市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年05月18日

経済関係を早急に清算すべき


 韓国政府は6月初旬に発表する「下半期の経済政策方向」で、新型コロナウイルスの経済への影響を反映し、今年の経済成長率見通しを大幅に引き下げることになる。
 ただ、2008年の金融危機当時のように、マイナスには下方修正しない大甘の見通しだ。
 韓国政府が昨年末に発表した経済政策方向で示した今年の経済成長率見通しは
   2.4%
で失業率の大幅増加が見られるなど経済失政に注目が集まらない様に工作したのだろう、金融機関や研究機関の見通しを0.1〜0.6ポイント上回る楽観的な見通しを示した。
 文政権の経済対応の無脳さを隠すことにもなった新型コロナウイルスの感染拡大により、今年1〜3月期の前期比の経済成長率はマイナス1.4%で、08年10〜12月期(マイナス3.3%)以来の低水準となった。
 
 輸出や投資の減少は4〜6月期に本格化するが、同期の成長率はさらに落ち込むことになるだろう。
 ただ、爆発的な集団感染などが発生しない限り、今年の経済成長率見通しをマイナスに引き下げる可能性はないと虚勢を示した。
 
 韓国政府は金融危機の影響が本格化していた09年2月、同年の成長率見通しをマイナス2.0%に下方修正したが、同年の成長率は見通しを大きく上回る0.8%となったと同様の期待を示したが、同じ筋道をたどることは難しいだろう。
 韓国の現代経済研究院は先月26日に今年の成長率として0.3%、国際通貨基金(IMF)は先月14日にマイナス1.2%を示した。国際金融センターがまとめた主な海外の投資銀行の成長率見通しは平均でマイナス0.9%だった。
 韓国銀行(中央銀行)は今月28日に今年の経済成長率見通しを発表する予定。
 
 同行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は先月9日の記者会見で、「今年の韓国経済はプラス成長をするものの、成長率1%台は容易ではない」との見通しを示した。
 
 
ひとこと
 
 韓国政府の経済政策は日本に喧嘩を売って、支援を引きだして帳尻を合わしてきただけだ。
 ただ、反日度合いが過去以上に強く出したことで愛想を尽かされてしまい金が引き出せ無い状況にあり、経済回復は不可能だろう。
 
 そもそも、損金の穴埋めなどの資金を貸し付けたり輸出入の貿易で日本の金融機関などの保障がつかなければ何も出来ない信頼性のない通貨ウォンの価値を韓国企業の実力では維持できないのが実態だ。 
 韓国は日本領土の竹島を李承晩が敗戦で連合軍の占領下にあった日本が軍事対応が出来ないことを見越し、軍事侵略して支配を続けている。
 
 こうした敵対行為がある中で、経済関係での最優遇対応などはすべきでないどころか、領土を返還し、賠償金の支払いを期限を示して要求すべきであり、解決しなければ経済断交をしたのち、軍事的圧力を韓国に加えるべきだろう。
 
   
posted by まねきねこ at 06:18 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平時の産業は有事には脆弱


 国連世界観光機関(UNWTO)の
   ズラブ・ポロリカシュヴィリ事務局長
は、「観光業はダメージを受けた。これは労働密集度が高い経済分野の1つであり、1億人の雇用が危険に直面する」と世界が未曾有の衛生と経済の危機に直面していると話した。

 最近発表されたUNWTOの「ワールド・ツーリズム・バロメーター」で旅行目的地が報告したデータを見ると、今年1〜3月のインバウンド客は22%減少したという。

 多くの国が封鎖措置、渡航規制措置を実施し、空港と国境を閉鎖した影響だ。
 そのため、3月のインバウンド客は57%激減した。
 
 これは3700万人の海外旅行者と約800億ドルの観光収入が減ったことになる。

 コロナ肺炎が収束しつつある状況だが、今年のインバウンド客は58〜78%減少する可能性があると指摘した。
 この幅は感染症の終息および渡航禁止令と国境閉鎖措置の解除の時期によって決まる。

 ただ、記録を開始した1950年以来、最も深刻な海外旅行業界の危機にあるという。
 UNWTOでは、世界各地がオーバーラップする時期、それぞれの程度の影響を受け、アジア太平洋地区は真っ先に回復すると予想している。
 
  
ひとこと

 観光産業は平時には拡大するが有事には大きく縮小する。


    
posted by まねきねこ at 05:19 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感染地域を取材した記者等の靴底の消毒は?


 米国ピュー・リサーチ・センターが7日公表した世論調査で、州による行動制限の緩和は「早すぎる」と懸念する人が68%で、「もっと早くすべきだった」と考える31%の倍以上となった。
 
 政治家より専門家の意見を重視する世論の傾向も顕著で大統領選挙における風向きが読めなくなりつつある。
 そのためか、批判の矛先を中国起源とすべき工作が続いているようだが、起源だとしても、欧州からの流入を阻止することをし無かったことに対する批判の声を黙らせることは不可能だろう。
 
 それよりも、米国内における昨年度に大流行したインフルエンザの死者6万人の中にコロナ感染者が含まれている可能性も指摘されており、感染調査が一部地域で実施され結果が予想通りになると問題がさらに複雑化する可能性も出てくる。
 
   
ひとこと

 生活習慣の問題も感染拡大に影響を与えた可能性が高い。
 靴底にコロナウィルスが付着し、拡散しているといった話もある。

 日本で広がった鳥インフルエンザなども取材するマスコミの記者やカメラマンなどクルーの靴底や車両のタイヤに付着させ取材先を転々とさせた結果、養鶏場に感染を広げていった可能性もある。

 同じように、コロナウィルスの取材で街を出歩きインタビューするTV記者を始めとするマスコミが感染対策を徹底していると称するが、所詮は手洗いとマスク程度だけで、靴底や機器類、車両などまで感染防止策をしているところはない。


 報道の自由を主張するが、インタビューする相手に無症状の感染者がいた場合や路面等に付着したコロナウィルスに靴底や車両のタイヤが汚染されるが、病院など感染者が多い地域での取材後の移動時に繰り返し、コロナウィルスによる汚染を取り除く様に消毒をしているのか疑問だ。

 感染対応をしている飲食店への取材や要請を無視するパチンコ店、人出の多い店舗などでの取材が感染拡大の要因のひとつになる可能性もある。
   
posted by まねきねこ at 03:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする