市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年06月10日

ルノー株保有比率の引き下げを「検討」?

  
 20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議への参加のため訪日中のフランス
   ブリュノ・ルメール経済・財務相
は8日、仏自動車大手
   ルノー
とその長年のパートナー日産自動車について
   提携強化
のために仏政府のルノー株保有比率の引き下げを検討する用意があると述べた。
 これに先立ち、欧米自動車大手
   フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)
は、仏政府の
   政治的抵抗
のために交渉が「理不尽」なものになったと述べ、ルノーとの経営統合提案を撤回していた。


 仏政府がルノー株の保有率15%を引き下げることで日産とルノーの
   提携関係が「より強固」
になるのならば、保有比率引き下げを検討することもあり得ると述べた。

 ルノーについて、他社との提携を目指す前に、まずはパートナーである日産との提携強化に専念すべきとの見解を示した。
 また、「さもなくば、トランプのカードで作る家のように全てが崩れる恐れがある」と警鐘を鳴らした。

 ただ、ルメール氏は、提携強化をどのように進めるかは、ルノーと日産のトップ次第だと述べフランス政府の介入を排除した表現を用いた。

 日産前会長のカルロス・ゴーン被告の衝撃的な逮捕の後、フランス政府の排日的な活動が活発したことも背景にありルノーと日産の関係は緊迫化している。
 ルノーは日産との
   完全な経営統合
を強く要求しており、日産側は当然この要求に深い疑念を抱いている。


ひとこと

 日産の技術や資本などを簒奪しているルノーは排除すべきだろう。
     
    
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
   
posted by まねきねこ at 06:04 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米中貿易摩擦の帰結は不透明

 
 日本が議長国を務める20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が8日、2日間の日程で福岡市で始まった。
 
  
 麻生太郎財務相は初日の会議終了後の記者会見で、「米中貿易摩擦の帰結は不透明」とした上で、「解決しないとさらに市場の信頼を損なう恐れがあるのではないか」と語った。
 
 財務省幹部によると、「非常に多くの国から、貿易摩擦の激化については世界経済に対する大きな下方リスクだとの懸念の声が出た」と話した。
    

ひとこと

 トランプの政治手法がそもそも問題であり解決は出来ない。
 圧力を最初にかけたのち、緩める手法ばかりであり阿呆の理屈がまかり通るわけはない。

 欧米国際資本の意のままに動くのは、横浜一番館の番頭の流れを汲んだ節操のない政治家だからだろう。  
    
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする