市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年05月11日

題目と現実のギャップは大きい


 
 米国の国家安全保障担当
   ポッティンジャー大統領副補佐官
は4日の演説で
   「五四精神」を受け継いだ人
は、市民意識がある中国公民だと指摘した。
 これに対して、中国共産党政府の
   華報道官
は6日の定例記者会見で、中国のことに詳しいと自任する米政府関係者は
   「五四精神」
のことが良く理解できていないと批判、なぜならば、「ポッティンジャー氏は中国に対して強い偏見」を抱いているからだと続けた。
 また、「五四精神」の中核は愛国主義であると話し、新型コロナウイルス感染症を前に、人々は一丸となって、感染症との闘いで
   重要な戦略的成果
を収めたと続けた。
 これこそが、今日における「五四精神の生き生きとした体現なのだ」と強調した。



ひとこと

 「五四精神」と呼ばれる
 満州族が建国した清朝が瓦解したのち、軍閥の首領でもある袁世凱が後に中国皇帝となるのを日本が支援し袁世凱が皇帝となったものの、世論の激しい反発を買い、失意のうちに没した。
 その後、後継争いが発生し、中国は軍閥割拠の時代に突入。
 
 自軍強化のために盛んに日本から借款を導入した。


 袁の後継者である北京の軍閥政権は学生を多数逮捕し、事態の収拾に強権で対応したが、1919年5月4日、北京の学生はゼネラル・ストライキを敢行し、亡国の危機と反帝国主義を訴えたことで全国的な反帝運動に発展していった。
 
 袁世凱によって地位を追われ、日本に亡命し日本の篤志家の保護を受けた後、広州で護法運動を展開していた孫文がこの五四運動により自信を取り戻したと言われている。
 その後、1923年に共産主義のソ連の援助を受け、反帝国主義・資本節制・土地改革を主張するようになった。
 

 現在の中国共産党と中国国民党が高く評価しているようだが、この思想のため、中国の毛沢東の紅軍等は富裕層の公開処刑を繰り返し、政権確率時の反対派への大弾圧や文化大革命などで4億の国民のうち1億人が虐殺或いは失政による飢饉などで殺されている。
 また、台湾に逃れる前の蒋介石率いる国民革命軍は堅壁清野と呼ばれる焦土作戦を用い、退却する際に中国富裕層などの資産を掠奪し、社会インフラの破壊が行われ死者100万人とも言われる人的洪水を引き起こしたり、親日家の中国人知識層を数万人公開処刑したうえ、断頭し鳥籠に入れて晒したと言われており、台湾でも親日家などの財産没収などを目論み「二・二八事件」などで反対した10数万人を機銃掃射などを含め大虐殺している。

  
 
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

数値的判断をすることが出来るのか?


 緊急事態宣言は14日ごろ一部地域で解除になる可能性が出ている。

 このため、経済活動再開への期待が高まる可能性はある。

 菅官房長官は東京都など
   13の「特定警戒都道府県」
でも、専門家が可能と判断すれば期間満了前に解除できるとの認識をメディアの会見で示した。


 英国も週明けの11日から
   全国的なロックダウン(都市封鎖)
を一部緩和して外出の自由を拡大する見通しにある。

 日本や欧米の一部地域での規制緩和による景気改善への期待が相場の追い風になる。


ひとこと

 「専門家が可能と判断」する数値がそもそも恣意的に収集されたものだが、責任を専門家に丸投げしている政権に対して明確に出せるのか疑問だ。
 ただ、インフルエンザの感染を含め、コロナ感染による肺炎などを含め、毎月の死亡者数の推移ではさほどの変化はない。



   
posted by まねきねこ at 06:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実際の失業率はすでに25%に近い可能性


 米国財務相のムニューシン長官はFOXニュースの番組で、米国失業者数の増加について4月の数値の集計以降に700万人がさらに失業し、職探しを諦めた人もいることから、実際の失業率はすでに25%に近い可能性があるとの認識を示した。

 これまで雇用関連の統計は「改善する前に恐らく一段と悪化する」と予想した。
  


ひとこと

 統計は生き物であり、把握し発表た時点では既に異なった状況にある。

 経済対策は常に数値を追うだけでは不十分であり、経済予測をしたうえでの先手でなければ意味をなさない。

 コロナ対応でも明らかだが、能力不足の日本政府や政治家の問題が景気回復を遅らせる元凶だろう。
 そもそも、複次対応できる策が5つ程度作られ、譲許の変化で繰りだすことが出来ていない。

 単に口先でいろいろ並べて見せようとするが、中身が欠落しており、使えない代物ばかりの詐欺商法だろう。
 やはり忖度官僚が多くなって行政機能の低下が顕著になってしまった背景は規制改革や行政改革、事業仕分けなどという国際資本の言うがままに日本の社会を変革と称して叩き崩してきた結果だ。

 こうした状況を作りだすため世論を誘導し作り出してきたマスコミの責任も重い。


   

posted by まねきねこ at 05:35 | 愛知 🌁 | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内需拡大策を急げ!!


 大統領経済諮問委員会(CEA)の
   ハセット前委員長
はCBSの番組で、新型コロナウイルス感染拡大に絡んだ
   経済活動停止の解除
で景気が2020年下半期に回復し始める前に、失業率が5月か6月に20%超でピークに達する可能性があるとの見通しを示した。
 こうした予測について、大量の新規失業保険申請件数を基にした推計だと説明した。
 
 同氏は最近、ウイルス関連での経済顧問としてホワイトハウスに復帰した。
 
   
ひとこと

 米国政権内の陣容が大きく変化していく可能性がある。
 コロナ対応で後手になっている日本の経済テコ入れ策は子供だましでしかない。
 いくら規模を誇張しても、真水が少なく国際資本の言うがままに動く日銀や影響下にある財務省などの財政均衡などといった勢力が力を持っている限り、経済回復により付加価値を増加させ、税収を急速に拡大していくようなロードマップは描けないだろう。

 そもそも、消費税の1年間の徴収停止や基礎控除や扶養控除の倍増、源泉徴収税の半減などで急速に経済を回復させる手立てを講じるべきだろう。

 国際資本の影響下にある日銀や財務官僚、TVなどの経済評論家などが円安を誘導し、低金利で日本国民の資産価値を低下させたうえ、さらに資産を撒き上げるべく主張する財政均衡や国債残高の減少などといった円がティブ面を誇張主張では、国家の資産は減少するばかりだ。

 阿呆な政治家が米国や中国、韓国などへの利益供与とも言うべき政策を持ちだすが、愚かでしかない。

 
  
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

   

posted by まねきねこ at 05:29 | 愛知 🌁 | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする