市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年11月08日

腹黒い謀略


 韓国の李首相は「日本政府の指導者たちの発言は妥当ではなく、賢明でもない」と批難した。
 また、「司法部の判断は政府間外交の事案ではない」として「司法部は法的な判断をする機関で、司法部の判断には政府が介入しないことが民主主義の根源だ。日本政府の指導者たちもそれが分からないはずがない」と強調した。

 大法院の判決は1965年の韓日基本条約を否定したものではなく
   「条約を認めながらその土台の上で条約の適用範囲を判断したもの」
と主張して、「私はこの問題に対する言及を最大限自制し、政府の関連官庁や民間専門家の知恵を集め対応策を講じるため努力している」と説明した。

 李首相は「日本政府の指導者たちは韓国司法部の判断に不満は言える」としながらも、「だが、日本政府の指導者たちがこの問題を外交紛争に持ち込もうとし、私もそれに関する意見を言わざるを得なくなったことを遺憾に思う」と強調して見せた。

 また、「日本政府の指導者たちの賢明な対処を要望する」と促した。

 韓国政府は「強制徴用被害者の傷を癒やすことに最善を尽くす」と主張し、「韓国政府は韓日関係が未来志向に発展することを望んでいることを改めて表明する」と続けた。
 李首相が判決に関する立場を明らかにしたのは、河野太郎外相らの発言に反発したためとみられる。

  
  
ひとこと

 日韓政府間で解決した問題であり、韓国政府が日本政府や企業が朝鮮半島に保有していた資産を引き渡しており、本来であれば、韓国政府がこの資産を利用して被害者に支払うものだ。

 ただ、経済発展さるなかでこうした資産を食いつぶしてしまったのだろう。

 そのため、ない袖は振れない韓国政府が厚顔にも司法制度を利用して要求してきたとも言えるものだ。

 欲の深い韓国政府の腹黒い謀略の類でしかない。
 
       
       
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
  

    
   

   
 
posted by まねきねこ at 05:45 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする