市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年11月11日

選挙目当ての発言では問題が複雑になるだけ


 米大統領
   ドナルド・トランプ氏
は8日、対中関税の撤回で合意していないと明らかにした。
 また、中国が関税撤回を望んでいるとの認識を示した。
 
 米中が貿易戦争を終結させる時期を巡って疑念を再燃させた。
 米中双方の当局者は7日、通商協議の「第1段階」の合意の一環として、双方が貿易戦争の過程で発動した追加関税を段階的に撤廃することで合意したと明らかにしていた。
 ただ、追加関税の段階的撤廃には、ホワイトハウス内外の助言役から「強い反発」の声が出ている。
 
 トランプ氏はこのほか、中国との合意が成立すれば米国で署名したいと表明した。
 選挙目当てで「農業州であるアイオワなどが考えられる」との考えを示している。
 トランプ氏の発言から米ドルも対円で下落し、米中通商合意を巡る楽観論を背景とするドル高の流れが一服した。
 
 
             
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

 
    
    
posted by まねきねこ at 01:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする