市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年06月11日

選挙後まで貿易交渉は先延ばし


 欧州連合(EU)の
   欧州委員会のホーガン委員(通商担当)
は9日、EU通商担当閣僚によるビデオ会議で、米国との貿易摩擦を緩和しようと努力しているが進展はなく、米大統領選が今年11月に控えているため事態打開は選挙後にずれ込むかもしれないと語った。


 ホーガン委員は長期にわたり論争の的となっている
   航空機補助金
を巡る交渉から過去数週間に米国は「退いた」と発言した。
 この合意が成立しなければ、EUは7月にも
   米国製品
に数十億ドル相当の関税を課す可能性が出てくる。
  
 ホーガン氏は「米国が選挙前であることを理解する必要がある」と話し、「従って米政府の政治的な関心は、国内政治の目先の課題に集中している」と語った。



posted by まねきねこ at 05:29 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米雇用統計が予想に反して労働市場の改善を示した衝撃


 経済を守るため低利の
   大量の財政投入
が各国で行われ、ロックダウンが次々と解除されている。
 
 こうした中、米雇用統計が予想に反して労働市場の改善を示した衝撃が引き起こされ、株式市場に戻った買い手は
   割安なセクター
を物色し買いの勢いを強めている。
 
 この資金の流入加速が相場上昇の勢いを力強く浮揚させている。
 しかしながら一部の投資家はなお警戒を緩めてはおらず大きな変動を予感させるものだ。
 そのため、売り方が上昇が加速しながら増える動きで、資金のボリュームを厚くしており、目先のボラティリティー上昇に備えてヘッジが膨らみ、新規の鴨葱を待ち構える動きともいえる。

 
 BNPパリバ・アセット・マネジメントのアジア太平洋部門で、マルチアセット・クオンツ・ソリューションズとクライアントアドバイザリーを率いるポール・サンドゥ氏は、「株価の上昇局面は、政府が景気を背後で支えている構図の一部だ」と指摘した。
 
 また、短期的にボラティリティー上昇を招きかねない重要なリスクがある。
 当社は中・長期的にはリスクを増やす機会をうかがいながらも、ポートフォリオのダウンサイドではヘッジを続けていると説明した。
  
 
  
posted by まねきねこ at 05:19 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月安値から時価総額を21兆ドル(約2260兆円)相当回復


 世界の株式市場は、3月安値から21兆ドル(約2260兆円)相当の時価総額を取り戻した。
 
 高揚感に包まれる暇もなく早くもフロス(細かなバブル)が泡立ち始めている。
 
 コロナ感染症の拡大が欧米諸国の経済活動を停止させた反動から、買いが強まるなか、今の快進撃が弱気相場の中での一時的な反発にすぎず、いずれ失速するのかどうかが議論の的となってきた。

 世界の株式相場は、中国外で新型コロナウイルスの感染が急速に広がり始めた2月の水準に回復したところ。

 新興市場国と先進国の株価指数であるMSCI・ACWI指数は、3月安値から42%戻した。
 また、来年の利益見通しに基づく同指数の株価収益率(PER)は現在20倍と、2002年以来の割高水準にある。


 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

   

posted by まねきねこ at 05:11 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

航空各社の2020年損失が合計840億ドル(約9兆500億円)と予測


 国際航空運送協会(IATA)は航空各社の2020年損失が合計840億ドル(約9兆500億円)との予測を示した。
 
 損失規模は2008年の世界不況時の倍以上に相当する規模だ。
 なお、21年については160億ドル近い損失を見込むという。


    
posted by まねきねこ at 04:52 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする