市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年03月07日

コロナウィルスの感染数が気になるところ


 3月2週(9日−13日)の日本株は、前週に続いて値動きの荒い展開が見込まれる。新型ウイルス感染者数の拡大に警戒が続く中、国内外で発表される経済指標で深刻な影響が明らかになれば、日経平均で2万円の大台割れを探る相場になるだろう。

 週末からコロナウィルスの診断が保険で可能になっており、感染者の増加数が気になるところだ。


  
posted by まねきねこ at 07:42 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイミングが重要


 ATLキャピタルの投資ディレクター
   イグナシオ・カントス氏
は、「新型コロナウイルスによる経済への打撃はどれほどかという重要な疑問が解明されておらず、ヒステリーや混乱」が相場を下落させていると分析し、「投資家は最悪のシナリオを想定して売りを出している」と述べた。


ひとこと

 リスクを呑み込む段階ではない。
 利益の最大化にはリスクを呑み込みことが必要だが、タイミングがまだ解らない。


  
posted by まねきねこ at 07:40 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国雇用統計が堅調


 米国では2月、雇用者数が大幅に増加し新型コロナウイルスの感染拡大が加速する前の段階では、米労働市場は特に堅調だったことが示唆された。

 2018年5月以来最大の伸びとなった。2月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比27万3000人増
事前調査のエコノミスト予想では17万5000人増だった。

 また、前月は27万3000人増(速報値22万5000人増)に上方修正した。


 家計調査に基づく失業率は3.5%に低下(前月3.6%)した。エコノミストの予想は3.6%。

 平均時給は前年同月比3%増(前月は3.1%増)と予想と一致した。

 雇用者数の大幅増は、新型コロナを巡る懸念が強まる中でも雇用が底堅さを保ったことを示唆した。

 ただ、今回の統計は2月半ばまでの状況を反映したもので、諸外国での混乱や国内での感染拡大の影響が広がる前の段階でしかない。

 
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

   

posted by まねきねこ at 06:33 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リスクのよる経済変動で金を儲ける国際資本



 米国国務省でユダヤ系のポンペオ長官は6日、米国大手メディアのCNBCとのインタビューで、新型ウイルス流行の「初期段階に入手していた情報は不完全だったため、われわれは現時点で一段の困難に直面し、対応で後手に回る状況になった」と中国を批判した。

 中国が公表した新型コロナウイルスに関する
   「不完全な」データ
は米国のウイルス対応の妨げになったとの主張だが、大統領選挙戦を意識しており、米国民からの対応の遅れを批判されるのを検視した発言を行い、情報入手を巡り中国政府に対するいら立ちを露骨に示した。

 ポンペオ長官はさらに「中国共産党からデータを入手することが信じがたいほどもどかしいことが示された」と批判した。
 同時に、中国政府が講じた新型ウイルス食い止めに向けた一連の措置については「満足している」とちぐはぐの発言であった。
 
 なお、米国が新型ウイルスを制御できると確信しているとも言明した。
 長官はFOXニュースとのインタビューでも「中国発のデータは不完全だ」と語っている。
  
  
 
ひとこと
 
 米国でインフルエンザが大流行しているのは周知の事実であり、昨年は7万人、今年でも1.2万人の感染による死者が出ていることと比較すれば、感染力の強さは現状で強いといえるのかどうか。
 
 マスコミの煽り報道で過度に政治家が反応している可能性もある。
 
 実際、今年のインフルエンザによる死亡数との比較報道を聞いたことがない。
 


       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  

posted by まねきねこ at 06:28 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大幅減産を勧告


 
 石油輸出国機構(OPEC)加盟国の閣僚らは、原油生産の追加削減に抵抗するロシアの同意を待たずに
   大幅な減産を勧告
するという賭けに出た。

 新型コロナウイルス流行で需要が落ち込み、原油価格は下落傾向がある。

 このため、OPECは対応策を模索している。

 ただ、ロシアが6日に今回の提案を受け入れなければ
   「合意は成立しない」
とサウジが主導いてきたOPECの動きに対し、イランのザンギャネ石油相は記者団に話した。

 ザンギャネ氏によれば、OPECはウィーンで5日開いた閣僚会合で、4−6月(第2四半期)に日量100万バレル減産することで合意した。OPEC非加盟の主要産油国は50万バレル減産することになっているという。

 
 ただ、ロシアのノバク・エネルギー相はこの会合に参加していない。
 同相は4日、減産反対の姿勢を示してウィーンを離れた。


ひとこと

 サウジの思惑で原油相場が反転する可能性は低い。

 経済制裁で市場を失ったイランが回帰する可能性もある。

    


posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海運業界が大打撃を受けそう



 中国運輸省は2019年に、米中貿易戦争にもかかわらず、7月までの主要49港のコンテナ輸送量は
   1億3270万TEU(20フィートのコンテナ)
で、2018年の最初の7カ月と比較して4.5%増加したと報告した。

 当時、コンテナ船の顧客は、米中貿易摩擦の緩和で需要が急増し、コンテナの入札競争を引き起こすことを恐れて、価格を吊り上げていた。
 ただ、中国が工業生産を大幅に削減したことで、商品需要が減少し、製油所の操業も抑制されたため、コロナウイルスの発生は海運業界全体に打撃を与えた。

 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
     
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする