市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年07月04日

韓国が日本に報復ができるか?


 反日的な政策を進めている文大統領が率いる韓国政府は4日
   国家安全保障会議(NSC)常任委員会
を開催し、日本の韓国向け半導体材料の輸出管理強化について
   「報復的性格」
と反発し、世界貿易機関(WTO)の規範や国際法に明白に違反すると続けた。

 その上で、日本政府に撤回させるための
   「外交的な対応策」
を講じていくことを決定。韓国大統領府高官は
   「不当さと自由貿易主義に反する事実」
を主要国に説明する予定であることも明らかにした。
 韓国のNSC常任委は外交や安全保障を担当する閣僚で構成し、大統領府の
   鄭義溶国家安保室長
が主宰しているが文在寅大統領は出席していない。



ひとこと

 勝手気ままに反日政策を継続させたうえ、外交交渉での合意も無視したうえ、政治的な工作で判事を判決前に入れ変えるなどの謀略をして置きながら、反発すれば過去の行為を棚の上にあげての自己主張のオンパレードでは見苦しい限りだ。

 これまでの主張であれば、日本に韓国人の観光やビジネスで来るのを止めたうえ、日本からモノやサービスをすべて受けないようにすれば良い。
 また、韓国製品も日本へ輸出できいようにして経済関係を停止する強権発動を韓国が先にすれればいいだろう。

 これで韓国経済が上手くいくのは奇跡だが...夢想家の大統領を選んだつけを払わせれば良い。


     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
  
   
posted by まねきねこ at 20:20 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また、喧嘩を売る気か?


 過去から日本を敵視し、いりいろと金を巻き上げる工作を繰り返してきたとも言える超党派の悪等で構成されたとも言える
   韓日議員連盟
の姜昌一(カン・チャンイル)会長(与党・共に民主党)は4日、国会で開かれた議員総会で日本政府が半導体やディスプレーの材料3品目の対韓輸出規制を強化したこと反論し、日本政府と韓国政府の双方を批判した。
 
 姜氏は「日本の安倍政権は悪賢く稚拙だ。政治の論理を経済問題に広めた」と侮辱し、「わが国の経済が打撃を受けるかもしれないが、日本の経済界にとっても決して良くないだろう」と指摘した。 

 また、日本政府の対応は非常識すぎてとうてい理解することができないと韓国政府の外交儀礼やレーザー照射の問題を棚の上に上げたまま「安倍政権がこのような行動に出たのは、自国の政治用の措置、自分の政治のための韓国たたきという印象を受ける」と批判した。

 姜氏は文政権に対して、「韓国政府も原則と名分に執着し、時期を逃してしまった部分がある」と指摘し、「昨年12月から続いてきた問題だ。政治的な原則と名分だけを主張せず、政治的な解決で問題を解いていくべきだった」と続けた。
 
 
ひとこと
  
 何様の発言だ?所詮、日韓の間で金券を貪り食ってきた輩の集団でしかない。
 こんな胡散臭い連中の主張は無視して、粛々と韓国経済を締めあげればいい。
 
 謝罪もなく、日本の領土の竹島を李承晩時代に軍事侵略して以降、占拠したままでの現状ではそもそも韓国とまともに交渉などを続ける必要もないのは明らかだろう。
 再開するよりも、韓国との外交関係を停止し、経済交流は遮断したうえ韓国から大使を召喚すべきだ。
 
 また、在日の犯罪者は微罪であっても犯罪者であり税を使うよりも早急に国外追放することが妥当だろう。
 外国人犯罪者を日本の刑務所に入れて置くことなど不要であり、罰金を徴収したうえで送り返す方策をすべきだろう。
 
 
   
posted by まねきねこ at 20:11 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身勝手な主張


 日本政府が半導体製造に必要な材料の韓国への輸出規制を強化する措置を発表した。
 
 これまで問題を放置して、反日政策を強行し続けている韓国の
   康京和(カン・ギョンファ)外交部長官
は3日、国会外交統一委員会で、「不合理で常識に反する報復措置」と対応の悪さを棚の上に置いたうえ日本を批判した。 
 
 また、外交部としては日本政府に自制を要求したうえ
   報復措置
を撤回するよう主張し、反日的政策を進めてきたにもかかわらず「韓国政府の提案を深く検討するよう促す」と厚顔にも要求した。
 韓国政府は意図的に判事の交代を事前に実行したうえで韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた「強制徴用訴訟問題」を巡り、先月19日に日本に対し、両国企業の自発的な拠出金で財源をつくり、被害者に慰謝料を支払う案を提案した。
 
 ただ、この問題は日本が朝鮮半島に保有していた資産を放棄して合意した条約に反するものであり、債務の二重取りを要求するものでしかない。
 康氏は「事前に通知もなくこうした措置が発表されたことを非常に遺憾に思い、今後が懸念されるということを外交ルートを通じて強く抗議した」として、「日本がいろいろな紛争手続きを踏みながら最低限の礼儀を守らなかった部分もある」と主張し、全面対決の道を進んでいる。
 その上で、「日本は今回の措置で国際的な信頼を損ね、両国の間で長年続けてきた産業関係が傷ついた」と指摘したうえ「世界の貿易にも否定的な影響を与えかねない」と述べた。
 
 ただ、韓国が主張するのは韓国中心主義の考え方そのものであり、対抗措置を韓国政府が実施すればいい。
 
 別に日本が経済的に困るのは、帰化した韓国人や韓国の工作を受けた日本人だけの話だ。
 韓国内でよくあ津されてきた親日的な韓国人が文政権の対応に問題があると指摘している輪が広がっていることについては、「対応しなかったとは考えていない」と反論し、「タスクフォース(TF、作業部会)を通じて状況を随時点検し、産業通商資源部は業界と協議して対応策を講じていた」と問題のすり替えを行った。
 韓国経済への影響に関しては、「輸入先の多角化や生産施設の拡充、国産化などの基本的な方向があるが、それも時間がかかりそうだ」と現実を直視しているが、「多くの半導体を輸出しているため、そういう国々と連携する必要がある」と表明し、反撃を試みている。
 
 産業部が日本の輸出規制が他国に直接的にどれだけの被害を及ぼすかを分析中で、被害国と緊密に連携する必要があると思うと主張した。
 
 ここでも「被害国」との表現を用いるなどネガティブキャンペーンの手法を用いた。
 今後の対応策については、「どのような経済的な措置を取れるかに関しては日本との駆け引きがあるため、戦略上、具体的には話せない」と主張した。
 一方、強制徴用問題を巡り、日本政府が求めている第三国を交えた仲裁委員会の設置を推進する可能性については、「状況の進展に応じてあらゆる選択肢を考慮できる」と戦闘意欲に満ちた発言をしたうえ、「国内のメディアが両国の国民的な対決構図に持ち込むことは避けるべきだと思う」と述べ、韓国国内で親日派の弾圧を続けてきた流れを継続させる意図を示した。



posted by まねきねこ at 05:58 | 愛知 ☔ | Comment(0) | コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

質の良い観光客を増やす政策を実行すべき時期だ



 中国メディア「紅星新聞」は、四川省の景勝地で
   蓮の花
がごっそり持ち去られる事態が起き、今年3月からの工事で観光客は進入できないようになっているが、金網を破って入る人もいると伝えた。

 同省瀘州市にある竜橋文化生態園景区の関係者は「今年になって少なくとも5回は金網を修理しました」と話した。
 
 工事で対外開放はされていないが、蓮のシーズンを迎えて無理やり中に入り花を盗む観光客が後を絶たない無法な状況という。
 
 職員が注意しても立ち入りを防ぎきれず、生命の危険もあるためか現在は進入阻止を諦めて「忠告」するだけにとどめているという。
 
 観光客との激しい衝突を回避するためで、数日前には金網を破った観光客とのトラブルで警察に通報する騒ぎに発展したという。


 
ひとこと
 
 円安で増え続けている観光客の質の低下が日本でも起きつつある。
 観光立国を目指すのであれば、円高に誘導して質の高い観光客が増えるようにコントロールすべきだろう。
  

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
  
   

posted by まねきねこ at 05:23 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国政府と政界に対し苦言?


 大韓商工会議所の
   朴容晩(パク・ヨンマン)会頭
は3日
   米中貿易摩擦
や日本の韓国向け
   半導体材料の輸出規制強化 など
に関連し、自身のフェイスブックで「日本は緻密に省庁間の共同作業までしながら選択した作戦で報復してきたが、われわれは互いに非難するのに忙しい」と指摘、また、「中国と米国は保護貿易主義に傾き、製造業製品の輸出がますます厳しくなっているが、われわれは余裕もないのに問題が一つずつ発生するたびに対策を立てる」と批判し、韓国政府と政界に対し苦言を呈した。
 
  
ひとこと

 「韓国政府と政界に対し苦言」とは?
 韓国の官民一体の反日政策が過去、マッチポンプで権益を広げてきたことが出来ないということを露呈したとの見方もある。

 こうした手法が破たんし始めた兆候のひとつだともいえる。
 
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
  
  
posted by まねきねこ at 05:20 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェール油増産による価格下落に対抗するため、現行の減産協調を延長(OPEC)


 石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の主要産油国は、米国のシェール油増産による価格下落に対抗するため、現行の減産協調を延長する。
 OPECの盟主として君臨するサウジアラビアの負担は特に重くなる。
 OPECのバルキンド事務局長は、協力体制はこれで「恒久的」なものになったと述べた。
 OPECにロシアなどの非加盟10カ国を加えた「OPECプラス」は2日の会合で、OPECが前日に合意した減産の9カ月延長を承認した。
 また、OPECプラスの協力体制を定める「憲章」を採択し、団結を強めた。
 
 なお、サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は1日夜の記者会見で、生産枠が定める以上の減産を同国は継続していくと表明していた。
    

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
  
 
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする