市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年07月13日

会談するだけ無駄だ。


 日韓両国政府が日本の韓国に対する
   輸出規制措置
と関連し、12日に東京で初の実務会議を行なった。
 
 韓国と日本の輸出管理担当省庁である産業資源部と経済産業省は12日、東京都千代田区にある経済産業省で非公開の課長級実務会議を開いた。
 
 韓国の報道機関は日本政府は整頓されていない事務室で韓国代表を迎えるなど、韓国にきわめて冷ややかな態度を示したと伝えた。
 実務会議には韓国からチョン・チャンス貿易安保課長とハン・チョルヒ東北アジア通商課長が代表として出席し、日本からは岩松潤・経済貿易管理課長と猪狩克朗・安全保障貿易管理課長が代表として出席した。
 
 会議が開かれた経済産業省の別館10階の事務室には「輸出管理に関する事務的説明会」と書かれたA4 2枚の大きさの紙が一枚貼り出された。
 交渉のテーブルには、韓日の交渉担当者たちの名札もなかった。
 日本側の代表は、付箋でインデックス表示が細かくされている法令集と推定される厚い冊子と書類の束4つを机の上に置いていた。
 
 日本の代表らは韓国の代表を待ちながら、終始正面だけを見つめていた。
 韓国の代表が入ってきても正面だけ見つめて立ち上がらなかった。
 
 両者はあいさつも名刺交換もしなかった。
  
 韓国政府はこれまでレーダー照射の問題や徴用工の問題での対応の先延ばしや無視を繰り返したのとは異なり、日本の輸出規制の発表後、素早く反応し、日本の措置の問題点を追及、調整策を探り両者協議をしようと何度も要求してきた。
 
 韓国政府のこれまでの不誠実な対応に対し、日本は「事務的説明」だけをするとして、課長級会議に応じるのに止めた。
 日本政府は1日の輸出規制措置の発表の時には、規制理由として両国間の「信頼関係が損なわれた」ということを主な理由に挙げた。
 
 最近では「安保上の懸念」と具体的な事例は挙げずに「不適切な事例があった」という言葉を強調した。
 
 韓国の戦略物資輸出管理に問題があるためだ。
 特に、日本政府は今回の措置は輸出規制でもなく「貿易管理制度の見直し」にすぎないと主張し、輸出後の取材確認の徹底を要求している。
 菅義偉官房長官はこの日午前、定例記者会見で韓国の輸出管理当局から今回の運用見直し日本の韓国に対する輸出規制措置について事実確認を求められ、実務レベルで対応したものだと説明し、あくまで事実確認が会議の目的で、韓国側と協議するものではないと続けた。
   
  
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
  
    
posted by まねきねこ at 06:15 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャランポランな主張は聞くに堪えない。まるで漫画だ!!


 韓国の正しい未来党のハ・テギョン議員はハ議員は12日午後、国会の政論館で記者会見を開き、昨年日本の警視庁が発表した
   大量破壊兵器関連物資不正輸出事件リスト
を入手して分析した結果、国連の対北朝鮮制裁が実施された2006年から少なくとも16件の
   大量破壊兵器の物資の不正輸出事件が摘発された事実
を確認したと明らかにした。
 このハ議員は成果を強調して、2017年7月の日本の経済産業省の報道資料を根拠に、安井インターテック株式会社が誘導炉を政府の許可なくイラン、中国、タイなどに輸出した事実があると指摘した。
 
 また、誘導炉は短い時間で加熱体を高温にすることができる器具で、核兵器開発などに利用が可能だといわれていると続けた。
 
 また、2016年11月にはIMV株式会社が、規制対象技術である振動試験装置の制御用プログラムを経済産業省の許可を受けずに中国などに提供して摘発されたことがあると主張した。
 
 こじつけの表面上は長けたハ議員は「経済産業省の報道資料によれば、この技術は大量破壊兵器の開発などに転用される可能性があるとされている」と説明した。
 また、産経新聞が「韓国がシリア、イランなど親北国家に大量破壊兵器の物資を不正輸出した」と報道し、韓国を
   ホワイト国(安保友好国リスト)
から排除しなければならないと主張したが、当の日本がイランや中国など親北国家に大量破壊兵器に関連する物資を密輸出した事実が明らかになったと問題を摩り替えて強調した。
  
 
ひとこと
 
 韓国の文政権は日本が輸出の制限をする化学薬品が化学兵器など量破壊兵器に用いられるリスクがあるが、韓国内から所在不明となったまま放置し、捜査或いは調査すらできていないことを無視した発言である。
  
 片道の燃料だけで密漁を行う北朝鮮漁船が燃料不足で帰れないため、これを遭難として燃料を与える行為は国連安保理決議違反を韓国政府が海岸警備隊や韓国海軍を使って行っていることを追求すらしていない。
 
 被害者面して、反省すらし無い傲慢な姿勢の韓国政治家の質の悪さを露呈するこうしたメディア戦略のほころびは大きい。
 
     
  
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
  
    
posted by まねきねこ at 06:03 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シスコ アカシア・コミュニケーションズを約26億ドル(約2830億円)で買収


 ネットワーク技術大手の米国の
   シスコ・システムズ
は、米通信機器メーカー
   アカシア・コミュニケーションズ
を約26億ドル(約2830億円)で買収することで同社と合意した。

  
 なお、両社の発表によると、シスコはアカシア株1株につき70ドルを支払う。
 これはアカシア株の8日終値を46%上回る水準となる。

 買収はシスコの2020年会計年度下期に完了する見込み。
  
  
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
  
 

  

posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする