市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年04月24日

自己暗示なのか...

    
 
 ロバート・モラー特別検察官の2016年米大統領選へのロシアの介入疑惑に関する捜査報告書が公開された。
  

 米国議会下院民主党が次の対応策を準備しているなか、米大統領
   ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏
は22日、ホワイトハウスで行われた子ども向けのイースターのイベントの席で、報道陣に
   「弾劾の可能性について懸念しているか」
と聞かれると
   「少しも懸念していない」
と明言した。

 また、側近がトランプ氏をかばって指示を実行しなかった疑惑については
   「誰も私の指示に逆らうことはない」
と主張した。
  


ひとこと

 裸の王様のような思考かも。

 小学生程度の能力とも政権内の幹部から指摘されており、大統領を辞めれば事業も破たんする可能性があり、状況が理解できずに弾劾裁判まで行く可能性があるだろう。
   
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
   
  
 
posted by まねきねこ at 11:52 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ米大統領「議会は弾劾できない」とツイート。「自分は何も悪いことはしていない」?


 ロバート・モラー特別検察官の2016年米大統領選へのロシアの介入疑惑に関する捜査報告書が公開された。
  

 米国議会下院民主党が次の対応策を準備しているなか、米大統領
   ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏
は22日、ツイッター(Twitter)への投稿で、議会は
   自分を「弾劾できない」
と主張した。

 モラー検察官の報告書では、トランプ氏が
   司法妨害
を犯すことのないよう
   側近らがトランプ氏の指示を拒否
して実行しなかったことを明らかにした。

 これに対し、トランプ氏は
   「自分は何も悪いことはしていない」
と断言したうえ、ホワイトハウスが適切に機能していないとの見方についても否定した。


 トランプ氏は「重大な犯罪と軽犯罪のみが弾劾の対象となる。私は罪を一切犯していない。だから、君たちは私を弾劾できない」とツイッターに投稿した。
  
   

ひとこと

 指示をしたのであれば問題であり、指示をしたのに法違反を回避するため無視したのであれば、統治能力が問われる。
 逆に指示がなかったと証言すれば、大統領の親らいを無くすことにもなりかねない。

 バランス感覚が悪い政権であり、揺れが激しく政権内の幹部が流動してきたのが実態だ。
   
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
    
  
posted by まねきねこ at 11:48 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日仏首脳、日産・ルノー連合支持を表明


 フランスのエマニュエル・マクロン大統領と安倍晋三首相は23日、仏首都パリで首脳会談を行った。
 仏自動車大手ルノーと日産自動車の連合を支持すると表明した。

 ただ、同連合の前会長、カルロス・ゴーン容疑者の逮捕により両社の緊張は高まっている。

 欧米諸国を歴訪中の安倍首相は、大阪で6月末に開催される
   20か国・地域(G20)首脳会議
の議長国として優先事項の協議を行うため、最初の訪問国フランスでマクロン大統領と会談を行い、昼食を共にした。


 仏大統領府は、日仏両首脳はゴーン容疑者の逮捕により
   ルノー・日産の戦略的連合
が影響を受けるべきでないとの見解を主張した。

 ルノー・日産連合は1999年の提携に始まり、双方は株式持ち合いの関係にあるが、不祥事の影響で株価が下落、欧米国際資本によるあ津力で円安誘導が継続していることで、安価に株価を買い占められ技術と生産資本が買い占められる状況が続いている。


 仏大統領府は声明で「誕生から20年を迎えるルノー・日産連合は、日仏の産業協力の主な象徴であり、両首脳は連合への支持を再確認した」と明らかにした。


 ゴーン容疑者の逮捕をめぐっては、フランスは日本の司法制度の独立性を尊重すると主張。
 一方では、「フランス国民としてのゴーン氏の権利と良心の尊重について、警戒を怠らない」と言明した。
 また、他のフランス国民と同様、ゴーン容疑者には推定無罪と領事保護を受ける権利があると強調した。
   


ひとこと

 日産の魏jyつと生産設備を企業価値よりも安価に手に入れるための謀略に見える。
 こうした日本企業の技術と生産設備を海外の資本家に安く売り渡そうとする日銀の円安誘導や低金利政策は国益に反するものだ。
 輸出企業の資産増加や収益増加も円安の影響から株を買い占めやすい環境を作り出してきた。

 欧米のメディア戦略で日本国民を円安や財政再建のために消費税増税、公務員の縮小、働き方改革などが日本に必要だとの洗脳が繰り返し行われているが、視点を変えてみれば日本人の奴隷化をより強く推進することに他ならない。

 世界の常識、日本の非常識といったTV番組等が日本人の思考をコントロールする元凶ともいえるだろう。
 どちらにしても、長期政権が維持できる日本の政治家は欧米がコントロールしやすい政治家を意味しており、有能な官僚や政治家は速く芽を摘む動きが過去繰り返されてきたことを見れば明らかだ。

 足元すら見ていない夢想家では国益など守れやしない。
 ましてや、中国やロシア、韓国などの工作を受けている与野党の政治家は論外だろう。  
  
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
   
posted by まねきねこ at 07:20 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦闘員らによる攻撃で、過去2日間で同国軍兵士や政府派戦闘員27人が死亡


 英国に拠点を置くNGO「シリア人権監視団の
   ラミ・アブドルラフマン(Rami Abdel Rahman)代表
は20日、シリア中部ホムス県の東に位置する砂漠地帯で
   イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」
の戦闘員らによる攻撃があり、過去2日間で同国軍兵士や政府派戦闘員27人が死亡したと発表した。


 今回の攻撃は、ISの
  「カリフ制国家壊滅」
が宣言されて以降、最大規模のものだった。

 シリア政権側は最多の死者数を出したことを明らかにしている。
 また戦闘により、6人のIS戦闘員が死亡したと述べた。


 IS傘下のプロパガンダメディア「アマク(Amaq)」によると、ISの戦闘員たちが今回の作戦を実施したという。
 ISは先月、クルド人主体の民兵組織による
   掃討作戦
で、シリア東部に残されていた「カリフ制国家」の最後の拠点を失ったが、シリアとイラクの砂漠や山岳地帯にまだ潜伏地を保持している状況にある。

 またアマクは、政府軍らがIS戦闘員たちを追跡しようと試みたことを受け、ISが18日夜、攻撃を仕掛けたと伝えた。

 アラビア語で「バディア」と呼ばれる同国の広大な荒野は、首都ダマスカス、ホムス県、ハマ県一帯から、同国北部のイラク国境付近に位置するユーフラテス渓谷にまで広がっており、掃討作戦は困難を極めている。
  
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   

   
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする