市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年08月23日

文首合意は守る中国


 中国外交部サイトによると、王毅国務委員兼外交部長は20日、北京で
   第9回日中韓外相会議
出席のため訪中している日本の
   河野太郎外相
と会見したと伝えた。


 王毅氏は会談で一時期から中日関係は一段と改善、発展していると話し、この成果はたやすく得られたものではなく、双方ともこれまで以上に大切にしなければならないと続け、外交合意を一方的に破棄する韓国政府との姿勢の違いを明確にした。

 中国は日本と共に日中間の
   四つの政治文書
で確立された原則に従い、歴史を直視し、未来に目を向け、政治的基礎を絶えず固め
   相互信頼・協力
を増進することを願っていると話した。

 両国指導者の戦略的指導と両国民の共同の努力で両国関係は必ず新たな明るい前途を迎えると信じていると続けた。


 双方は意思疎通を緊密にし、政治、経済貿易、人文(人的・文化)などの分野の協力における共通認識を拡大し、今後のハイレベル政治交流のため、必要な条件と良好な雰囲気を築かなければならないと話した。

 また、双方は多国間分野の協力を強化し、あらゆる形の保護主義と一国主義に反対し、多国間主義、自由貿易、国連を核心とする国際体系を守らなければならないと続けた。

  
 王毅氏は日中間の敏感な問題に対する中国の立場を説明し、双方は
   リスクコントロール
を強化し、意見の相違を建設的に処理し、両国関係の絶え間ない改善と発展に共に努力しなければならないと強調した。


 河野氏はこの前の20カ国・地域グループ(G20)大阪サミットで日中の指導者は成功裏に会談し、両国関係の今後の発展のために方向性を定めた。

 日本は中国と緊密に連携し、実務協力を一段と深め、青少年、観光など
   文化・人的分野の交流
を促進し、意見の相違を適切にコントロールし、今後の両国ハイレベル政治交流の前向きな成果を確実にし、日中関係を絶えず前進、発展させることを願っていると続けた。


 王毅氏は、米国が地域に地上発射型中距離ミサイルを配備しようとしていることに反対する中国の原則的立場を説明した。河野氏は、日本が専守防衛政策を引き続き堅持するとあらためて表明した。


ひとこと

 反日政策を進めている韓国との違いを見せた瞬間だ。



    
posted by まねきねこ at 06:17 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本性を表し始めたのだろう


 米国は22日、韓国が日本との軍事情報共有協定の破棄を発表したことに対し
   「強い懸念と失望」
を表明した。
 日韓両国は、文大統領が事前に判事の入れ替えを行ったうえで韓国の裁判所が第2次世界大戦(World War II)中の徴用工問題をめぐり日本企業に対し賠償金の支払いを命じた。

 こうした下準備の元に三権分立を主張するなど打算的な目論見など悪意ある反日敵視政策を継続する韓国が喧嘩を売り続けた結果、対立を続けている。

 日本領土である竹島を韓国軍に軍事侵略されたままの日本は対抗措置として今月、輸出手続きで優遇措置を受けられる
   「ホワイト国」リスト
から韓国を除外した。


 米国防総省のデーブ・イーストバーン報道官は声明で、国防総省は、韓国が日本と結んでいた軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の更新を文(在寅、ムン・ジェイン、Moon Jae-in)政権が差し控えたことに対し、強い懸念と失望の意を表明すると表明した。


 日本の河野太郎(Taro Kono)外相は韓国の同協定破棄について「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ず、極めて遺憾だ」と表明した。

 また、「韓国側の主張は全く受け入れられず、韓国政府に対し断固として抗議する」と述べ、駐日韓国大使を政府庁舎に呼び抗議したことを明らかにした。
  


ひとこと

 北朝鮮の傀儡政権でもある文大統領は韓国の経済力を低下させ、北朝鮮と統一させる目論見で本性を垣間見せてきた。

 単純で激高しやすい韓国人を意のままに操り、反日敵視政策を刷り込んできており、本来の目的をカモフラージュしていることすら気付かないのだろう。

 こうした輩は北朝鮮が南侵したとして難民が対馬海峡を渡るだろう。
 ただ、テロリストが破壊工作を目論み潜入するリスクが高い。
 このため、リスク排除の観点からも全て追い返すことも検討すべきだ。


   
posted by まねきねこ at 06:07 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重要なヒント


  
 米国連邦準備制度理事会(FRB)が21日公表した7月30、31両日のFOMC議事要旨は0.25ポイント利下げの理由を列挙し、米経済は今のところ良好だとしつつも、見通しへのリスクを浮き彫りにした。
 
 投資家は9月17、18両日の次回FOMCでの追加利下げを100%織り込むとともに、年内にさらなる緩和を見込んでいる。

 
 米国連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は23日、ワイオミング州ジャクソンホールで開かれるカンザスシティー地区連銀主催の年次シンポジウムで講演する予定で、そこで重要なヒントが示される可能性がある。
  
  
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
  
posted by まねきねこ at 05:04 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日中韓の製造業の覇権争いが加速


 韓国機械研究院は19日、「韓・中・日の工作機械および機械要素の輸出競争力分析および提言」と題するリポートを発表した。
 
 このリポートによると、工作機械の主要7品目の
   対中国貿易収支
は2009年以降18年まで全て黒字を記録したが、対日本貿易収支は09年から18年まで10年にわたり赤字から抜け出せなかったと記述した。
 韓国・中国・日本の製造業の覇権争いが加速していることに伴い、機械産業を工作機械と機械要素に分けて分析した。
 
 工作機械の主要品目はレーザー・放電方式工作機械類、マシニングセンタ、旋盤・ターニングセンタ、ドリリング・ボーニング・ミーリング、研磨工作機械類、金属加工機械、工作機械部分品の7品目に細分化した。
 過去10年間で韓・中・日3か国の工作機械の輸出入動向は
   日本が絶対優位
に立つ中、韓国と中国が一部品目で追撃するという構造に変化したと自画自賛した。
 
 韓国は2009年には旋盤・ターニングセンタ(23.4%)と金属加工機械(22.5%)が中心だったが、18年には旋盤・ターニングセンタ(28.0%)とマシニングセンタ(22.0%)の割合が高くなった。
 また、韓国の工作機械の海外輸出規模を100とした場合、18年時点での3か国の海外輸出の結果を比較すると、旋盤・ターニングセンタとマシニングセンタは中国と比較してそれぞれ3倍と1.5倍と成長した。
 
 しかし、日本に比べるとそれぞれ7分の1、2分の1にとどまる状況という。
 
 
ひとこと
 
 所詮はモノ真似しか出来ないのが韓国経済の実態だろう。
 このモノ真似もが意見の見であり本質的な部分までは踏み込めずにいるため、耐用年数にはさらに大きな開きがある。
 
 日本に喧嘩を売り続けており、そろそろ、切り捨てるべき時期にきている。
 日本に友好的な東南アジアや中央アジアの国々を優先して経済支援し発展させることで対中国との防衛面での効果も絶大にあり大きい。
 
  
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
   
   
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする