市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年05月06日

嘘つき首相の閣僚らしい傲慢な姿勢は問題だ


 コロナ対応での失政をした安倍諸省率いる政権の
   新型コロナウイルス感染症
への対応を担う
   西村康稔経済再生相
は6日の記者会見で、大阪府の
   吉村洋文知事
が緊急事態宣言の具体的な解除要件を政府が示さないことを理由に
   独自の「出口戦略」
を打ち出した点を問われ、「何か勘違いをされているんじゃないかと思う。強い違和感を感じている」と批判した。


 吉村氏は5日、休業と外出自粛要請について府独自の解除基準を発表した際
   「具体的な基準」
を示さず、
   単に緊急事態宣言を延長するのは無責任
と指摘したことに対する報復発言だ。
  
 本来、明確に示すべき解除帰順を明らかにできない無能ともいえる安倍のマスクや10万円緒支給などもやる気がないまま放置している政府の能力の低さを露呈した。
 
  
 安倍首相の記者への延長に関する説明の内容も単なる言葉の羅列であり、政権を支える官僚自体の能力の引き差を感じさせる出来事でしかない。
 
 幼稚でお仲間意識だけで成立しているのか、嫌がらせなどの行為を演じかねない気色悪さを説明では感じた人も多いだろう。 
 
 解除基準が示さないまま政府の指示に従えと言わんばかりの権威主義を見せつけている。
 
 本来、コロナ対策での検査すら実施出来ない嘘つき内閣の閣僚の傲慢な姿勢だけで日本経済を再加速できることなど無理な話だ。
 
 こうした能力の低い他力本願的で責任を他人に押し付ける様な政権は総辞職すべきだろう。
 
 大本営発表の類ではコロナ肺炎と野戦に負けることになりかねない。
   

   
posted by まねきねこ at 20:40 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

K防疫の本質


 
 安倍政権の姿勢に対する世論から繰り返される指摘にもかかわらず、作為的に保健所の検査対応に限定する姿勢が強く、検査機関や一般病院や診療所などにおける検査の実施をさせていないため検査件数は依然として目標に達成していない。

 4日の記者会見で、「検査の件数を増やす考えはあるのか」という質問が続いたが安倍晋三首相は、「増やす考えがなかったことは絶対ない。民間の検査機関を拡充している」と説明しただけだ。

 しかし、人口10万人当たりの検査件数はイタリアとドイツが約3千件、韓国が約1200件なのに、日本は約190件にすぎない点から意図的に検査実施を抑制しているのは明らかだ。
 
 

ひとこと

 韓国のK防疫などという手法は北朝鮮からの細菌兵器におる攻撃などを想定した軍の対応措置がもともと出来ているためであり、工作員が細菌を用いたテロを実施した場合の感染拡大措置が徹底で切るためだ。 

 本来、自衛隊の防疫部隊を用いれば同様の対応は出来るが、日本国民の自由を奪うため、実施すれば強い反発がマスコミを中心に起きただろう。

 検査機器も有事対応のものであり、日本の自衛隊が保有することは野党やマスコミが批判し、会計検査院も問題視し保有が出来ないシステムだ。
 有事に備えられない民主主義という名を借りたリスクを放置してきた害が露呈したものでしかない。

 K防疫を称賛するマスコミだが、テロ国家と隣接している韓国のスパイ対応のシステムを称賛するのと同じだが、平時に日本のマスコミが称賛するかどうかは疑問だ。 

  


posted by まねきねこ at 09:32 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金相場大きく反発


 ニューヨーク金先物相場は米中両国の対立リスクや新型コロナ感染拡大の第2波が到来する可能性を背景に、逃避需要が膨らみ続伸した。
 
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は
   1オンス=1731.30ドル(前日比+12.40ドル(0.7%))
で終了した。


  
posted by まねきねこ at 06:59 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国の新型コロナウイルスの流行状況をまとめた「分析報告」を公表


 米国疾病管理予防センター(CDC)は公式サイトで
   アン・シュチャット上席副主任
らが米国の新型コロナウイルスの流行状況をまとめた
   分析報告
を掲載した。
 報告には、持続的な旅行者の入国、大規模な集会、防護措置の不足、検査が不充分という
   4つの問題
が米国での感染症蔓延を「制御不能」にしたと指摘している。

 報告は米国の感染症蔓延を次の3段階に分けた。


 1月21日から2月23日、米国本土での感染者はわずか14人で、そのほかに海外から帰国した39人が感染した。
 2月下旬、感染症流行地域への渡航歴がない、および
   接触歴を追跡できない感染者
が現れ、感染症が米国本土に蔓延し始めていることを示した。
 3月中旬から4月21日、新型コロナウイルスの感染が広範囲に急速に広まった。
 感染者が急増し、その間に感染が報告された大多数がコミュニティ感染となった。

 米国での感染症蔓延を加速させた4つの理由として、

 1つ目は、政府が
   渡航制限令
を迅速に発表せず
   海外からの侵入が増加
し続けた。
 2月、感染症が広範囲に急速に蔓延していたイタリアからの旅行者約14万人とシェンゲン圏(1985年に署名されたシェンゲン協定が適用されるヨーロッパの26の国の領域)からの旅行者約174万人が米国に入国した。
 3月、ニューヨーク都市圏で収集したウィルス株を
   シークエンシング(DNAを構成するヌクレオチドの結合順序(塩基配列)を決定すること)
したところ、これらは欧州または米国のその他の地区から来たことがわかった。

 2つ目は、各地から大勢が
   大規模集会
に参加したことが初期の拡散につながった。
 2月、米国本土での感染者は多くなく、拡散は抑えられたと思われていた。
 連邦政府と地方政府は密集の制限を迅速に促さなかった。
 2月の最後の週、ルイジアナ州で行われた100万人以上が参加したカーニバル、ボストンで開かれた175人が出席した国際専門会議、ジョージア州オールバニで行われた約100人が参列した葬儀などの数回の大規模集会により感染症が拡散した。

 3つ目は
   防護措置
が不充分だったことで、ウイルスが長期介護機関や病院などのハイリスクな場所およびニューヨーク都市圏などの人口密集区域に入り、感染が拡大した。
 CDCは4月3日になってようやく指導意見を発表し、公共場所でマスクを着用し感染を減らすよう要請した。

 4つ目は
   ウイルス検査
の難易度が高く、米国での流行初期と拡大加速段階に
   大量の発見されていない感染者
が存在した。


 新型コロナウイルスの蔓延が米国のインフルエンザの時期と重なり、感染拡大の初期段階で、米国各地の
   呼吸道疾患観測システム
は従来と異なる発症の動向を識別しなかった。

 そのほか、米国の
   検査規模が限られていたこと
により、すべての病例を発見できず
   無症状感染者
の存在も発見と感染抑制を難しくした。

 ただ、トランプ政権による予算制限などの報復の恐れもあるためか、報告では「ミス」を直接指摘していない。
 ただ、報告で列挙した4大要素は米国政府の
   政策判断ミス
と関係しているものだ。


 報告は、これらの米国での感染拡大要因を確認することは、今後の政策決定への情報提供につながると指摘した。
 新型コロナウイルスの米国での感染は今も続いている。

 多くの米国人が感染しやすい状況にあるため
   ウイルスの拡散
を阻止する努力を継続する必要があると続けた。


ひとこと

 客観的な分析だろう。

 日本の安倍政権の対応の遅れは、米国の報告以上に悪質であり、また、野党政治家の素行も同じ様なものだ。

 権威に胡坐をかいた名誉職の集まりともいえる御用委員会の分析報告書はまだ明らかにされていない。
 それとも政権の圧力で発表できないのか?

 単に日々の検査の実施状況などの数値を負うだけのマスコミへの公表に終始するだけでは話にもならない。

 分析で用いる検査者の数量が少ないため、大きな変位が生じかねないのが原因かもしれないが、数値の具体的な重症度の分析や接触者のルート、中国由来か、欧米由来か、それ以外かの分類も明らかに出来ていないのか、マスコミに流さないのか不明だ。 
  
 2月は武漢由来で3月に欧米由来といった表現だが、分析した数値や感染者の割合などが明らかではなく単なる韓国でモノを言っているような感じだ。
 そもそも、無症状の感染者の割合すらサンプル検査などを実施していないため、市中感染が広がっているといった表現のみだ。
 市中感染の広がりで軽度の武漢由来の感染が5%程度とも言われるが、欧米由来との差は不明だが...

 やはり無能な政治家のフレーズだけで対応できるとの思い上がりでは経済が大きく失速しかねない。
 能力の低い政治家に憲法を改正させるのは狂人に刃物を持たせるようなもので、有事と平時の対応判断が出来ていないため危険だ。
  
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

      

posted by まねきねこ at 06:53 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国務長官が「大きな証拠」あると発言


 情報機関から信頼されず距離が置かれているトランプ政権の
   マイク・ポンぺオ国務長官
はABCの政治番組「ディス・ウイーク(This Week)」に出演した3日、中国武漢にある研究所が新型コロナウイルスのパンデミックの発生源とする
   「大きな証拠がある」
と発言した。
 同長官はそこが始まった場所であるという大きな証拠がある」と述べた。

 これまで、北朝鮮との交渉で成果だだせないままだが、この問題への中国の対応を厳しく批判することで北朝鮮との交渉でも成果を見出せると踏んだのかもしれない。

 そのため、同長官は、ウイルスが意図的に流出されたと考えるかどうかについてはコメントを拒否した。
  

   
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする