市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年05月04日

主観的ともいえる杜撰な数値を根拠に判断するのか?


 西村再生相は3日の記者会見で
   緊急事態宣言の延長
に関し、東京など13の特定警戒都道府県と他の34県は「分けて考えるべきだ」と述べた。

 特定警戒都道府県では「まだ収束に向けての新規感染者の減少の仕方が8割削減前に比べ緩やかになっていると指摘した。
 これを理由にして、「延長して引き続き8割接触削減をお願いする」と続けた。

 一方で、他の県は感染防止策をしっかり取った上で「一定の緩和を容認していく方向で調整している」と語った。

 13の都道府県についても、公園や美術館、博物館、図書館などでの社会的な活動を一定程度認めてもよいのではないかとの提言が専門家から出ていると話した。
 
 これことを受けて、「明日の専門家会議の議論を踏まえてしっかり対応していきたい」と述べた。

 安倍政権が指名した専門家会議は4日に会合を開く。西村再生相は感染予防を重視する
   新しい生活様式
について「より具体的な例示、提案が行われる見通しで、基本的対処方針でもしっかり明記していきたい」と述べた。
 
   

ひとこと

 判断に迷いがある首相の御用委員会のメンバーが忖度した判断なのか、五輪開催の対応でコロナ感染への対策の遅れへの国民の多くからの批判が多いことを忘れているようだ。

 権威を付与された委員会はコロナ感染拡大における対応の遅れへの責任に対して、謙虚さもない。

 単に、自粛要請に終始し、同業者への配慮のみに終始しており、本質的な数値を明らかにもせず正確性に欠ける判断ではないのか。

 そもそも、感染者数が意図的な検査の抑制で数値をコントロールしており、減少率という判断の拠り所にするにしては杜撰だろう。

    

posted by まねきねこ at 08:39 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杜撰な政治判断を信頼できるのか?


 安倍晋三首相は6日に期限を迎える
   緊急事態宣言
について、今月末の31日まで延長する方向で最終調整に入ったことが明らかになった。
 東京都の小池百合子知事が3日夕に
   配信した動画
で明らかにしたもの。
  
 安倍政権が指名した専門家会議では1日
   感染者数減少のスピード
が期待されたほどではなく
   医療提供体制
が十分に整備できていない地域がある。
 この事態から、当面は現在の枠組みを維持することが望ましいと提言したという。


 安倍晋三首相がこれを受けて同日
   全国一律
で1カ月程度の延長を軸に調整すると表明した。
  
 小池知事は3日、緊急事態宣言の延長について
   西村康稔経済再生担当相
に照会した際、「5月31日まで延長の方向でまとめている」と回答があったことを明らかにした。
 なお、学校など東京都としての対応について5日にも公表する方針を示した。
  
 延長方針は4日朝開かれる専門家会議で再度データを検討した後、基本的対処方針諮問委員会、国会報告を経て政府の対策本部で決定する。
 安倍首相は同日夕に記者会見して国民に説明する。


ひとこと

 首相も都知事も五輪最優先にともなう対応の遅れが、日本国民の健康被害を拡大させた失政を行った責任がある。
 そもそも、専門家会議が主張する減少率は明らかにもされておらず、感覚的な主張ともいえる。

 コロナ感染者数の増加を故意の抑制する動きもあるが、本来は死者数の動向が重要である。
 感染者数は検査を行ってもいないため、こうした数値で判断するのは科学的ではないだろう。


 ケンブリッジ大学が明らかにしたABC型区分のコロナ肺炎では日本の感染者の割合も明らかでなく、死者に占める区分割合も明らかでない。
 単に検査した感染者の動くでの判断だろう。

 また、渋谷の人出について言及しているが、無作為にこの人出の映像の人を検査するなど感染者数の割合を調べることすらしておらず、単なる人手の多寡でしか見ていない杜撰さだ。

 緊急事態宣言の継続の判断の根拠が杜撰であり、単に安倍政権の対応の悪さをカモフラージュするものでしかない。
  
posted by まねきねこ at 08:23 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バフェット氏 航空会社の株式をすべて売却


 米国資産家で著名投資家
   ウォーレン・バフェット氏
は2日、経営する投資・保険会社
   バークシャー・ハサウェイ
が、保有していたデルタ航空とサウスウエスト航空、アメリカン航空グループ、ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスの株式を全て手放したことを明らかにした。
  

 バークシャーは4月に計65億ドル(約6950億円)相当の株式を手放した。
 その大半がこれら米4大航空会社のものだった。

 バフェット氏は過去にUSエアウェイズ(当時)への投資で痛手を負った。
 その後、業界への投資を控える意向を示した。

 2016年に再び株式保有に動いた経緯がある。


ひとこと

 投資による価値の増加が見込まれれば投資し、下落するようであれば売りに回るのは当然。


   
posted by まねきねこ at 07:54 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然界由来であると確認(WHO)


 世界保健機関(WHO)は5月1日
   新型コロナウイルス
は自然界由来であると確認したことを明らかにした。

 WHOの健康危機管理プログラム責任者
   マイク・ライアン氏
は同日行われた記者会見で、「WHOは新型コロナウイルスの遺伝子配列とウイルス自体を詳細に研究している複数の専門家から何度も聴き取りを行った結果、新型コロナウイルスは自然界由来だと確認した」と述べた。

 また、現在重要なのは、新型コロナウイルスの
   自然界における宿主
を確定することであり、それは主に、新型コロナウイルス及びウイルスがどのようにして種の違いを超え、動物からヒトへの感染が起こったかをさらに理解するためだ。
 この点を理解して初めて、対応する予防措置と公衆衛生上の措置を講じ、今後類似の感染症が再び発生することを防ぐことができる。


 WHOはこの点に関して各国と協力を展開していくと述べた。
ひとこと
 WHOの対応の遅れが世界への拡散を引き起こしたのも事実だろう。
   

  
posted by まねきねこ at 07:07 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

完治の基準が揺らぐ?


 香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は30日、中国南西部・重慶にある陸軍軍医大学の研究チームは28日、科学専門誌ネイチャーの姉妹誌「セル・リサーチ」に研究チームが「われわれの研究が、コロナ完治と判定された患者の肺にウイルスが残留していることに関する最初の病理学的証拠を提示した」と自評する研究結果をまとめた論文を掲載した。

 研究チームでは、新型コロナウイルスに感染し、完治したと判定されて退院したものの1日後に死亡した78歳の女性についての剖検結果を基に、論文を作成した。

 患者は1月27日に入院し、新型コロナウイルス陽性と判定された。

 その後、治療を受けて症状が緩和し、3回の検査でいずれもコロナ陰性と判定された。
 CT撮影の写真も正常だったため、2月13日に退院したが、翌日に患者は心臓まひで突然死亡した。

 研究チームは剖検を通じ、まず肺の組織から
   ウイルス感染
による損傷の痕跡を発見し、正確な確認作業に入った。

 患者の口にチューブを入れ、食塩水を肺胞に注入してそれを回収した。
 回収液を確認する気管支肺胞洗浄方式で新型コロナウイルスが検出されるかどうかを確認した。
 その結果、患者の肺の内部奥深くの肺胞の中から新型コロナウイルスが検出された。

 今回の研究結果は、コロナ完治と判定された患者の一部が再び陽性反応を示すことについて、追跡の端緒を提供できる可能性があるという点で注目を集めた。 

 SCMPは「各国でコロナに再感染するケースが出ているため、世界保健機関(WHO)も再感染の原因を究明するために調査に乗り出している」と伝えた。
 2月に中国・広州で実施された研究でも、完治した患者の約14%が新型コロナの陽性反応を示し、病院に入院していたことが分かった。

 一方、研究チームは今回の研究に活用した気管支肺胞洗浄方式を通じた新型コロナウイルスの検出有無確認を、コロナ検査に広く活用すること 

  

posted by まねきねこ at 03:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする