市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年04月12日

パキスタン軍機の撃墜は本当?


 米外交専門誌フォーリン・ポリシーは5日、匿名の米国防総省高官2人の証言として、南アジアで核保有国のインドとパキスタンの戦闘機が今年2月に繰り広げた空中戦をめぐり、インド軍がパキスタン軍の戦闘機「F16」を撃墜したとの主張について、パキスタン軍所有のF16戦闘機の機体数を最近数えたところ、行方が分からなくなった機体は一機もなかったと伝えた。
 インド空軍の
   R・G・K・カプール(R.G.K Kapoor)副司令官
は2月27日、両国の係争地カシミール地方上空で発生した空中戦でパキスタン軍のF16戦闘機を撃墜した発表した。

 なお、パキスタン軍は当時、インド軍の発表内容を否定していた。

 パキスタン軍が米国の関係者を、実際にF16戦闘機の機数を集計するよう招聘したと報道した。
 現在、集計が完了し、「全ての戦闘機が存在していることが確認された」という。
  
 ただ、インド空軍は、F16戦闘機を撃墜したとする証拠があると主張しており、米政府関係者の証言と食い違いが生じている。。

 インドの現地メディアでは同国空軍の情報筋の話として、「パキスタン空軍の無線連絡で…2月27日にインドを攻撃したパキスタンのF16戦闘機1機が基地に戻らなかったことが確認されている」と伝えていた。
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
    
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする