市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年03月12日

期待感を植えつけても...

 
 SMBC信託銀行のシニアマーケットアナリスト
   山口真弘氏
はメディアの取材で米経済対策について「給与税減税など効果が大きそうなものが出ている一方で、財源や議会承認など本当に実現するのか、期待感と不安感が交錯し、売り買いどちらにも傾けられない」と指摘した。

 トランプ米大統領は9日、金融危機以来の大幅株安を受け、経済を下支えする「極めて劇的」な措置を発表する計画だと発言し10日午後にも経済対策の一部を発表するとしていた。
 
 しかし、ホワイトハウスでの記者会見に大統領が現れず期待が消失し、再び懸念が強まる可能性が出ている。
 
 
ひとこと
 
 これまでのトランプ氏の発言を考えれば信頼性はないに等しい。
 知能が小学生なみとの罵声が政権から離れた閣僚から聞かれる大統領であり、日米首脳が似たり寄ったりの状況では有事には大きな問題が解決できない。

 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

  
posted by まねきねこ at 05:27 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その場限りの口上を信じるのか?


 米国大統領のドナルド・トランプ氏は9日、金融危機以来の大幅株安を受け、経済を下支えする「極めて劇的」な措置を発表する計画だと発言したが、これまで同様誇大妄想ともいえるサービストークになる可能性が高い。
 
 また、10日午後にも経済対策の一部を発表するとしていたがホワイトハウスでの記者会見に大統領が現れなかった。
 
 このため、再び懸念が強まり東京市場で売りが先行した。
 
 
ひとこと
 
 劇場型政治家の本質を考えることが必要だろう。
 メディアの影響をコントロールして情報統制をし、不都合な情報はフェイクということで排除する思考は真実を隠して人を騙すものだ。
 その場限りの言葉で乗り切ってきただけで資質の悪い日米の首脳では国益が棄損されるばかりで、国際資本に国民の資産が流れだし続けているといえるものでしかない。

 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

   
posted by まねきねこ at 05:20 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

米金融当局は再び行動する用意


 米国セントルイス地区連銀の
   ブラード総裁
は6日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、3日に実施した0.5ポイントの緊急利下げに言及し、「われわれが知っていた情報を踏まえ、政策金利を適正な水準に設定した」と発言した。
 
 また、「すべてが協議のテーブルにある。一段の行動に前向きだ。しかし、状況を注意深く見守っている。会合の開催はいつでも可能だ」と続けた。


 新型コロナウイルス感染拡大の影響から米経済を守るために必要ならば、米金融当局は再び行動する用意があると述べた。

 市場では現在、米連邦公開市場委員会(FOMC)が3月17−18両日の定例会合で少なくとも0.5ポイントの追加利下げに踏み切ると予想されている。

 ブラード氏は「その特定の日に過度に注目してほしくない。定例会合日程の間でも行動できることをFOMCは、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長は既に示した」と指摘した。
 
 「3月会合の段階になり、その日に行動したくなければ、それはそれで全く問題ない。しかし、その後の10日間に状況が悪化した場合は、その時点で行動すると決定するかもしれない」と続けた。

 中国が安定化しつつある兆しに勇気づけられているとし、同国経済は第2四半期(4−6月)に「盛り返す」可能性があるとも述べた。
 さらに、「成長への下振れリスクはある」とし、「市場は最悪のシナリオを織り込みつつあるようだ」と語った。
 
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  


posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愚かな政治家の判断はまともか?


 米国のユダヤ系投資運用会社グッゲンハイム・パートナーズの共同創業者でグローバル最高投資責任者(CIO)の
   スコット・マイナード氏
は、「バタフライ効果」と題したエッセーを9日、ウェブサイトに掲載し
   新型コロナウイルス
の金融や地政学への影響波及のリスクに金融市場はようやく「覚醒した」と指摘した。
 また、世界的なリセッション(景気後退)入りは回避できない可能性があるとの見解も示した。
  
 マイナード氏はエッセーの中で「コロナウイルスが引き起こす一連の出来事がわれわれが現在直面している状況をもたらすなど、誰が予想できただろうか」と問い掛け、「どのドミノが次に倒れるのかを特定するのは事実上不可能だが、一つ確かだと思われることは、ドミノは倒れ続けるということだ」と付け加えた。


ひとこと

 日本の景気後退はコロナというよりも、消費税の引き上げが背景にある。
 愚かにも国際資本の意のままに動く日銀や経済評論家の意見を取り入れた責任は大きい。 

 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

    
posted by まねきねこ at 06:28 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タカリ外交に何時までもつき合う義理はなく費用の無駄だ!!



 反日政策を続け、金を日本から出させたい目論見がある韓国政府は成果を出すため、時間勝負に出ており10日午前に始まった貿易管理をめぐる日韓両政府の局長級の政策対話は11日未明まで続ける嫌がらせ的な手法を展開させた。

 これまで売春婦を従軍慰安婦という名に置き換え、敵対的な反日教育など捏造した歴史をすりこみ、「韓流」という芸能人を活用した宣伝工作を世界各地で展開してきた。


 韓国芸人が売春活動と表裏一体的な動きが欧米でも問題視されており、入国が拒否される事例も見られる。
 当然、日本メディアで「韓流」を広げた公共放送などの職員への接待等の工作活動で囲い込みが実行され、韓国に好意的な情報操作が繰り返し行われたことで「韓流」が広がるきっかけを作ったのは周知のことだ。


 日本製品不買運動などの活動が拡大し嫌がらせ的な外交攻勢に晒されている状況に注目する必要がある。
 日韓の貿易管理をめぐる政策対話は
   新型コロナウイルスの感染拡大阻止
に向けた対応で日本政府が水際対策を強化した。
 なお、韓国では新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないため世界109国が韓国人の入国を制限している。
 こうした措置を受け、東京とソウルを結んでテレビ会議のシステムで行わた。


 日本側は飯田陽一貿易管理部長らが、韓国側は産業通商資源省の李浩鉉貿易政策官らが出席した。
 政策対話は10日午前10時ごろに始まったものの、成果を出したい韓国側の思惑もあったのか話し合いは断続的に11日未明まで続く異例の展開となった。
 政策対話の開催は去年12月に東京で開かれて以来、およそ3か月ぶりのこと。
 ただ、詳しい内容は明らかにしていないものの、自己主張を繰り返す韓国の傲慢さもあり、双方の意見の隔たりが大きかったものとみられる。

ひとこと

 反日政策が主軸も韓国政府の傲慢さは各国が承知しており、外交成果を捏造し虚偽の情報を垂れ流して米国政府から反発されたことも周知の実だ。
 反日種族が跋扈し、反日教育が義務教育に取り入れられ、反日活動が評価される仕組みを取り続ける政策が自主的に改善しない限り、本来であれば韓国の敵視政策が続いているものであり、優遇などは論外であり、対等な外交関係というより、制限てきな経済交流に止めるために更に制限を加えてしかるべきだ。

 そもそも、日本領土の竹島を李承晩が軍事侵攻して以降、実効支配している韓国軍の存在を棚上げにした経済交流を行ってきた過去の日韓議員連盟の思考が売国的だということを日本国民は認識する必要がある。
 
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

   
posted by まねきねこ at 06:16 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

世界同時不況に突入か?


 新型コロナウイルスの感染拡大を懸念する投資家に、原油急落が追い打ちをかけたため、信用価値の縮小が広がり欧州株は暴落し、幾つかの主要株価指数が弱気相場入りした。
  
 ストックス欧州600指数は7.4%安と、2008年のリーマン・ショック以来の大幅な下げとなった。

 同指数は今年2月の最高値から20%超下落した。

 また、ユーロ・ストックス50指数のほかイタリア、ドイツ、スペイン、フランス、英国の主要株価指数も弱気相場入りした。
 特にエネルギー株価指数は過去最高の17%安を記録、1997年以来の低水準に沈んだ。

 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

    
posted by まねきねこ at 04:58 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時期は問題だが資金の供給バルブを広げており、バブルが急速に拡大する可能性もある


 国際エネルギー機関(IEA)は
   新型コロナウイルス
の影響で人とモノの移動が制限され世界経済に打撃を与える影響があり、今年の世界石油需要が2009年以来で初めて減少するとの見通しを示した。

 IEAは先月、日量80万バレルを若干上回る程度の需要増加見通しを示していた。

 今回発表した月報では日量9万バレルの需要減を予測している。

 IEAは今年の世界需要が日量73万バレルの減少が見込まれると異例の分析では
   需要の落ち込み
がさらに強くなるシナリオでは「すでに新型コロナの影響を受けている国の回復が想定以上に緩慢で、同時に欧州やアジアでさらに拡大する」ことを想定している。

 過去数週間で新型コロナウイルスは中国の医療・保健問題から世界的な緊急事態へと発展し、新型コロナの封じ込め対策は、国内外を問わず世界各地の輸送量を大幅に減少させたと説明した。

 ただ、新型コロナ感染が「中国で迅速に収束」する楽観的シナリオでは、今年の世界燃料消費が
   日量48万バレル増加
すると、IEAは推計した。


ひとこと

 急速な経済回復になるかどうかだろう。

 ネガティブであれば経済が坂を転がるのが加速するが、短期で回復するシナリオであれば、急速に経済活動が活発化して原油相場は暴騰しインフレが進むことになる。

 LTCM破たん以降にグリーンスパンが低金利政策を展開し、サブプライム市場が拡大して言ったシナリオになるかもしれない。
 

 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
  
posted by まねきねこ at 04:55 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホワイトハウスは経済への影響に対処するため的を絞った措置


 クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は6日、ブルームバーグテレビジョンで「タイムリーで的を絞った細かい措置を講じたい」と指摘した。
 
 また、「数千億ドルも費やすような大規模かつ広範な措置で、長期的に刺激効果がなく成長にも影響を与えない」ような取り組みは支持しない考えを示し
   新型コロナウイルス
の経済への影響に対処するため、ホワイトハウスは的を絞った措置に取り組んでおり、迅速に実施される可能性があることを明らかにした。

 措置の詳細については、自宅にとどまることを余儀なくされ給与の支払いを受けられない人や小規模事業者、新型コロナの影響で打撃を受ける航空など一部業界への支援が含まれる可能性があると説明した。
 
 より詳細な情報は来週中に明らかになる可能性があるとも述べた。
  
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

  
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

報道が偏向的


 米国の船会社カーニバル所有している「ダイヤモンド・プリンセス」は公開上を運行中に乗船客がコロナウィルスに関せんっしていることが判明したため、米国政府への日本政府による忖度なのか、横浜港に入港させたうえで集団感染が判明し、コロナウィルスの感染被害の多くを出し、対応も外国船舶であったため対応も制限されたが、一方的な日本のマスコミの報道で悪人に仕立て上げられた観もある。

 こうした報道姿勢は背景に、戦後のGHQによる情報統制の影響が色濃く見られるもので、謀略的な情報のコントロールが今も続いているようだ。
 人道的な見地との主張なのか、乗船客に日本人が多いといったことなのか判断は出来ないが、本来であれば船舶運行会社のカーニバルが責任を持って対応すべきだが、対応についての報道は皆無という事実を認識しておく必要がある。

 サンフランシスコ沖合に停泊しているクルーズ船「グランド・プリンセス」もカーニバルの運行である。

 先月「グランド・プリンセス」に乗船した客の1人が新型ウイルスで死亡したことが分かり、「グランド・プリンセス」にヘリコプターで検査キットが運び込まれた。

 サンフランシスコ当局によると、35人に発熱などの症状がみられたが、一部の人は症状が治まったという。日本人の乗客・乗員計4人がいるという。



ひとこと

 この「グランド・プリンセス」は入港先であったメキシコから寄港を拒否され、サンフランシスコに向かったものである。
 同様に、「ダイヤモンド・プリンセス」も日本政府は入港を拒否して、米国領のグアムに向かわせるべきであったが、どうして横浜港に入港させたのか疑念がある。

 政治的判断であれば問題であり、エボラであったとしても同じ行動を取りかねない。
 こうした偏った判断をする背景をマスコミは取材して報道すべきだが、幼稚なお遊戯のごとき報道番組が多く末期的なニュースであきらかにできないのも現実だ。

 論点のすり替えが繰り返し行われ、国会で事実を追及する野党の素行も悪く、能力も低い。
 社会秩序の混乱が拡大した先には大きな揺り戻しが起きかねない危機的状況でもある。

 戦後、「かわいそう」という理論が最優先され少数の権益確保に大多数の国民の資産が簒奪されるなどの横暴が民主主義では修正不可能な状況となっており、極端な右傾化も現実となるのも止むを得ない選択と考える国民が増えるだろう。
 
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   

  
 
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親日派の指摘を詭弁で回避?


 韓国政府は9日、新型コロナウイルス対策の一環として安倍政権が実施の入国制限に対する対抗措置として反応、日本との短期滞在(90日以内)の
   ビザ免除措置を停止
し、日本人の入国制限に踏み切った。。
 
 これまでも外交問題として解決済みの元徴用工問題などをちゃぶ台返しで喧嘩を売ったことで関係改善への糸口が見えていない。
 喧嘩を売って技術や金を要求してきた韓国政府の政治工作のため日韓両国の修復はそもそも不可能であり、再び新型ウイルスが人的交流に影を落として強めた。
 
 
 韓国政府の措置はビザ免除措置の停止のほか、日本人に既に発給されているビザの無効化や日本からの入国手続きの厳格化などだ。
 
 また、韓国外務省は9日付で日本への渡航に関する警報を4段階で下から2番目の「旅行自粛」に引き上げたうえ「感染の恐れが一層懸念される状況」と警告した。
 
 文政権の影響を受け韓国メディアは、日本による入国制限を非難する声が上げた。
 
 一方、韓国からの入国者に隔離措置を講じている中国への対応とは異なるとして韓国政府を批判する新日韓国人の意見が広がりを見せているが、こうした意見はメディア工作などで無視し封殺しているのは、日本人へ「韓流」工作に加担した日本メディアの忖度が続いているため、情報として日本に流れ込むまでには至っていない。
 
 こうした新日派の指摘に大統領府報道官は8日、「韓国が強硬なのではなく、日本の措置が過剰だった」と反論している。
 また、日本側の規制により韓国人留学生約1万7000人と駐在員、旅行客が相当な困難を経験することになると説明し、主権国家としてすべきことをしたと正当性を強調したが、日本領土の竹島を軍事先行して支配したままの状況に対する国際司法裁判所の判断を求めることは拒否しているといったご都合主義的な思考がまたもや垣間見られる。
 
 そもそも保健福祉省の発表で、韓国での感染者は8日、累計7313人に達し、死者は50人となった事実がある。
  
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
 
     
posted by まねきねこ at 05:43 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口先だけでは緊急事態には対処は出来ない愚民政治家が多すぎる

  

 日本政府では地震や台風などの大規模災害から、ハイジャックや爆弾テロの重大事件、ミサイル攻撃を受けた際の国民保護などの対応に当たる危機管理専門の内閣官房の「事態対処・危機管理担当」(通称・事態室)が
   新型コロナウイルス
への指揮にが当たった。
 
 ただ、感染症対策は不慣れなため統帥が取れないため、結局、各省庁がバラバラに対応するケースが相次ぎ醜態を晒した。
 そもそも、感染者が発症した米国のクルーズ船を横浜港に接岸させるといった危機管理の低さが問題であり、米国トランプ政権に媚びを売り忖度の域を出て国難を小字させたとも言うべき「危機管理」をアピールしたことと大きな齟齬があった安倍政権にとっては、福島原発の冷却水の電源消失といった非常事態に対応が出来なかった菅政権の醜態と同様ともいえる混乱ぶりは痛手になっている。

 感染症対策を本来担うのは、同じ内閣官房の
   「国際感染症対策調整室」
だが、事業仕分けや公務員の数の削減など野党が政権時代の負の遺産で人員も権限も限られたまま放置されており、結局スタッフは関係閣僚会議の準備や議事進行など内部調整に追われ対応が後手に回った。
 
 当然のことながら、危機意識が低い政権に対する与党の厚生労働族議員から「全く機能していない」など不満が広がっている。
 
 

ひとこと

 マスコミ受けする発言で動いてきた政治家の醜態は有事に曝け出すものだ。

 与野党ともにマスコミの影響力を利用することで政権を維持してきた結果だ。

 海外の国際勢力や中国・韓国などの工作を受けているマスコミの動きは売国奴的になってきている実体がある。

 国民の無脳化を画策し、考えさせないよう女子アナなど幼児的なお遊戯報道がニュース関連の番組で目立っているのも背景にある編集部門の職員等が工作を受けている結果にも見える。

 民間企業がバブル崩壊後に、コストカッターしかできない後ろ向きの社員が地位を上げたこととで歪な組織運営となり企業の方向性が判断で瑕、選択的な成長分野への投資の誤りが企業の存亡の危機を生じさせているのと同じ流れだろう。

 経営幹部が判断能力が低いため撤退時期が読めないためだ。

 先読みして的確な判断が出きる人材を冷遇し続ける政府内部の官僚組織内部は首相の質で大きく低下し続けているのが現状だろう。 


 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
 
    
posted by まねきねこ at 05:18 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

サウジでクーデター未遂事件で王族メンバー2名を逮捕


 サウジアラビア当局は、王族の有力メンバー
   アハマド・ビン・アブドルアジズ王子(サルマン国王の弟)
   ムハンマド・ビン・ナエフ前皇太子
の身柄を6日に拘束したと、この事情を知る関係者が明らかにした。

 ウォールストリート・ジャーナル(WSJ 米紙)は7日、2人の拘束はクーデター計画に関連していると伝えた。
 なお、ロイターでは拘束理由を確認できていない。

 これまでサウジの事実上の支配者であるムハンマド皇太子は、王族メンバーらを拘束するして資産を吐きださせ、権力掌握を進めてきた荒い手法に対して王族内から反発の声も上がっている。
  
 また、2018年の記者殺害や昨年の石油施設攻撃を受け、国のリーダーとしての資質を疑問視する意見も一部から出ていたという。
 
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
 
    
posted by まねきねこ at 19:44 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国政府の報復措置は科学的か?

 
 日本政府は5日、3月9日から3月末まで、中国と韓国の国民に対し
   発行済みの査証(ビザ)
の効力を停止し、中韓両国から日本への入国者に対し指定の場所で14日間の待機を要請すると発表した。


 中国外交部(外務省)の趙立堅報道官は6日、日本の措置について中国側は各国が自国と外国の国民の生命の健康を守るために講じる
   科学的で専門的な措置
について理解を示し、それと同時に、関連措置は合理的な範囲を超えてはならないとする見解を示した。

 また、現在の情勢においては、各国が自国と外国の国民の生命の安全と身体的健康を守り、地域と世界の公衆衛生上の安全を守るために、科学的、専門的、適度な措置を講じることは理解できると日本の措置を支持すると同時に、関連措置は合理的な範囲を超えるものであってはならないと韓国の措置を批判した。
  
 
 
ひとこと
 
 韓国国内でのコロナウィルスの発生急増に置ける対応としては妥当であり、韓国政府の報復的な日本への対応や中国からの一律的な中国人の排除などを批判したともいえる発言であり、科学的な取り組みを行っていると主張する韓国政府への不信感を暗に示しているとも言える。
 
 なりふり構わず次期大統領選挙モードを模索する文大統領の政権の素行の悪さは大きな禍を韓国にもたらすことは自業自得ともいえるものである。
 
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
 
    
posted by まねきねこ at 18:56 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羹にも懲りない?

 反日政策を変える気のない韓国の
   康京和(カン・ギョンファ)外交部長官
は6日午後、無法状態で感染者が拡大し続け鎮静化の気配すらない韓国の現状を見れば新型コロナウイルスの感染拡大防止として日本政府が韓国からの入国を大幅に制限する方針を示したことに対し、冨田浩司・駐韓日本大使を呼びつけたうえ抗議したという。

 世界の60カ国以上が韓国からの渡航禁止措置を行っているが、外交部長官が駐韓日本大使のみを呼び出すのは異例で、韓国民向けに「文政権の対応遅れ」への批判を反日に擦り返る姑息な目論見のひとつだ。
 
 趙世暎(チョ・セヨン)第1次官が呼ぶとされていたが、自信への批判が大きくなっていたため、鎮静化を図るためか変更になったようだ。
  
 メディアへのアピールのため、露骨にも冨田大使と握手もせず、呼び出したのは「露骨的な入国制限の強化措置を取ったことに対し、わが政府の厳重な立場を伝えるためだ。私が大使と面会することだけでも、われわれの認識を察することができると思う」と遺憾を表明し、日本政府による入国制限措置の撤回を求めた。

 また、韓国政府は世界的に認められている
   優秀な防疫体制
を通じ、新型コロナウイルスを厳格に管理しているにもかかわらず、日本政府がこうした不当な措置を取ったことに遺憾を表明する。
  
さらに、追加措置を取らないように数回にわたり求めたにもかかわらず、十分な協議はもちろん、事前通知もなく、入国制限措置を強行したことに慨嘆を禁じ得ないと語気を強めた。


 なお、冨田大使は「本省に報告する」と話した。
 外交部は5日夜には相馬弘尚総括公使を呼んで説明を受けた。
 同部が同じ事案を巡り、在韓大使館の高官2人を相次いで呼んだことも異例といえる。
  

 
ひとこと
 
 韓国政府の姑息な対応は敵視政策そのものだろう。
 コロナウィルス対応では、韓国人と宇の入国制限を行っている国は60カ国以上ある。
 この60カ国は事前に韓国に通知したのか?また、通知していない国の大使等を呼びつけ握手もせずに抗議したのか?
 
 韓国内で高まる文政権への批判、特に無脳とさえ指摘され康京和外交部長官への告発が起きているため、批判の矛先を回避しようと目論む姑息な手法を取ったと見なされるものだ。
 
 こうした信頼性の欠如した自己中心的な韓国政府への対応は経済制裁を徹底して行く必要があり、日本に言いがかりをつけ喧嘩を売っているものだ。
 繰り返される韓国政府の暴走外交につき合う必要はなく、外交断絶まで考慮すべきだろう。
 
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
 
   

posted by まねきねこ at 07:41 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型コロナウイルスの感染拡大が米国で拡大


 新型コロナウイルスの感染拡大が韓国、中国、米国などで続き、世界の感染者数は10万人を突破した。
 データを集計すると世界標準時で6日午前9時現在、感染者数は世界で10万199人となった。
 中国の感染症例は累計で8万552件に達した。
 また、死者は30人増の計3042人となった。
 
 後手に回った文大統領の韓国の感染者数は6593人に増加した。
  
 米国では、ワシントン州シアトル地域で20人、ニューヨーク州は11人の陽性がそれぞれ新たに確認された。
 多くのテクノロジー企業が本拠を置くシリコンバレーの中心地であるカリフォルニア州サンタクララ郡では感染者が6人増えて20人となった。
 同郡は多くの人が集まるイベントなどの延期ないし中止を勧告した。
 また、ニュージャージー、メリーランド両州でも初めて感染が報告された。

 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
 
   
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

コロナウィルスの感染数が気になるところ


 3月2週(9日−13日)の日本株は、前週に続いて値動きの荒い展開が見込まれる。新型ウイルス感染者数の拡大に警戒が続く中、国内外で発表される経済指標で深刻な影響が明らかになれば、日経平均で2万円の大台割れを探る相場になるだろう。

 週末からコロナウィルスの診断が保険で可能になっており、感染者の増加数が気になるところだ。


  
posted by まねきねこ at 07:42 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイミングが重要


 ATLキャピタルの投資ディレクター
   イグナシオ・カントス氏
は、「新型コロナウイルスによる経済への打撃はどれほどかという重要な疑問が解明されておらず、ヒステリーや混乱」が相場を下落させていると分析し、「投資家は最悪のシナリオを想定して売りを出している」と述べた。


ひとこと

 リスクを呑み込む段階ではない。
 利益の最大化にはリスクを呑み込みことが必要だが、タイミングがまだ解らない。


  
posted by まねきねこ at 07:40 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国雇用統計が堅調


 米国では2月、雇用者数が大幅に増加し新型コロナウイルスの感染拡大が加速する前の段階では、米労働市場は特に堅調だったことが示唆された。

 2018年5月以来最大の伸びとなった。2月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比27万3000人増
事前調査のエコノミスト予想では17万5000人増だった。

 また、前月は27万3000人増(速報値22万5000人増)に上方修正した。


 家計調査に基づく失業率は3.5%に低下(前月3.6%)した。エコノミストの予想は3.6%。

 平均時給は前年同月比3%増(前月は3.1%増)と予想と一致した。

 雇用者数の大幅増は、新型コロナを巡る懸念が強まる中でも雇用が底堅さを保ったことを示唆した。

 ただ、今回の統計は2月半ばまでの状況を反映したもので、諸外国での混乱や国内での感染拡大の影響が広がる前の段階でしかない。

 
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

   

posted by まねきねこ at 06:33 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リスクのよる経済変動で金を儲ける国際資本



 米国国務省でユダヤ系のポンペオ長官は6日、米国大手メディアのCNBCとのインタビューで、新型ウイルス流行の「初期段階に入手していた情報は不完全だったため、われわれは現時点で一段の困難に直面し、対応で後手に回る状況になった」と中国を批判した。

 中国が公表した新型コロナウイルスに関する
   「不完全な」データ
は米国のウイルス対応の妨げになったとの主張だが、大統領選挙戦を意識しており、米国民からの対応の遅れを批判されるのを検視した発言を行い、情報入手を巡り中国政府に対するいら立ちを露骨に示した。

 ポンペオ長官はさらに「中国共産党からデータを入手することが信じがたいほどもどかしいことが示された」と批判した。
 同時に、中国政府が講じた新型ウイルス食い止めに向けた一連の措置については「満足している」とちぐはぐの発言であった。
 
 なお、米国が新型ウイルスを制御できると確信しているとも言明した。
 長官はFOXニュースとのインタビューでも「中国発のデータは不完全だ」と語っている。
  
  
 
ひとこと
 
 米国でインフルエンザが大流行しているのは周知の事実であり、昨年は7万人、今年でも1.2万人の感染による死者が出ていることと比較すれば、感染力の強さは現状で強いといえるのかどうか。
 
 マスコミの煽り報道で過度に政治家が反応している可能性もある。
 
 実際、今年のインフルエンザによる死亡数との比較報道を聞いたことがない。
 


       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  

posted by まねきねこ at 06:28 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大幅減産を勧告


 
 石油輸出国機構(OPEC)加盟国の閣僚らは、原油生産の追加削減に抵抗するロシアの同意を待たずに
   大幅な減産を勧告
するという賭けに出た。

 新型コロナウイルス流行で需要が落ち込み、原油価格は下落傾向がある。

 このため、OPECは対応策を模索している。

 ただ、ロシアが6日に今回の提案を受け入れなければ
   「合意は成立しない」
とサウジが主導いてきたOPECの動きに対し、イランのザンギャネ石油相は記者団に話した。

 ザンギャネ氏によれば、OPECはウィーンで5日開いた閣僚会合で、4−6月(第2四半期)に日量100万バレル減産することで合意した。OPEC非加盟の主要産油国は50万バレル減産することになっているという。

 
 ただ、ロシアのノバク・エネルギー相はこの会合に参加していない。
 同相は4日、減産反対の姿勢を示してウィーンを離れた。


ひとこと

 サウジの思惑で原油相場が反転する可能性は低い。

 経済制裁で市場を失ったイランが回帰する可能性もある。

    


posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする