市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年04月07日

英国 選択肢4件の採決は、すべて否決


英国議会下院は1日、英国の
   欧州連合(EU)離脱(ブレグジット、Brexit)
をめぐる政府案の代わりとなり得る選択肢4件の採決を行い、すべて否決した。
 
 下院ではすでに、政府がEU側とまとめた離脱協定案を3回否決している。

 採決された代替案には、離脱後にEUとのより緊密な経済関係を維持する案、離脱をめぐる2回目の国民投票を行う案、EUとの合意なき離脱を防ぐためブレグジットを中止する案が含まれていた。

 2回目の国民投票を実施する案は賛成280で最も多い支持を得たが、反対292で否決された。
 次に賛成が多かった案はEUとの恒久的な関税同盟にとどまる案で、賛成273、反対276だった。
  
 政府は採決後、この結果は政府案が最善であることを示すものだと指摘し、週内に改めて同案を議会採決にかける可能性を示した。



 ひとこと

 英国経済がダッチロールに陥る事態だろう。

  

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
   
posted by まねきねこ at 06:30 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月にかけての金融株の上昇


 
 米国の大手銀行は来週から1−3月期の決算発表シーズンに入る。
 ゴールドマン・サックス・グループのデリバティブ担当ストラテジスト
   ジョン・マーシャル氏
らは2日のリポートで、ファイナンシャル・セレクト・セクターSPDRファンド(銘柄コード:XLF)とKBW銀行株指数について、株価とクレジット、金利の動きを加味して調整した後ですらも「極端なアンダーパフォーム」だと指摘し、
   5月にかけての金融株の上昇
に備え、コールオプションを活用したポジションを構築するよう推奨し、「安堵感から上昇する可能性がある」との見方を示した。
  
 このリポートによると、大型銀行株の過去2カ月にわたるパフォーマンスは、マクロ資産に対する通常の相関を10%余り下回るという。

 また、XLFは6%のアンダーパフォームだとのこと。

 マーシャル氏らは下落に比べ上昇余地が「非対称的に大きい」ことを踏まえ、XLFとバンク・オブ・アメリカ(BofA)のコールを買うよう投資家に推奨している。



       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
   
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする