市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年08月31日

中国軍の本心


 中国軍はケ小平による改革開放政策の成功により海外企業による資本や設備、技術の導入により世界の工場として機能し、製造業における生産力を高めて経済発展した。

 中国国内の企業のモノづくりは大きき改善したことで、軍事兵器体系への技術移植が行われた。

 銃火器の生産能力を大幅に増強したことっで軍事的野望が台頭し、海洋進出を積極化している。


 中国軍は船舶の製造でも短期間に建造できるノウハウを持ったことで、10年以上も掛かって建造した改造空母
   遼寧
のコピーとも言える複数の空母の建造が進められている。

 また、空母以外にも様々な艦艇の建造と配備が同時進行している。


 中国メディアの今日頭条は
   「海上自衛隊はアジア最強の座を失おうとしている」
と主張する記事を掲載した。

 記事では、大陸に暮らす中国人の
   「海上進出に向けた夢」
は非常に強いと伝え、中国明王朝第三代皇帝の
   永楽帝
に12歳で宦官として仕えたの武将
   鄭 和( 1371年 - 1434年)
が軍功をあげて重用され、大規模な船団を編成し1405年から1433年まで7度の大航海の指揮を取ったことを伝えた。
 
 当時の英国やフランス、ポルトガルやオランダですら成し得なかったことだと指摘したが、中国最後の王朝となる満州族が建国した清王朝の
   北洋艦隊
は日清戦争で日本軍によってほぼ壊滅させられ海の藻屑になったことを指摘した。

 
 また、現在のアジア各国の海上戦力を比較した場合、アジアでは
   日本の海上自衛隊が最強
と言えると仮想敵国の軍備比較として指摘した。
 

 一方、中国は日本の自動車産業をはじめとした中国への工場進出により経済発展を背景に海軍の強化を進めており、2019年までに中国海軍の
   現役の艦艇の規模は合計157万トン
に達したと紹介し自信を高めている。
 

 記事では最新の艦艇も次々に建造、進水しており
   中国海軍の戦力
は強大になり、日本の自衛隊の戦力を凌駕し、日本への軍事侵攻が可能となってきていることを強調した。

 続けて、日本の護衛艦の空母化などの動きを見せているものの
   護衛艦を改修
したところで「本物の空母」とはやはり
   戦力の点で大きな違い
があると主張したうえ、中国は間もなく3隻の大型空母を保有することになると自信を示した。

 そうなれば中国海軍の戦力は大幅に向上すると続けた。

 さらに、海上自衛隊が日米安保により、中国軍が日本に軍事侵攻を仕掛けた場合、駐留米海軍の戦力などを加えても、もはや中国海軍が保有する艦艇の絶対総数に及ばなくなるのは時間の問題であることを強調した。

 中国海軍の存在によって「海上自衛隊はアジア最強の座を失う」と指摘した。


ひとこと

 中国軍の本心だろう。
 中国政府の工作を受けている日本の政治家や企業経営者などが「平和」という概念だけで、軍事侵攻を計画する中国軍の動きを意図的に考え鵜、単細胞のごとく「平和」を唱え「話し合い」で解決できるといったことでは簡単に侵略されてしまうことになる。

 そもそも、中国の技能実習生などには中国共産党の公安部門に属する工作員が10人に1人含まれているのは当然と思う必要があるだろう。

 同様に、留学生にも監視要員が含まれているだろう。

 中国共産党の政治体制を維持するために公安部門の要因は1億人もいる。

 これだけの人員で監視し、反共産主義の中国人の活動を抑制し続けている状況がある。
 国外にいる中国人が自由思想を持つことで体制が維持できなくなるのを防ぐ意図もある。
 

 また、中国政府の指示により、中国人工作員が日本人の情報を手に入れ工作員に仕立て上げたり、有事の場合には恫喝し、或いは暗殺など治安の混乱を画策する基本的な情報取集を行っていることだろう。

 単なる金儲けの手段として、中小企業が技能実習生を入れているが、こうした工作員による情報収集で家族関係や取引先などが中国公安に筒抜けになっていることすら考えたこともない甘い認識しかもっていないため、有事に気付いても後の祭りになる。

 こうした工作は韓国なども行っており、芸能分野や犯罪組織に広がりを見せているのも周知の事実だろう。  


  
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

     
  

  
   

posted by まねきねこ at 05:28 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

平和に胡坐をかくだけで良いのか?


 読売新聞は29日、韓国に対する輸出規制強化の主務省庁である
   日本経済産業省
の幹部が「外務省が動かないから我々がした」という趣旨の発言をしたと報じた。

 同紙では安倍首相に対する外務省の影響力が低下しているという指摘が出ていると分析し「韓国に対する輸出管理厳格化」について、外務省で両国関係を担当するアジア大洋州局とは全く相談をしなかったと報じた。

 特にこれに関連し、経済産業省の幹部が「外務省が韓国に対する
   ビザ要件の厳格化 など
の対抗措置(報復措置)を取らないため、経済産業省が引き受けたことを明らかにしたと伝えた。外務省が韓国に対する報復措置をしないために動いたということだ。

 同紙は今回の措置が韓国に対する報復措置であることを表す別の事例も提示した。
 
  
 日本経済産業省は28日夜に発表した「本日の韓国政府発表等について」と題した資料で「ホワイト国からの除外は韓国の輸出管理制度や運用が不十分であるためで、韓国政府が主張するような貿易報復ではない」という立場を改めて強調した。 
 
 また「大量破壊兵器等や通常兵器への転用懸念がなければ自由に輸出可能」と伝えたという。
  
 
 
ひとこと
 
 外務省の外交手法が杜撰なのは太平洋戦争時に米国への宣戦布告通告が遅れたことと同じだ。
 戦後、この遅れの元凶となった責任者が勲章を受けた気衛にも疑問がある。
  
 特権に胡坐をかきすべきことをしていないことが一番問題である。
 
 
    
posted by まねきねこ at 06:27 | 愛知 ☀ | Comment(0) | コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

自尊心ばかりが強く実力もない韓国が暴走すれば自滅するだけだ


 韓国の文大統領が率いる青瓦台(チョンワデ、大統領府)は22日、日韓の
   軍事情報包括保護協定(GSOMIA)
を終えると発表したが、米国の要請を無視したもので韓国メディアの予想を覆す決定だった。
  

 韓国民主党の重鎮議員は、最近まで日韓の
   軍事情報包括保護協定(GSOMIA)
には触れないという雰囲気が強かったが、最近になって大きく変わったと指摘し、韓国国内でメディア戦略を駆使し、学生等の反日活動を学習単位として扱うなどの効果で
   日本不買運動
が活発化し拡大する流れを作り出し、日本を訪問する韓国人観光客数も韓国メディアの世論操作で行き難い環境を作り出した結果から急減する状況で、韓国政府が国民感情をコントロールし共に進むという雰囲気の作り出しに成功した結果、方向に立場が変わったようだ」と伝えた。

 GSOMIAを延長すればGSOMIAをカードとして使えなくなるため、米国が反対しても
   カードで使って問題を解決
する方法を模索した事情があり、米国との情報共有を変わりなく継続させるため、日本と問題が解決すればGSOMIAも回復させるということを説明し、日本への圧力を米国に持ちかける戦略を行使したものだ。


  
ひとこと

 韓国の思い上がりは滑稽でもある。
 米国にとっては日韓から情報を入手できるし、距離的な面から別段韓国に肩入れをする必要もない。

 北朝鮮が韓国に軍事侵攻した場合、朝鮮半島内の米軍の家族を日本に緊急避難さえる準備は既に整えている。
 日本の防衛力から言えば、別に韓国の情報がなくてはならないこともない。

 単に検証するための確認情報でしかないため、別ルートで入手主ることも可能で支障もない。
 傲りから下手を売った韓国政府の価値は破棄しても支障がないものだ。

 愚か者の韓国が国交断絶ができるのであればすればいいが、国際社会で生きていけないのは北朝鮮と同じだ。
 力もないのに自尊心ばかりが強い韓国など蹴散らせばいい。
  
  
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

     
  
  
  
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

日本製品不買運動を叫ぶのであれば、全て買わなければいい。


 米国政府との会談成果を捏造し、嘘を公言し米国政府から抗議を受けた韓国青瓦台(大統領府)の
   金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長
は28日、厚顔にも記者会見を開き、日本政府が同日に輸出管理の
   優遇対象国「グループA(旧ホワイト国)」
から韓国を除外する政令を施行したことについて、「強い遺憾」を表明した。
  
   
 韓国政府が「結果ありき」で判事を入れ替えた大法院(最高裁)の裁きでは行政権に影響を受けたものであり、三権分立とは言えないものであり
   強制徴用判決
に関連し日本が取った経済報復措置を撤回するよう要求したにもかかわらず、日本は本日付でわれわれをホワイト国から除外する措置を施行したと非難を始めた。
 
 その上で「日本はわれわれの
   日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)
を終了させる決定に関連し、輸出規制措置を安保問題であるGSOMIAに関連付けたと主張しているが、当初、安保問題と輸出規制措置を関連付けた張本人は日本であることを改めて指摘したい」と述べた。

 また、「日本はわれわれの輸出許可制度の問題が日本の安保に否定的な影響を与えると主張するが、米国の
   科学国際安全保障研究所
によると、輸出統制体制(ランキング)はわれわれが17位、日本が36位だった。
 

 日本の主張は根拠がないと主張を繰り返した。

 その上で、河野太郎外相はきのうの会見で、「韓国が歴史を書き換えようとするならば、そんなことは実現できない」と話したが、歴史を書き換えているのは日本だと暴言を行ったうえ、安倍晋三首相は「韓国を信頼できない国だと2回も言及し、韓国を敵対国扱いしている」と主張して
   「基本的な信頼関係が壊された状況」
でGSOMIAを維持する大義名分はないと責任のすり替えを行った。
 
 
 李洛淵(イ・ナクヨン)首相はGSOMIA終了まで3カ月が残っており、この期間中、双方が打開策を見つけ、日本が不当な措置を元に戻せば、GSOMIA終了(の決定)を再検討できると言及した」として、「ボールは日本側にあることを強調したい」と述べた。
   


 
ひとこと
 
 ボールは日本にはない。
 韓国政府が反日政策を止め、歴史教育で真実を教えたうえ、軍事占領している竹島を日本に返還するこがあって初めて交渉が出来るかもしれない。
 
 ただ、李承晩時代からの使用料や賠償金もし払ってしかるべきだろう。
 何もせずに罵詈雑言を繰り返したうえ嘘を並べたてるなどといったゴロツキ国家であり、もっと強い経済制裁をすべきだ。
 
 日本製品の不買運動を支持派を使って工作している状況から言えば、全ての日本製品を買わなければ問題もないだろう。
 
 論理的矛盾がある日本製品不買運動を行っている市民団体の活動資金の出所は...
 
         
   
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

 


   
posted by まねきねこ at 21:51 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

節操のない嘘つき国家


 韓国メディアのYTNテレビは、ソウル大学名誉教授の
   李栄薫(イ・ヨンフン)氏
ら6人が執筆した書籍「反日種族主義」の著者の一人が国連で演説する際に「日本の極右団体
   国際歴史論戦研究所
が資金援助していたと報じた。
 
 

ひとこと

 北朝鮮への支援を隠すためにレーダー照射や片道切符の漁船を遭難といって燃料を与える行為よりましだろう。
 安保理決議違反の疑いのある行為より問題はない。 


 ウソで支援を引きだした様な発言をして、米国から抗議を受けたのは韓国政府の嘘つきどもだろう。
 この韓国を支援する様な発言を行う日本の大学教授らは一体何様だ?  
  
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

     
posted by まねきねこ at 19:53 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真実を語る学者を罵倒する韓国政府支持者ら


 韓国メディアのMBNは、韓国の落星台(ナクソンデ)経済研究所の
   李宇衍(イ・ウヨン)研究員
は先月8日にスイス・ジュネーブで開かれた
   国連人権理事会
の定期会議で「日本植民地時代の朝鮮人の多くは自発的に日本へ行き、高い賃金をもらいながら戦争中に自由で楽な暮らしをしていた」と説明した。
 
 また、日本企業に韓国人元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁の判決についても「間違い」だと指摘した。
 
 これまで反日活動を扇動してきた韓国政府の主張する徴用工らの
   強制動員を否定
していたことが韓国に伝わり、反日教育を継続させている韓国の文政権と真っ向勝負する動きが出た形だ。


 李宇衍氏は日本の植民地支配の合法性を強調する本「反日種族主義」の著者の1人で同書は韓国政府がメディアを活用して、市民団体を動員し
   「強制徴用と慰安婦に対する妄言だ」
といった大きな批判を浴びせてきた。
 
 さらに、同書の著者らが2002年から6年間、韓国政府から研究費として
   12億ウォン(約1億円)
を受け取っていたことも発覚し、波紋を広げていた。
 なお、今回のスイス滞在費用は日本の団体「国際歴史論戦研究所」が支援していたことも分かったという。


 このニュースに韓国のネットユーザーからはイ博士の主張が正しいかどうか確かめてから批判するべき」「信じたくなくても証拠が合理的で論理が正しいなら信じよう」と主張する声が出てきており、親日的な言論を封殺するため、韓国政府等がこれまで
   「反日活動を学生が習得する必須単位」
として間接的に反市活動を韓国民に強制する措置で無理やり思考を洗脳され、デモなどに動員されている現状を否定、或いは拒否する動きも出てきている。
  
  
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

     
   
  
posted by まねきねこ at 05:17 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラックホール的な金融経済」情勢


 元米財務長官で現在はハーバード大学教授
   ローレンス・サマーズ氏
は、ツイッター投稿で「欧州や日本について現在市場が確信をもって予想しているのは、金利がゼロに貼りつきそこを脱する現実的な見通しが立たず、本質的に利回りは数十年にわたってゼロまたはマイナスという状況だ」と指摘した。
 
 「米国はたった1回リセッション(景気後退)に陥るだけで、彼らに仲間入りする」と記した。
 各国・地域の中央銀行首脳に対し、金利の小幅な変更あるいはもっと積極的な戦略ですらも、需要不足の問題をほとんど解決することができないような「ブラックホール的な金融経済」情勢を当局が目の当たりにしていると警告した。
  

           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
   
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

反日活動を助長させるマスコミの存在意義は?


 GSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄を受け、日韓議員連盟会長の
   額賀元財務大臣
と韓日議員連盟会長の
   姜昌一(カン・チャンイル)氏
が電話会談を行った。
 
 額賀元財務大臣が協定破棄について抗議したっものの、姜氏は「国会のなかでも意見が対立している」と説明したに止まった。
 
 そのうえで、来月に東京で開催予定だった議員連盟の合同総会を延期することを決めた。
 改めて11月上旬の開催を目指すと説明した。
  
 
ひとこと
 
 韓国政府自らがGSOMIA破棄の支持を米国がした旨22日に公言したが、米国から抗議をうけ、24日には韓国政府自らが虚偽であった事実を認め謝罪している。
 
 国家の素養が不出来であり、信頼性や倫理観、道徳心などといったものがもともと欠落した不良国家という点では北朝鮮と同じ分類であり、Dランクが適当な貿易相手国であり、Bランクでは下駄を履きすぎた形だろう。
 
 そもそも、学生に反日活動をしなければ学習単位を与えない教育政府度を見れば、政府主導の反日政策が継続している問題があり、日本のマスコミが日本国民にこうした事実すら伝えない点も不可解な行動だ。
 
 街頭インタビューでも韓国の親日家が自己主張するのはリスクを考えれば不可能であり、反日的な主張が多くなる。
 こうした場面を流すことは韓国政府の工作を受けているともいえるもので、報道の自由を作為的にコントロールされていても気付かずにいる愚かかさがある。
  
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
   
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

北東アジアの安全保障環境を考えない韓国


 日本の安倍晋三首相は23日、韓国政府が
   日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄
を決定したことについて、首相官邸で記者からの質問に答え、「日本は北東アジアの安全保障環境を考えて、日米韓の協力に影響を与えないよう対応してきた」と指摘した。

 また、「今後も米国と連携し、地域の平和と安定を確保して、日本の安全を守る対応をしていく」と強調した。

 同日、岩屋毅防衛相は韓国によるGSOMIA破棄の表明についてコメントし、「失望を禁じ得ず、極めて遺憾だ。韓国側に、再考と賢明な対応を強く求めていきたい」と語った。
 

 日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)は米国の要請で2016年11月に締結された。
 有効期間は1年で、期限の90日前に当たる毎年8月24日までに一方が破棄を通告しない限り、毎年自動的に延長される仕組みとなっている。
   


ひとこと

 胡散臭い親北朝鮮政策を進め、反日的な言動や徴用工訴訟での判事の入れ替えなどを展開してきた文大統領は、韓国を北朝鮮に提供すべく、マスコミを動員して、学校教育で反日活動を単位取得のひとつとするなどといった政策や北朝鮮支持の市民団体を活用してデモを煽るなどといった行動も目立つ。

 昨年意図的に起こした日本の自衛隊機に対するレーダー照射などを見れば日本がGSOMIAを破棄するように仕組んできた様にも見える。
 繰り返し韓国が日本に嫌がらせを行っても、淡々と対応してきたため、一線を踏みだした可能性がある。

 北朝鮮の南侵の手助けのため、世論を混乱化させる段階に一歩コマを進め、経済悪化の責任を日本に負わせようとしている可能性もある。
  
  
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

     

   
posted by まねきねこ at 05:29 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港の状況を懸念


 ハーバード大学の
   カーメン・ラインハート教授
はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、米中貿易戦争の激化を含む世界の成長を揺るがすショックに言及し、
   「私が現時点で大きく懸念しているショックの一つは香港の混乱だ」
と述べ、中国やアジア全般の成長に影響を与える恐れがあると指摘した。


 香港を揺るがしている
   政治的混乱
は、香港を主な懸念要因の一つに挙げ
   世界経済の転換点
になる可能性があると指摘、「これらは局地的な地域内の影響ではなく、本当に世界的な結果をもたらす」と述べ、「非常に大幅な世界の景気減速や、場合によってはリセッション(景気後退)すら引き起こし得る転換点」となる可能性があると語った。

  
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
   
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

外交努力が聞いて呆れる


 日本領土である竹島を軍事支配している韓国青瓦台(大統領府)は22日、日本との
   軍事情報包括保護協定(GSOMIA)
を更新しないことを決めたと発表した。

 この協定の更新期限は今月24日で、どちらかが破棄を通告しない限り1年間自動延長されることになっていた。

 青瓦台の金有根(キム・ユグン)国家安保室第1次長は会見で、「GSOMIAを終了することを決めた。協定の根拠に基づき、延長通知期限内に外交ルートを通じ、日本政府にこれを通知する」と述べた。

 その理由として、日本政府が2日に明確な根拠を示さず
   日韓間の信頼喪失
で安全保障上の問題が発生したとの理由から
   ホワイト国(優遇対象国)
から韓国を除外して通常レベルに戻したことに対し、両国間の
   「安全保障協力の環境に重大な変化をもたらした」
と非難する動きを強めた。

 こうした状況で安全保障上の敏感な軍事情報交流を目的に締結した協定を維持することは韓国の国益に合致しないと判断したと述べた。

 GSOMIAは日韓が北朝鮮の核・ミサイル関連情報などを共有するために締結したもの。
 2016年11月に発効し、効力は1年で、効力が切れる90日前に両国どちらかが協定を破棄する意思を通告すれば終了する。


ひとこと

 別に韓国からの腐った情報は不要であり、外交遮断まですればいい。
 思い上がった韓国との外交関係が切れれば、日本国内に居住する韓国系帰化人や在日も韓国に帰国を強めればいいだろう。
 日本人を装い韓流を吹きこんで莫大な資金を韓国に還流する流れを止める必要がある。 

 そもそも、日本国民の資金を預かる邦銀が反日政策を支援している韓国企業の保証人をしている現状は問題だろう。
 間接的な売国奴とも言える行為は即時やめるべきだろう。
  
         
   
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
 
   
posted by まねきねこ at 01:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

追加利下げに好意的?


 コーナーストーン・マクロのパートナー
   ロベルト・ペルリ氏
は顧客向けリポートで、米国経済の下振れリスクの高まりによって、これまで追加利下げに気乗りしなかった米国連邦準備制度理事会(FRB)参加者の少なくとも一部は、恐らく3週間前よりやや好意的になっているのではないかと指摘し、「そうであるとしたら、来月の25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)はあってしかるべきだ」と続けた。

   

posted by まねきねこ at 06:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意味のない韓国 NSCの会議での結論は文大統領の強い指示により出ていた


 韓国のNSCの会議が開かれGSOMIA破棄する検討をする前に、結論は文大統領の強い指示により出ていたと言われている。
 
 表面的には、会議を始めてみないとどういう結果か分からないとの韓国政府の装いがあっが、日韓両国政府の交渉では繰り返し韓国政府の暴言や世論工作、国際社会への虚偽の説明などで日本悪者といった情報操作が繰り返され、拳を振り上げ殴り続け破棄する環境を作ってきたのも事実であり当然視されるものだ。
 
 その背景には、内政、外交面でウソが多い成果の捏造を繰り返してきた文在寅大統領の状況が関係している。

 内政面では、最低賃金引き上げなどで引き起こされた経済の低迷で経済が悪化する流れを加速し続けている。
 
 また、外交面では、北朝鮮から「再び対座する考えはない」などと罵倒され、また日本とも輸出管理をめぐる対立が続くなど、孤立化している

 また、韓国国内では文大統領の最側近で文在寅大統領のブレーン中のブレーンであるソウル大学の教授
   チョ・グク前民情首席秘書官
をめぐりスキャンダルが色々出てきた。
  
  
 韓国の世論が最も反発しているのが、娘の大学不正入学をしていた疑いと、息子が兵役で不正をしていたという疑惑がある。
 そのほか不動産の偽装売買、巨額の財産隠しなど、多くの疑惑がかけられている。
 
 この胡散臭い人を法務大臣に起用して
   検察改革
を任せようという内閣改造の目玉とする予定であったため、この疑惑が噴出してから、世論調査で文在寅大統領の支持率が支持と不支持が逆転する現象も出て政権維持において非常に大きなダメージが出ている。
 
 こうしたスキャンダルの火消しのために反日思考から今回、GSOMIA破棄っていう大きな決断をした見方が韓国内でも広がっているが、日本のマスコミは韓国政府の工作を受けている影響からか報道が少ない。

  

   

   

posted by まねきねこ at 05:58 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国がGSOMIA破棄に理解をしたと公言したのが「嘘」であったことを韓国政府が認めた


 韓国側がGSOMIA破棄を発表する直前に、韓国の
   康京和外相
は日本の河野外相にGSOMIA破棄を知らせるメールを送りつけた。
 
 親日派韓国人の発言を封殺するため韓国政府が反日教育を繰り返し行いながらマスコミを利用して世論を扇動してきた。
 
 そもそも、学生の単位取得に反日活動を行うデモに参加することが単位となっているとも言われ強制的に思考の中に組み込まれる組織的な取り組みが続いている。
 
 ただ、表面的な反日教育でお茶を濁しているだけだと思っていた韓国国内でもGSOMIA破棄は予想外だったようだ。
 
 北朝鮮が引き起こした朝鮮戦争における残虐行為を目にしてきた韓国人に取っての脅威を隠蔽した文政権への批判が広がる可能性もある。
 
   
   
posted by まねきねこ at 05:34 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国政府の工作を受けてきた日本のマスコミの報道姿勢は問題

 
 安倍首相は23日、日韓両国の信頼関係を損なう韓国政府の対応が残念ながら続いている、韓国に対しては約束をまず守ってもらいたいと遺憾の意を示し、いわゆる
   徴用工問題
をめぐり韓国が日韓請求権協定に違反していることを改めて指摘した。

 また、これまで再三にわたって韓国に対しGSOMIAを延長するように求めてきた米国のトランプ政府も、文大統領の傲慢な姿勢を続け
   GSOMIA破棄
を通告するという事態に強い懸念を示す反応と行った。
 
 ポンペオ国務長官は「韓国のGSOMIAに関する決断に失望した」と「失望」という強い表現で不満を表明した。
 
 
 韓国大統領府は、23日に開催した記者会見で、日本政府は従来の主張をくり返しながら、対話に全く真摯に臨もうとせず、韓国側が先に是正措置を取るべきだと言いながら要求し続けていた批判、日本に対話を求めたが応じなかったと主張した。

 また、22日に米国政府も理解していると虚偽の説明をしていたことについては、米国が韓国に
   GSOMIA延長を希望
したのが事実だと認め、22日の説明で
   虚偽の情報をマスコミに流した
ことを認めた。
  

 
 韓国政府はこれまで虚偽の歴史を韓国民に義務教育の段階で繰り返し教え込んで、事実を隠蔽してきた。

 繰り返しウソで塗り固めれば虚構も現実になるとの目論見があり、日本の左翼やマスコミは韓国政府が掌の上で転がした嘘の情報で洗脳されていても気付きもしないのだろう。

  

ひとこと
 
 韓流など芸能活動を通しての韓国政府の扇動に踊らされ情報操作に協力した公共放送などの存在や姿勢を一番問題視すべきだ。
 
 韓国に関する情報が韓国政府の工作を受けた幹部職員等が多数存在し日本国民から放送料を法律条項で強制支払いをさせ裁判を繰り返す思考は韓国政府と同じ様なものだ。
 
 情報操作を受けているマスコミ組織の収入源を法律で保護する必要はない。
 そのため、放送法を改正し、受信契約は民事契約として即時廃止すべきだろう。
 反日政策を継続させている韓国芸能に受信料が流れている状況を遮断する必要がある。
 
 思い上がった反日的ともいえる日本の公共放送は韓国の文大統領と同じ思考ともいえるものであり、公共放送は分割民営化したうえ、資産は金融市場で売り飛ばせば国庫に莫大な収入をもたらすだろう。

 
 スマホやTVを持つだけで、視聴を一切し無くとも受信する可能性があるとの理由で
   受信契約を強制的に結ばせる法律
が自由な社会とは相いれない「異質なもの」であり、民事契約に移行させるため、放送法における受信契約条項の即時廃止が必要だろう。

 犯罪者のごとく日本国民を扱うような法律で反日韓国政府の思惑通りに
   韓国芸人を出演させること
で「韓国に金を払ってる組織」は解体すべきだ。

 また、過去10数年間に報道した韓流関連の番組を全て検証し、資金の流れや放送に関わった職員や韓国芸人など韓国政府の工作下にあったかどうかを徹底的に調査すべきだ。 
   

   

posted by まねきねこ at 05:19 | 愛知 ☔ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国で販売された日本車の中古車価格が急激に下落


  反日政策を続ける韓国では文政権を支持する市民を中心にメディアを利用した情報操作を駆使しして
   日本製品不買運動
が広がっており、この余波で、韓国で販売された日本車の中古車価格が急激に下落したという。
  

 韓国オンライン中古車競売サービス「ヘイディーラー」は20日、日本製品不買運動による中古車市場の人気度変化(今年6−8月)を分析した結果、日本車の中古車価格は50%以上も下落した。

 車種別にはレクサスES 300hが62%で最も大幅に下落した。
 続いてトヨタ・カムリ(60%)、日産アルティマ(57%)、インフィニティQ50(53%)、ホンダ・アコード(52%)の順だった。
また、中古日本車1台あたりの平均入札ディーラーも6月から3カ月連続で減少した。
 

 6月は8.9人、7月は6.6人、8月は3.8人だった。
一方、日本車を中古車として販売しようとする個人の出品台数は大きく増えており、インフィニティQ50の場合、不買運動前に比べて127%増となった。
 また、トヨタ・カムリは65%増、日産アルティマは49%増となったという。
  
  
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

     

   
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

文首合意は守る中国


 中国外交部サイトによると、王毅国務委員兼外交部長は20日、北京で
   第9回日中韓外相会議
出席のため訪中している日本の
   河野太郎外相
と会見したと伝えた。


 王毅氏は会談で一時期から中日関係は一段と改善、発展していると話し、この成果はたやすく得られたものではなく、双方ともこれまで以上に大切にしなければならないと続け、外交合意を一方的に破棄する韓国政府との姿勢の違いを明確にした。

 中国は日本と共に日中間の
   四つの政治文書
で確立された原則に従い、歴史を直視し、未来に目を向け、政治的基礎を絶えず固め
   相互信頼・協力
を増進することを願っていると話した。

 両国指導者の戦略的指導と両国民の共同の努力で両国関係は必ず新たな明るい前途を迎えると信じていると続けた。


 双方は意思疎通を緊密にし、政治、経済貿易、人文(人的・文化)などの分野の協力における共通認識を拡大し、今後のハイレベル政治交流のため、必要な条件と良好な雰囲気を築かなければならないと話した。

 また、双方は多国間分野の協力を強化し、あらゆる形の保護主義と一国主義に反対し、多国間主義、自由貿易、国連を核心とする国際体系を守らなければならないと続けた。

  
 王毅氏は日中間の敏感な問題に対する中国の立場を説明し、双方は
   リスクコントロール
を強化し、意見の相違を建設的に処理し、両国関係の絶え間ない改善と発展に共に努力しなければならないと強調した。


 河野氏はこの前の20カ国・地域グループ(G20)大阪サミットで日中の指導者は成功裏に会談し、両国関係の今後の発展のために方向性を定めた。

 日本は中国と緊密に連携し、実務協力を一段と深め、青少年、観光など
   文化・人的分野の交流
を促進し、意見の相違を適切にコントロールし、今後の両国ハイレベル政治交流の前向きな成果を確実にし、日中関係を絶えず前進、発展させることを願っていると続けた。


 王毅氏は、米国が地域に地上発射型中距離ミサイルを配備しようとしていることに反対する中国の原則的立場を説明した。河野氏は、日本が専守防衛政策を引き続き堅持するとあらためて表明した。


ひとこと

 反日政策を進めている韓国との違いを見せた瞬間だ。



    
posted by まねきねこ at 06:17 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本性を表し始めたのだろう


 米国は22日、韓国が日本との軍事情報共有協定の破棄を発表したことに対し
   「強い懸念と失望」
を表明した。
 日韓両国は、文大統領が事前に判事の入れ替えを行ったうえで韓国の裁判所が第2次世界大戦(World War II)中の徴用工問題をめぐり日本企業に対し賠償金の支払いを命じた。

 こうした下準備の元に三権分立を主張するなど打算的な目論見など悪意ある反日敵視政策を継続する韓国が喧嘩を売り続けた結果、対立を続けている。

 日本領土である竹島を韓国軍に軍事侵略されたままの日本は対抗措置として今月、輸出手続きで優遇措置を受けられる
   「ホワイト国」リスト
から韓国を除外した。


 米国防総省のデーブ・イーストバーン報道官は声明で、国防総省は、韓国が日本と結んでいた軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の更新を文(在寅、ムン・ジェイン、Moon Jae-in)政権が差し控えたことに対し、強い懸念と失望の意を表明すると表明した。


 日本の河野太郎(Taro Kono)外相は韓国の同協定破棄について「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ず、極めて遺憾だ」と表明した。

 また、「韓国側の主張は全く受け入れられず、韓国政府に対し断固として抗議する」と述べ、駐日韓国大使を政府庁舎に呼び抗議したことを明らかにした。
  


ひとこと

 北朝鮮の傀儡政権でもある文大統領は韓国の経済力を低下させ、北朝鮮と統一させる目論見で本性を垣間見せてきた。

 単純で激高しやすい韓国人を意のままに操り、反日敵視政策を刷り込んできており、本来の目的をカモフラージュしていることすら気付かないのだろう。

 こうした輩は北朝鮮が南侵したとして難民が対馬海峡を渡るだろう。
 ただ、テロリストが破壊工作を目論み潜入するリスクが高い。
 このため、リスク排除の観点からも全て追い返すことも検討すべきだ。


   
posted by まねきねこ at 06:07 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重要なヒント


  
 米国連邦準備制度理事会(FRB)が21日公表した7月30、31両日のFOMC議事要旨は0.25ポイント利下げの理由を列挙し、米経済は今のところ良好だとしつつも、見通しへのリスクを浮き彫りにした。
 
 投資家は9月17、18両日の次回FOMCでの追加利下げを100%織り込むとともに、年内にさらなる緩和を見込んでいる。

 
 米国連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は23日、ワイオミング州ジャクソンホールで開かれるカンザスシティー地区連銀主催の年次シンポジウムで講演する予定で、そこで重要なヒントが示される可能性がある。
  
  
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
  
posted by まねきねこ at 05:04 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日中韓の製造業の覇権争いが加速


 韓国機械研究院は19日、「韓・中・日の工作機械および機械要素の輸出競争力分析および提言」と題するリポートを発表した。
 
 このリポートによると、工作機械の主要7品目の
   対中国貿易収支
は2009年以降18年まで全て黒字を記録したが、対日本貿易収支は09年から18年まで10年にわたり赤字から抜け出せなかったと記述した。
 韓国・中国・日本の製造業の覇権争いが加速していることに伴い、機械産業を工作機械と機械要素に分けて分析した。
 
 工作機械の主要品目はレーザー・放電方式工作機械類、マシニングセンタ、旋盤・ターニングセンタ、ドリリング・ボーニング・ミーリング、研磨工作機械類、金属加工機械、工作機械部分品の7品目に細分化した。
 過去10年間で韓・中・日3か国の工作機械の輸出入動向は
   日本が絶対優位
に立つ中、韓国と中国が一部品目で追撃するという構造に変化したと自画自賛した。
 
 韓国は2009年には旋盤・ターニングセンタ(23.4%)と金属加工機械(22.5%)が中心だったが、18年には旋盤・ターニングセンタ(28.0%)とマシニングセンタ(22.0%)の割合が高くなった。
 また、韓国の工作機械の海外輸出規模を100とした場合、18年時点での3か国の海外輸出の結果を比較すると、旋盤・ターニングセンタとマシニングセンタは中国と比較してそれぞれ3倍と1.5倍と成長した。
 
 しかし、日本に比べるとそれぞれ7分の1、2分の1にとどまる状況という。
 
 
ひとこと
 
 所詮はモノ真似しか出来ないのが韓国経済の実態だろう。
 このモノ真似もが意見の見であり本質的な部分までは踏み込めずにいるため、耐用年数にはさらに大きな開きがある。
 
 日本に喧嘩を売り続けており、そろそろ、切り捨てるべき時期にきている。
 日本に友好的な東南アジアや中央アジアの国々を優先して経済支援し発展させることで対中国との防衛面での効果も絶大にあり大きい。
 
  
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
   
   
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする