市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年07月03日

香港の自由を弾圧する中国政治

 
 香港警察は1日、同法に基づいて初めて10人を逮捕したと発表した。
 これを含め約370人の身柄を拘束した。

 警察は繁華街でのデモを無力化するため、催涙ガスや放水銃、催涙スプレーなどを使用し鎮圧をした。

 デモ隊は傘と米国の国旗を手にして警察隊と衝突した。

 香港政府は同法違反で逮捕された容疑者らが
   「香港独立」の文言
が記された旗などを所持していたと説明した。

 政治団体「香港衆志(デモシスト)」からの離脱を6月30日に表明した
   黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏
ら著名な民主活動家も抗議デモに参加した。

 また、民主派議員らは、9月に行われる立法会選挙への出馬が新法によって禁止されるとの懸念を示している。
  

ひとこと

 コロナ感染への対応を批判された習近平が汚名挽回に動いた形だが、中国共産党内部の政治闘争が激化していく可能性が高くなるだろう。
 ただ、こうした自由化への弾圧を批判しない日本の野党や中国寄りの与党政治家、自動車産業などの影響下にあるメディアの情報統制派日本ンお国防上も問題だろう。

 報道の自由を最大限利用する日本の胡散臭いマスコミの本質を垣間見せるものだ。
 
   
   
posted by まねきねこ at 04:40 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

政治的無能なトランプの影響


 
 欧州連合(EU)加盟国は、新型コロナウイルス感染拡大に対する米国の対応は不十分だと見なしたと同様な米国在住者の入域禁止を延長した。
 なお、この決定は2週間ごとに見直されるが、米当局が新型コロナ感染拡大状況をコントロール下に置くまで入域禁止の解除はない。
 
 米欧間で商用・観光目的の渡航ができない状態が続くことを示唆している。
 一方、EUは中国が
   EU在住者の渡航
を認めることを条件に、7月1日に中国在住者への入域規制を解除する。
 なお、この見直しに当たっては、人口10万人当たりの過去2週間の平均感染者数がEUと同程度かそれ以下で、新規感染件数が減少傾向にある国からの渡航のみ許可する方針という。
 
 この判断は加盟国に対する勧告で、拘束力はない。
 中国に加え、日本やカナダ、オーストラリア、韓国など計15カ国については1日から入域が許可される。
   
   
posted by まねきねこ at 06:23 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国からビジネス目的の渡航者を受け入れ


 タイ政府はコロナ感染症拡大阻止に向けた
   非常事態宣言
を7月31日まで延長した。

 なお、延長はこれで3度目となる。

 同国の感染症例は減少しているが、7月1日から大半の企業が事業活動を再開している。
 日本を含む一部の外国からビジネス目的の渡航者を受け入れるのに際し、非常事態宣言の延長が必要だとプラユット首相は述べた。 
 

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
  
posted by まねきねこ at 04:55 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

中国政府は両刃の思考


 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は30日、香港国家安全法制の柱となる
   香港国家安全維持法
草案を全会一致で可決した。

 香港地元紙の明報が情報源を示さずに香港政府は30日に「香港国家安全法」を公布する見通しだと報じた。


 中国は同日、今回の決定について高官による記者会見を開くことを明らかにした。
 一方、RTHK(香港電台)は同法が7月1日に発効すると伝えた。
  
   
posted by まねきねこ at 05:12 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業の借り入れコストはあらゆる領域で上昇


 米連邦準備制度理事会(FRB)は29日、プライマリー・マーケット・コーポレート・クレジット・ファシリティー(PMCCF)の運用を開始したと発表した。

 新型コロナウイルスのパンデミックを受けてFRBが打ち出した
   9つの緊急融資プログラム
の全てが利用可能になった。
  
 このPMCCFは3月に発表されたプログラムで、FRBが発行体から社債などを直接購入する支援措置だ。
 発表当時、投資家がリスク回避の動きを強めたことから、企業の借り入れコストはあらゆる領域で上昇し始めていた。
  
 その後、FRBによる措置を一因に、企業のクレジットスプレッドは縮小した。
 企業は信用コストの低下を追い風に、新規に多額の資金を調達できるようになってきている。


   
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする