市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年03月29日

韓国で医療崩壊の兆し


 韓国メディアの韓国日報は、新型コロナウイルス感染をめぐる大韓感染学会の
   白敬蘭(ペク・キョンラン)理事長(サムスンソウル病院)の発言が注目を集めていると伝えた。
 白理事長は同日、SNSで「医療関係者は疲れている」「外国人まで治療するほどの余力はない」などと訴えた。
 
 また、「ほとんどの国が韓国からの入国を規制している。韓国政府が主張する相互主義に基づき今からでも外国人の入国を禁止してほしい」と求めた。
 韓国では最近、海外旅行に行ってきた人や留学生、外国人など海外から来た人による感染流入のケースが増えている状況。
 これまで何度も、大韓医師協会などの専門家が外国からの入国を禁止するべきだと主張してきた。
 

 
ひとこと
 
 医療崩壊が起きるのも時間の問題だろう。
 


       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

    

posted by まねきねこ at 07:26 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薄汚い思考が蔓延する韓国の工作


 韓国の精度の悪い
   新型コロナウイルス検査キット
の輸出要請が世界中から相次いでいるという。
 こうした動きの中で、韓国大統領府の国民請願掲示板に
   「検査キットの名前を独島(竹島の韓国名)にしよう」
と提案する請願が20万人以上の同意を得たと伝え、韓国政府が日本に喧嘩を売るための工作が行わてていることが明らかになった。


 反日政策を政権維持の基本としている韓国大統領府は投稿から1カ月以内に20万人以上の同意を得た請願に対して公式の立場を発表しきた。
 文政権支持組織化らの請願と見られるものは25日に掲載され、27日午後に20万人の同意を達成した。
 午後4時30分の時点で同意者の数は21万1231人となっている。

 この請願は「世界各国が韓国を新型コロナウイルス対策の模範と考えており、最近はトランプ米大統領も韓国に検査キットの提供を求めた」と主張した上で、輸出用検査キットの製品名を「独島」にしてほしいと要請したうえ、これが実現すれば「独島の地位が大きく向上するだろう」と主張し、韓国の薄汚い工作活動を市民団体からの請願という手法で実施しようと画策し、日本に喧嘩を仕掛けた。
 
 次期韓国選挙の候補者登録が始まり、3割強が殺人など前科がある者が含まれている。
 
 コロナウィルスへの対応の遅れで強い逆風が吹いている文政権の起死回生の手法のようだ。


 韓国・YTNによると、外交ルートを通じて韓国に検査キットの輸出を要請した国は26日の時点で51カ国に上るため、これを受け韓国外交部は支援可能な検査キットの有無を調査し、支援方法を議論するための作業部会を設置した。
 この輸出製品名を「独島」とすることについて、検査キット生産メーカー「ソルジェント」のユ代表は「K-バイオ、K-検査のブランド化について議論を進めているため、十分考えられる状況だ」と主張したと言う。
 
 
 
ひとこと
 
 桜が日本ではなく、韓国発祥と主著するなどこれまで何事も韓国が発祥或いは起源の地と宣伝をする思考であり、世界の人たちが韓国の李承晩が軍事侵攻し実効支配を続ける日本領土の竹島を独島と称した工作を大々的に行えば、韓国がコロナの震源地と認識し、韓国の問題として袋叩きにする可能性が強まり逆に大々的に行えば墓穴を掘る可能性が高いかもしれない。
 
  

posted by まねきねこ at 07:21 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忖度政治の行きつく先は国民への危害を拡大させたるもの

   

 トランプ米大統領は27日米ゼネラル・モーターズ(GM)に人工呼吸器の製造を急ぐよう命じた。

 大統領はこれまで国防生産法には消極的だったが後手に回った感染症対策への批判が激化し、次期大統領としての芽は摘まれており、恨みを買った発言で暗殺されるリスクを負ってきたため適用に踏み切ったようにも見える。
 
 同法は朝鮮戦争当時に成立し、緊急時に民間企業に物資の生産・調達を命じることが可能になる。
 また 議会下院は27日、2兆2000億ドル規模の新型コロナウイルス関連経済対策法案をほぼ全会一致で可決させている。
 トランプ大統領が直ちに署名し、法案は成立した。


 
ひとこと

 品のない安倍首相の妻の行状を批判され手も別の人格だと庇う姿勢は首相としての資質が問題となる。
 こうした思考を支援する官僚機構の為体は話にもならない亡国的な流れを加速してきた。

 おり、元首相の大会組織委員会の喜朗会長 への忖度が、コロナウイルスへの対応の遅れなど日本国民の安全・安心を犠牲にしたとも言えるものだ。
 本来、コロナウイルスへの対応に打ち勝つ期限を明示する必要があるが、夏季の高温で収束するといった淡い期待があるのか1年延長という根拠が示せず曖昧なままだ。

 収束しなければ、再度延長はなく中止に追い込まれかねないことの方が問題であり、延長するのであれば2年にすべきだろう。

 対応の遅れで被害が広がってきており、実に、オリンピックを開催する時点では、首相や都知事、オリンピック大会の会長など全て新しいメンバーにして新規一転して開催する方がよい。

 阿呆の思考に忖度した政治をいつまでも続けることで社会秩序が混乱し、大きな揺り戻しが起きるリスクを意識すべきだろう。

 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

   

posted by まねきねこ at 06:47 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする