市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年04月03日

トランプ米大統領の怒りをさらに買いかねない状況


 欧州連合(EU)諸国政府は
   対米貿易交渉
の開始のための権限について合意形成に苦慮しているとメディアが伝えた。
 
 EUは農産品を交渉に含めることを拒否している。
 こうした交渉の開始が遅れれば、成果が出ていないことで大統領選挙への影響を懸念するトランプ米大統領の怒りをさらに買いかねない状況に陥る可能衛がある。


       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予想外の少なさ


 サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは1日、約40年前の国有化以降で初めて利益を公表した。
 同時に、保有する巨大油田を巡る秘密のベールを脱いだ瞬間だ。

 同社の債券目論見書によればガワール油田の生産能力は日量最大380万バレルでしかい。
 これまで、市場で広く考えられていた500万バレル超を大きく下回った。
 
 そもそも、力の源泉でもあった石油戦略だが、サウジ王国にとっては国家秘密であった秘密のベールが外れたことになる。
 富豪の資金源であり、巨大な原油埋蔵量を保有するサウジの重要性から、かつて米軍が武力での掌握について議論したこともある。
 そして石油トレーダーにとっては、消えることのない臆測の領域で原油市場の価格形成への影響が見られる政治的な分野でもあった。
  
 原油市場はようやくサウジの原油生産の実態を知ることになった。
 世界最大の油田、サウジアラビアのガワール油田の生産能力はほとんどの人が予想していたよりもずっと少なかった。
 


       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
   
posted by まねきねこ at 06:11 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマーンの販売代理店に「不審な支払い」があったとして仏検察当局に通報


 フランスの自動車メーカー、ルノーは
   カルロス・ゴーン前会長兼最高経営責任者(CEO)
の経営時にオマーンの販売代理店に「不審な支払い」があったとして仏検察当局に通報した。

 この事情に詳しい複数の関係者がメディアの取材で明らかにした。
 情報が非公開であることを理由に関係者は匿名で語ったもの。


 仏紙フィガロは、オマーンの販売代理店への支払いはマーケティング・販売部門を通じてではなく、ゴーン被告が統括していた部署を通じて行われたと報じた。

 これに関する情報は日産自動車からルノーに提供されたという。


 ゴーン被告のパリ在住の代理人
   ジャンイブ・ルボルニュ弁護士
は、ルノーが支払いに関して仏検察に通報したことを承知していないとメディアのインタビューで述べた上で、オマーンの日産サプライヤーが以前、業績に関連するボーナスを受け取ったと続けた。


       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  
posted by まねきねこ at 05:08 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする