市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年02月26日

収束の兆しか単なる踊場かは不明


 中国の国家衛生健康委員会が26日発表した新型ウイルス感染症例は累計で7万8064件に達した。
 25日には406件増えた。
 なお、死者は52人増の計2715人となった。
  
 

posted by まねきねこ at 21:14 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金儲けに長けた組織


 ユダヤ系金融王国でロスチャイルドの資金を活用してきた米国の大手金融機関のひとつでもある
   JPモルガン・チェース
は25日、ニューヨークで投資家向けイベントを開催.
 2020年通期の純金利収入が前年比で小幅減少し570億ドル(約6兆2750億円)になるとの予想を示した。
 米国内における金利低下の影響で、融資事業が圧迫されていことが背景にあるという。

 有形自己資本利益率(ROTCE)の目標は17%で据え置いた。
 業務粗利益に占める営業経費の比率を示す経費率(OHR)については、中期的に55%を下回ると予想した。
  

 JPモルガンは競合他社を上回る近年の実績などを強調する一方、直面している複数の課題に対して慎重姿勢も示した。
 特に、クレジットカード手数料を巡る圧力や、アクティブ投資からパッシブ投資へのシフト、トレーディングサービスの需要減退を指摘。金利が数年ぶりの低水準付近にとどまっている状況も、収入の押し下げ要因になるとした。
   

ひとこと

 日露戦争で、日本政府が発行した戦費国債の引き受けを行ったユダヤ資本の手法を理解すればリスクも金儲けのひとつだ。
 リスクを作り出したコロナウィルスの拡大の中でポチ犬となってしまっている政治家が意のままに動く官僚組織を使っている状況が問題だ。
 権力監視をしていると主張するマスコミもTVなどはお遊戯のごとき女子アナを多用したニュースばかりでは情報も少なく役にも立たない。


       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
    
posted by まねきねこ at 06:04 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CAT債が暴落


 政治的思惑に左右され「対応が遅れ気味」の
   世界保健機関(WHO)
では新型コロナウイルスがまだパンデミック(世界的大流行)にはなっていないと主張している。

 このような惨事のリスクを証券化した
   大災害(カタストロフィー)債券(CAT債)
の市場では、すでにパンデミックの段階に入っている可能性があることを示唆している。
  
 パンデミックに備える資金を貧困国向けに調達するため、世界銀行が2017年に発行したCAT債は、額面を
   最大40%下回る価格
で取引されていることが明らかになった。

 同債券を保有する投資家がメディアの取材で明らかにした。

 中国政府の資金や物資の取引が強いイランやイタリアといった諸国でのウイルス感染拡大が背景にある。
 同CAT債のトランシェ2本のうち
   総額9500万ドル(約105億円)相当
のリスクが高いトランシェは、額面1ドル当たり60−70セントで売買される見込みという。
 同投資家が匿名を条件に話しただが、2億2500万ドル相当の比較的安全なトランシェは、額面価格をわずかに下回る水準にあるとのこと。
  
 ただ、これは発行以来の最安値水準ではない。
 これまでコンゴ共和国で昨年エボラ出血熱が流行した際には、40セントまで下げたという。



ひとこと

 対応の遅れは、中国政府への忖度が大きく日本の与野党政治家や自動車産業など中国に進出した企業の活動が日本子Kミンの健康被害を拡大させることが懸念される状況だ。

 貿易封鎖などが起これば企業の価値はなくなり倒産する可能性もあるだろう。
 金儲けで国益を脅かす姿勢が一番の問題である。
 


       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
   

posted by まねきねこ at 05:43 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロナウィルスの被害拡大を初期段階で阻止できない無策ぶり


 米国疾病対策センター(CDC)の
   ナンシー・メッソニエ国立予防接種・呼吸器疾患センター(NCIRD)所長
は25日、メディアと電話会見し米国民に対し、国内での
   新型コロナウイルス流行
に備えるよう注意喚起した。
 
 米国内でコミュニティーでの感染拡大が起きると予想していると指摘、「起きるか起きないか』という問題ではなく、『いつ起きるか』の問題だ。必ず起きる」と言明した。
 流行すれば、日常生活に著しい悪影響を及ぼす恐れがあるとし、国内で新型ウイルスの感染が拡大した場合に
   学校閉鎖
のほか、スポーツイベントやコンサート、商談の中止に備えるべきだと指摘した。
   


ひとこと

 横浜にコロナウィルスの感染が疑われた米国企業が運営していた
   ダイヤモンド・プリンセス
を寄港を許し、日本にコロナウィルス患者を激増させた背景を考える必要がある。

 本来であれば日本への寄港を拒否し、米国のグアム島などに向かわせるべきであった。

 スキャンダルになるネタが多い政権であり、過度にトランプ政権への影響を忖度したのか、寄港を許した結果が今回の事態の元凶でもある。
 日本人乗船客の帰国は船舶から上陸させるのではなく、武漢同様に米国領に寄港させたのちに、航空機で帰国させるのが筋であり、水際での防疫体制がそもそもできないため、運航会社に責任を取ってもらうことが必要であった。

 米国政権の意のままに受け入れる姿勢は与野党政治家が中国や韓国にも工作に応じる点もあり、最も問題となる行為である。
 こうした姿勢を追及できないマスコミの責任は自由な報道をすると主張を繰り返すのであれば、何故、今回も政府追及も範囲が限定的だ。
 マスコミへの工作が敗戦後GHQの意向を受けて、日本国民を洗脳し続けてきた行為と同じだ。
 


       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
    
posted by まねきねこ at 05:26 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型コロナウイルスは中国の外で大きな影響


 みずほインターナショナルの欧州金利戦略責任者
   ピーター・チャットウェル氏
は不安定化している債券市場の動きについてメディアの取材で「独国債や米国債などで見られる動きは全て理にかなっている。今や新型コロナウイルスは中国の外で大きな影響を及ぼしているからだ」と分析したうえ、「特にイタリア国債への影響は顕著で、新型ウイルス感染拡大のホットスポットが中国からずっと離れた場所で見つかりつつあることを示している」と述べた。 
  
  

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
   
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする