市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年06月18日

総額の一致は利益率では大きな差が出てしまう。


 米国のトランプ政権を支持する経済学者は中国が
   不公平で不平等な貿易政策
を行っており、これにより米国の対中貿易赤字が生じていると批判している。


 日米摩擦の問題が拡大した時代の米国の主張と同様に「公平な貿易」を理由とし、国際メディアで自国の正当性を主張している。


 中国共産党の政治理論誌である雑誌「求是」は16日
   「中米経済貿易摩擦で明らかにしておくべき若干の問題」
と題した記事を掲載した。

 米国がいつも主張する伝家の宝刀ともいえる「公平な貿易」とはいったい何だろうか。

 国際貿易において公平とは、国によって発展の段階、具体的な条件、利益の需要確保が異なるため基準には揺らぎがある。
 ズムーズな貿易を実現するため、世界はそもそも
   平等な協議
によって貿易ルールを決めるという前例を表面的に形成した。

 米国が主張してきた貿易の「平等」な開放だが、単なる一つの建前に過ぎないのは日米間に起きた問題と同じだろう。
 市場の開放について、米国はこれまでダブルスタンダードを設けている。
 国の支援により資本を蓄積する必要がある場合は、保護主義と国家干渉の措置を講じている。

 高い競争力をつけたのち他国に無条件の市場開放を求め、自由貿易を無理に押し付けて漁夫の利を得てきた。 
 貿易収支も利益率を比較しない単に総額を合わせるのでは、利益率の大きさが極端になっている。

 日本が貿易面ので黒字修正で米国製武器を購入するが、米国製武器の利益率は日本のモノやサービスの利益率の数百倍にもなる事実がある。
 これで調整するのは愚かな政治家の能力が低いことと同じだ。
 つまりは労働生産性の差が大きくなるということで、為替が円安に振れる中では更に加速するものだ。
       
    
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
   
   
posted by まねきねこ at 06:12 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国への投資が拡大


 国連貿易開発機構(UNCTAD)は12日
   「2019年世界投資報告」
を発表し、2018年の中国の外資受入額が過去最高の1390億米ドルで、世界の外資受入総額に占める割合が10%以上に達し、世界ランキングで米国に迫ったことが明らかになった。

 中国への外資流入額は引き続き高水準が保たれる見通しにある。
 国連「世界投資報告」編集長、UNCTAD投資・企業部部長の
   ・暁寧氏
は、2019年年初に中国が新たな「外商投資法」を発表し、外資の参入前内国民待遇ネガティブリストを確立すると共に、投資円滑化と市場開放の措置を打ち出したことが、外資の受入拡大につながったとの見解を示した。

 この「報告」によると、2018年の世界の外国直接投資(FDI)は前年比13%減の1兆3千億米ドルで、3年連続の減少となった。
 
   
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
   
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする