市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年10月03日

韓国を揺さぶる北朝鮮の徴発行為


 菅義偉官房長官は2日午前の会見で、北朝鮮が2日午前7時10分ごろ、同国東海岸付近から弾道ミサイルを発射。同7時27分ごろ、島根県・隠岐諸島沖合の日本のEEZ内に着弾したことを明らかにした。
 
 なお、船舶などへの被害は確認されていないと述べたうえ、日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾しており、断じて容認できず、今回のミサイル発射は国連安全保障理事会の決議に明確に違反しており、事前通告なしの発射は航空機や船舶などへの安全に対し、重大な脅威になると指摘したうえ、「断じて容認できず、北京の大使館ルートを通じ、厳重に抗議した」と述べた。
 
 
 EEZ内への北朝鮮ミサイルの着弾は、2017年11月29日以来のこと。
 なお、北朝鮮が発射した弾道ミサイルは1発で、2つに分離した可能性が高いとの見解を示した。
 
 当初、2発の弾道ミサイルが発射された可能性があるとしていたが、菅官房長官は情報を精査した結果、1発のミサイルが2つに分離した可能性があるとの見解を公表した。
 また、飛行高度は約450キロ、飛行距離は約900キロと日本政府は推定しているとした。
 
 
 韓国青瓦台(大統領府)は潜水艦発射式弾道ミサイル(SLBM)実験の可能性があるとみて検証していると明らかにした。
 
 
 一方、今回のミサイル発射を巡り、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に基づく、情報のやり取りがあったのかとの質問には「韓国とは適切に連携しているが、情報共有の細部については控えたい」と話し、詳細への言及を避けた。
 
  
            
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

 
   
   
posted by まねきねこ at 06:12 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国経済が低迷 自動車は前年同月比−2.2%


 韓国で1日に発表された現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国完成車メーカー5社による9月の世界販売台数は
   66万2949台(前年同月比−2.2%)
に減少した。
 国内販売は2.1%増の11万2407台、海外販売は3.0%減の55万542台だった。
 世界販売台数をメーカー別にみると、現代は38万2375台で1.3%減少した。
 現代の子会社である起亜は23万3648台で1.3%増加した。
 
 1カ月以上にわたり労組によるストが続いている韓国GMは2万1393台で38.6%減少した。
 また、ルノーサムスンは1万5208台で4.3%増、双竜は1万325台で1.8%減少した。
 国内販売は、現代が5万139台で4.5%減だった。
 起亜は4万2005台で17.3%増加した。
 
 韓国GMは5社のうち最少となる5171台で30.4%減少した。
 ルノーサムスンは7817台で16.4%増加。双竜は7275台で5.4%減った。
 韓国国内シェアは現代が44.6%、起亜が37.4%で、両社が8割以上を維持した。
 
  
            
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

 
   
   
posted by まねきねこ at 04:42 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする