市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年11月07日

豪外相が100万人を拘束しているウイグル収容施設の問題で中国政府に懸念を伝達


 
 中国を今週訪問するオーストラリアの
   マリス・ペイン外相
は6日、新疆ウイグル自治区の収容施設に100万人もの少数民族の人々が不当に拘束されている問題について、中国政府に懸念を伝える意向を示した。


 人権活動家などは新疆ウイグル自治区の収容施設について、ウイグル人をはじめとする
   主にイスラム教徒が中心の少数民族
の人々が収容され
   政治的な再教育
が名目として行われていると指摘している。


 ペイン氏は今週8日から9日にかけて中国を訪問する予定。

 長らくオーストラリアの勢力圏とみなされていた太平洋諸国に対しては経済の発展による軍事的自信が背景となり中国が資金援助名目で強い影響力を高めていることから両国の外交関係は冷え込んだことから、豪中両政府は関係の改善を模索している。


 ペイン氏は豪政府が「新疆ウイグル自治区における人権状況について大変懸念」しているとして、中国の王毅外相との会談でこの問題を提起すると言明した。


 ペイン氏は豪ABCとのインタビューで
   国連人権理事会
において今週声明が作成されると指摘するとともに、自身の考えを通して適切な方法で問題を追及していくとの考えを示した。


 中国政府は収容施設について
   「職業訓練および教育のための施設」
であると反論しており、新疆ウイグル自治区におけるテロ対策の一部であると主張している。

 こうした中国の姿勢に対しては、6日の国連人権理事会による検証で中国が矢面に立たされることは必至。

 オーストラリアの外交当局者によると、昨年新疆ウイグル自治区の収容施設にオーストラリア人3人が拘束され、後に釈放された。
   
       
       
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
  

    
   
   
posted by まねきねこ at 05:02 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の戯言を「いつまで放置」するのか?

 
 自主外交が弱体化している日本だが、河野太郎外相は4日、ブルームバーグのインタビューで、日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の
   元徴用工訴訟判決
について、韓国国民への補償や賠償は韓国側が責任を持つべきだ、との認識を示した。


 河野外相は日本と韓国2国間の賠償問題については1965年の日韓請求権協定で合意しており、「過去半世紀の日韓関係の基盤となっている」と強調した。
 こうした認識は、両国間で「明白なことだ」と述べた。
 
 韓国最高裁は先月30日、日本の植民地時代に強制労働をさせられたと主張して、韓国人の元徴用工4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償の支払いを命じる判決を下した。

 日本側は、安倍晋三首相が「国際法に照らしてあり得ない判断だ」と国会答弁するなど強い不快感を示しただけだ。
 反論などでは、舐めた政治を繰り返してきた韓国政府への強いインパクトはない戯言でしかない。
  
 そのため、韓国の文在寅大統領は、判決への政府の対応をいまだ明らかにしていない状況を見れば明らかだろう。


 河野外相は、判決は「日韓関係における法的基盤を完全に否定するもの」であり、2国関係を考える上では「まずこの問題を解決する必要がある」と指摘しただけで、大使の召喚や経済制裁すら明らかにもしていない。
 韓国側が問題解決に動かない限りは両国関係は前進することはない、との考えを示したに止まった。
   


ひとこと

 腰抜け外交が継続しているということ。
 韓国からの観光客を拒否し、経済関係も見直す必要があるのは当然だが、何も出きていない。
  
       
       
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
  

    
   

   
 
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする