市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年05月07日

社会秩序の崩壊を防ぐことが重要

 
 
 米国ジョンズ・ホプキンス大学が発表した最新の
   新型コロナウイルス
関連統計データで、米国の感染者は累計で120万人を、死者は7万人を突破した。
 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は現地時間5日、米ABCの「ABC World News Tonight」の司会であるミュアー氏からの独占インタビューに応じ、「規制解除による死者は、私たちが直面している現実か」と質問を受け、新型コロナウイルスの感染拡大の抑制を目的とする規制措置が各州で解除された後、「死者が一部出る可能性がある」と述べた。
 
 また、これは米国の
   規制解除
   経済再開
のための選択であると認めた。
 
 トランプ氏は「一部出る可能性がある。マンション、家屋、その他の住宅から出ることになるからだ」と述べた。

 トランプ氏は各州の規制解除を推進する必要性はあるかという問題について
   ソーシャルディスタンス
により麻薬使用や自殺が増えると指摘した。
 
 「何が起きているか見るといい。人々は職を失っている。我々はこれを取り戻さなければならない。これが我々が取り組んでいることだ」と続けた。
 米国の経済再開を促した際に、米国人が自らを「ヒーロー」と見なすことを奨励した。
 また、長期的にソーシャルディスタンスを厳守するのは非現実的と述べた。
 
 ただ、トランプ氏の感染症に対する楽観的な態度は、公衆衛生専門家の意見と異なっている。
 公衆衛生専門家は、効果的な治療方法とワクチンができるまで、新型コロナウイルスは引き続き重大リスクになると警鐘を鳴らした。


 
ひとこと
 
 解除判断基準を明らかにしたうえでも社会秩序が崩壊する可能性はあるが、曖昧なままではより強い不満が蓄積して秩序崩壊が加速しかねない。
 
   
posted by まねきねこ at 06:26 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陸間弾道ミサイル(ICBM)の戦力化完成に懸念


 韓国軍はメディアに対し、北朝鮮が平壌(ピョンヤン)順安飛行場近隣に
   大規模なミサイル支援施設
を建設しているという情報に関連し、北朝鮮の「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の戦力化完成」
が近づいていると評価した。
 
 ICBMの実戦運用に核心的な役割をする関連施設が初めて水面上と表れたという意味になる。

 軍当局者は「北がICBMを試験発射した後、これをどのように持続的に運用するかを見せる施設と考えられる」と指摘し「通常兵器の単なる性能改善とは意味が異なり、分析を進行中」と述べた。
 
 ミサイル専門家のクォン・ヨンス元国防大教授も「ICBM運用には支援施設が必須」とし「実際の運用を控えて維持、保守、整備などのための施設を用意する必要性があったはず」と話した。

 規模、時期、位置を見ると、該当施設の意味がよく表れている。

 米国の北朝鮮情報サイト「ビヨンド・パラレル(=分断を越えて)」は5日(現地時間)、報告書「シンリ弾道ミサイル支援施設」で、該当施設は車両移動型(ドライブスルー)で連結された3棟の大型建物、近隣の大規模な地下施設、衛星で観測されないよう隠した鉄道ターミナル、住宅団地などで構成されていると説明した。


 
ひとこと
 
 北朝鮮が日本に向け核兵器を発射する兆候を偵察帝政等で情報を把握した場合、専守防衛では日本国民に核兵器による数万単位の被害が生じることを平和的話し合いが出きるの神業が与野党政治家に出きるのか?
 
 そもそも、軍事情報でもある発射の兆候情報を工作員の影響下にある政治家に説明するリスクを考える必要がある。
 
 また、コロナ感染対応での優先順に問題がある政治家の資質を考えれば、これも問題だろう。
 
    


posted by まねきねこ at 06:13 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮が新たな弾道ミサイル関連施設を完成させた!!


   
 米国の北朝鮮専門サイト「分断を超えて(BEYOND PARALLEL)」が現地時間の5日、衛星写真を分析した結果、北朝鮮の首都平壌の順安国際空港近郊に
   新たな弾道ミサイル関連施設
を完成させたと報じた。(参考 報道記事)
 
 記事によると順安国際空港近郊の「シンリ」に新たな弾道ミサイル関連施設をほぼ完成させ、施設のうちもっとも高い建物はICBM=大陸間弾道ミサイルの「火星15」や北韓のすべての弾道ミサイルを十分収容できる規模ということです。
 
 この建物は、これまで知られていなかったもので、北朝鮮のすべての弾道ミサイル発射台や支援車両を十分収容できる地下施設の近くに建てられたという。
 
 この弾道ミサイル関連施設の建設を始めたのは2016年半ば以降で平壌から北西におよそ17キロ離れたところにあり、平壌にある弾道ミサイル部品工場と比較的近い場所のある。
 
 この施設はドライブスルー方式でつながっている3つの大きな建物、大規模な地下施設で偵察衛星では観測できないよう秘密裡に建設された鉄道ターミナル、住宅団地などで構成されている。
 この施設は
   弾道ミサイル作戦
を補強支援するために設計されたと見られる。
 このまま工事が順調に進めば年末か年明けには稼動の準備が終了するため大量破壊兵器開発が大きく進んでいることを裏付けるものだ。


ひとこと

 親北朝鮮・反日政策を展開している韓国文政権の無策ぶりを表すものだ。
 軍事侵攻を目論む金正恩の表面的な平和外交を信じた結果だろう。
  

  
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

     

    
posted by まねきねこ at 05:18 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする