市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年01月27日

李克強首相 武漢市を訪問


 中国政府のウェブサイトによれば
   李克強首相
は27日、武漢市を訪問し
   感染拡大阻止の作業
を視察するとともに、患者を見舞ったり医療スタッフを慰労した。


posted by まねきねこ at 20:41 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスク注文が通常時の約10倍


 ユニ・チャームは、16日に日本国内で初めて感染者が確認されて以降、卸売会社からの
   マスク注文
が通常時の約10倍に増加した。

 同社広報担当の渡辺仁志氏によると、17日から24時間のフル生産の態勢をとっているものの一部で供給に遅れも発生しているという。 
 
     
  
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

   
posted by まねきねこ at 20:07 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外への団体旅行を27日から当面中止(中国)


 中国政府は習近平主席の陣頭指揮で感染の拡大を防ごうと、27日から海外への団体旅行を当面中止するほか、国内各地の観光地の閉鎖や長距離バスの運休など、人の移動を抑える対策を次々に打ち出した。
 
 ただ、中国政府の保健当局は26日の記者会見で
   「ウイルスの感染力」
がやや強くなっているとみられ、症状が軽い隠れた感染者も多く予防対策を難しくしていると説明し、感染拡大を抑え込めるか不透明な情勢が続いている。
 
     
  
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

   
posted by まねきねこ at 19:40 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肺炎の発生当初、武漢市の方針は「穏便に済ませる」ことだった?

 中国誌「中国新聞週刊」(電子版)が医師の証言として26日、中国湖北省武漢市当局が
   新型コロナウイルス
による肺炎の発症者が出始めた昨年12月、当局が肺炎について口外しないようかん口令を敷いていたと報じた。
 同誌の取材に応じた武漢市の協和医院の医師によると、原因不明の肺炎が続出した際、病院内で肺炎について会員制交流サイト(SNS)などで発信したり、メディアの取材を受けたりしないよう通知があったことを明らかにした。
 
 そのため、医師は患者に対して「マスクを買って着用しなさい」と助言するしかなかったという。
 また、「スーパースプレッダー(強い感染力を持つ患者)」が既に出現しているとの専門家の指摘を伝えた。
 
 
ひとこと
 
 武漢から自動車関係の邦人等を避難させるが、国内で15日程度隔離して発症が無いか確認する必要があるだろう。
 国内への拡散を防ぐ方策が具体的に示されておらU,「邦人保護」名目だけでのお粗末な対応で国民へのリスクを高める可能性が高い。
 これは観光行政の愚かな「おもてなし」思考と同じだ。
 
     
  
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

    
  
posted by まねきねこ at 06:26 | 愛知 ☁ | Comment(0) | コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝手気ままのメディアの取材が病原体をまき散らす可能性は大きい


 中国湖北省武漢市で発生した
   新型コロナウイルス肺炎
の拡大に関連して、中国外交部の報道官が
   外国メディア記者の武漢入り
についてコメントした。
 外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は23日の定例記者会見で記者から「中国当局は、特殊な状況がなければ可能な限り武漢には行かないようにと通知した。
 
 中国駐在の外国記者が武漢で新型コロナウイルス肺炎の感染状況を報道したい場合、「中国側はこれを認めるか。特別な防護設備は得られるか」との質問を受けた。
 この質問に対して耿報道官は、23日午前に武漢市新型コロナウイルス肺炎感染予防コントロール指揮部が市内バス、地下鉄、フェリー、長距離バスの運行を一時停止することを通知し、特殊な原因がない場合は武漢に赴かないよう求めていると説明した。
 
 「外国の記者が武漢の状況に注視しているのは理解している」と続けたうえで、「記者の皆さんが武漢の実際の状況、武漢の当局が講じた措置を理解し、その提言を真剣に聞き取るよう望む。実際、それは皆さんのためにもなる」と答えた。
 また、すでに武漢に入っている外国人記者がいるとした上で、これらの記者に対し「現地の関連規定を必ず順守するとともに、個人としての防護もしっかりと行うことで交差感染を防いでほしい」と求めた。
 
 
ひとこと
 
 不節操な行動が多く見られる特権意識が蔓延るメディアの取材者が感染源として世界各地に病原体を拡散させる危険性は極めて大きいだろう。
 
 こうした状況は日本の鳥インフルエンザなどの取材で傍若無人ぶりを発揮する日本メディアの記者の姿勢を見れば明らかだろう。
 
    
  
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

    
posted by まねきねこ at 01:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする