市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年04月21日

トランプ氏 モラー報告書は「でたらめ」 と怒ったツイート

 
 米大統領
   ドナルド・トランプ氏
は19日早朝にツイッター(Twitter)に
   「いかれたモラー報告書」
はトランプ「嫌い」たちが書いたと投稿し、「でっち上げられ、全くのでたらめ」の証言で埋め尽くされていると続けた。

 また、証言の一部について、「完全にたわごとで、他の人を良く見せようとしているものにすぎない」と扱き下ろした。

 2016年大統領選挙への
   ロシア介入疑惑
に関するロバート・モラー特別検察官の捜査報告書に、トランプ氏が
   捜査を妨害
しようとしたとの記述があったことについて、同報告書を「でたらめ」と酷評し、痛烈な非難を繰り広げたもの。

 ただ、わずか24時間前には、モラー氏の捜査報告書が2年を経てついに公開されたことを受けて、トランプ氏は得意げに
   「ゲームオーバーだ」
とコメントしており、冷静さに欠けたし不安定な精神状態の持ち主であることを露呈した。
  
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   

posted by まねきねこ at 07:49 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国がレアアースに関して発言権を持っていることは間違いない


 中国共産党機関紙人民日報の国際版「環球時報」は16日米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが14日、「米国は中国によるレアアース独占を見過ごしている」と指摘する文章を掲載したことに関する記事を掲載した。

 廈門大学中国エネルギー政策研究院の
   林伯強(リン・ボーチアン)研究院長
は、「中国がレアアースに関して発言権を持っていることは間違いないが、決してそれを牛耳ってなどいないことは、世界に流通しているレアアースの価格を見れば分かる」と指摘した。
 
 近年、レアアースは世界的に供給過剰の状態にあり、低価格の状態が続いている。
 
 加えて密採掘の影響も受けている。
 
 中国はレアアースの価格を値上げしたりしていないと主張した。
 
  
 レアアースの採掘には多大なコストがかかり、米国は本国での採掘をすでに停止し中国からの輸入に頼っている。
 
 中国は資源保護と環境保護の要求に基づき
   レアアースの採掘に対する監督管理
を強めており、このことが価格の上昇を引き起こしている可能性はある。
 ただ、これに政治的意図は一切含まれないと強調して見せた。


ひとこと

 政治的意図を隠す手段として、いつもの言い回しだ。
 中国の民間企業が政府機関の出先であることと同じだろう。 
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  
posted by まねきねこ at 07:11 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮にレアアース酸化物2億1620万トンが埋蔵


 米国のエネルギー及び安全保障専門家である
   パトリシア・シュカー氏
は、外交専門誌ナショナル・インタレスト(NI)に寄稿した記事で、北朝鮮には未だ開発されていない
   高純度のレアアース
が眠っている可能性があり、その量は従来のレアアース市場を揺るがしかねない規模であることを明らかにした。
 
 また、北朝鮮のチョンジュ鉱山には、レアアース酸化物2億1620万トンが埋蔵されており、これは、現在知られる世界のレアアース埋蔵量の2倍にあたると指摘した。
 
 現在北朝鮮は、国際社会から経済制裁を受けているなか、外国企業と40の投資協定を締結し、そのうち9割は中国企業が独占している。
 
 
 こうした状況について、韓国国内でも懸念する声があり、南北首脳会談をきっかけに韓国側が南北鉄道事業に乗り出したのも、このような背景があるとシュカー氏は指摘した。
 
 米国は1980年代まで、世界最大のレアアース生産国だった。
 ただ、遅れて市場に参入した中国が安価な労働力と低い通貨を背景に1位の座を米国から奪った、現在中国がレアアース市場を事実上独占し価格を恣意的に決めれる状況にある。



ひとこと

 レアアースは火山からの噴出物が堆積したもので日本の桜島周辺の海底にも百年以上の需要を賄える埋蔵量があると見られている。
 江戸時代、日本は金や銀、銅の産出で世界最大の生産国であった時代がある。

 愚かな幕府の鎖国政策や交換比率により、多くのこうしたモノが安価に海外に持ちだされてしまった事実がある。
 これは、現在の円安誘導や低金利政策と同じものであり、海外国際資本の言いなりになる日銀同様、日本の国益を棄損する行為でしかない。
 ただ、野党が与党であった時代はさらに悪く、莫大な社会資産が劣化したのは言うまでもないものだ。
  
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  
posted by まねきねこ at 06:32 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする