市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年05月20日

強い電磁波により米軍の無人機が飛行できない状態


 
 イラクの情報筋によると、イラクで偵察・監視任務を行っている米軍の無人機が
   強い電磁波
により飛行できない状態になっている。
 強い電磁波が米軍無人機の作戦に影響を及ぼしているという。
 
 イラク駐留米軍司令部のBill Orban スポークスマンは
   「近く迫っている脅威」
により、イラク駐留米軍は出動態勢を整えていることを明らかにした。


 米軍は2011年、イラクでの度重なる失敗を理由に一旦同国からの撤退に追い込まれた。
 その後、テロ組織ISISとの戦いを口実に再度、2014年に
   国際有志連合軍
を主導する形でイラクに戻っている。
 イラクの政府関係者、国会議員、国民は、自国からの米軍の完全な撤退を求めている。



ひとこと

 石油利権に群がる輩であり、国債資本の影響を受けているといったところだ。
 民間軍事組織のイラク国民に対する残虐行為は話にもならない水準であり、戦争犯罪行為のひとつでもある。
 
   
  

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
   
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国の対イラン制裁で石油在庫が大きく減る可能性は?


 国際エネルギー機関 (IEA)は15日、アジア経済が低迷しており、今年の石油需要が従来予想よりも鈍い伸びにとどまるとの見通しを示した。

 ただ、米国の対イラン制裁で石油在庫が大きく減る可能性があるとも警告した。
  

 IEAは中国と日本、ブラジルの燃料消費が期待外れで、2019年は「厳しい四半期」で始まったと説明した。 
 そのため、世界の石油需要見通しを昨年10月以来初めて引き下げた。

 今年1−3月(第1四半期)に世界の石油在庫が予想に反し増加したとも指摘した。
  

 米制裁の影響でイランの石油生産が今月、1980年代のイラン・イラク戦争時以来の低水準に落ち込む可能性がある。
 リスクの具現化に伴い石油在庫は4−6月(第2四半期)に急減するとの見通しも示した。
 
 1−3月期の世界石油需要見通し引き下げ幅は日量40万バレルだった。
 今年1年間については20万バレルとより緩やかな下方修正にとどまった。

 2019年の伸び見通しは日量9万バレル引き下げられ130万バレルとなる。
 これについて、依然として「健全」な増加水準だとしている。
 
   
  

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
  
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする