市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年11月10日

日本に住む中国系には生活が苦しく、中国への帰国を望む人が少なくない。


 中国メディアの米爾網によると、日本に住む中国系には生活が苦しく、中国への帰国を望む人が少なくないが、国籍が帰国の障壁になるケースが少なくないと伝えた。

 この記事では「中国は国土や人口で日本を大きく上回るが、経済的には20年前はまだまだ立ち遅れていた。しかしその後、日本と中国の経済情勢は大きく変わった」と指摘した。

 「中国経済は拡大を続け、かつて日本がいた世界第2の経済体の座に就き、研究・教育やインフラ面で急成長を遂げた。日本が『失われた20年』を送ったのとは対照的に、中国は『黄金の20年』を送った」と続けた。
  

 日本には多くの中国人が移り住み、現在も80万人ほどが居住していることを明らかにした
 その多くが、日本の国籍を取得し、中国系日本人として納税もしている。

 そうした人々は、以前は中国大陸の中国人からは羨望の対象だったが、現在は苦しい生活を送る人も少なくないと指摘した。
 そのため、帰国して再スタートを希望する人が少なくないと続けた。
  

 中国の国籍で日本に滞在していたなら、ただ帰国の手続きをするだけ済むが、中国の国籍を捨てて日本の国籍を取得して生活している場合は、帰国して定住することも不可能ではないが、中国国民としての権利は得られないためだ。

 なお、一度捨てた中国の国籍を「再度取得するのも難しい」としている。
  
  

ひとこと

 移民を例に考えても成功する者もおれば、失敗するものもいる。
 
       
       
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
  

    
   

   
  
posted by まねきねこ at 01:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする