり、北朝鮮国内に自由化の波が起これば、北朝鮮国内での体制批判が増加していくことにもなる。
 ただ、米国の自由主義が隣国の北朝鮮に広がることは中国が最も警戒している状態であり、中国の影響をうけた軍部のクーデターや暗殺が実行される可能性もある。 


      
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
  

   
  
     
posted by まねきねこ at 01:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする