市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年07月10日

財政投融資を止めた結果だ!!


 日本政府が9日に示した来年度予算編成の指針となる
   「骨太方針」案
に国土強靱化への意欲的な記述がないとして、与党内で反発が広がっている。

 公明党は防災・減災対策を推進する立場から、自民党の二階俊博幹事長と連携して案を見直させる考え。
 週明けの自公幹事長会談で対応を確認する。

 公明党の斉藤鉄夫幹事長は10日の記者会見で、政府の骨太方針案を強く批判した。
 同党の山口那津男代表は7日の政府与党連絡会議で、国土強靱化の3カ年緊急対策が今年度で終了することを念頭に「必要十分な予算の確保をお願いしたい」と念を押していたが、骨太方針案は「取り組みの加速化・深化を図る」と昨年と同じ記述にとどまり、不満は一気に公明党内に広がった。

 公明党と二階氏は、新型コロナウイルス対策をめぐり、閣議決定まで終えた減収世帯への30万円給付にそろって異論を唱え、政府が10万円の一律給付へと転換した経緯もある。二階氏は首相と面会後、骨太方針案の見直しについて「(災害の)現場を見てくれば、議論の余地のないことだ」と強い口調で語った。


ひとこと

 無能な安倍政権を支えている結果だろう。
 そもそも、行政改革で郵政民営化を推進し、財政投融資からの国土開発を停止した小泉政権の政策がこうした結果を生みだしたともいえる。
 打算的な政治家の政策は社会を混乱化させるだけだ。


   
posted by まねきねこ at 20:01 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反日韓国人に朝日新聞の社旗が旭日模様に見えない不思議


 韓国メディアの韓国日報は、米国太平洋空軍司令部(PACAF)が5日、尾翼に
   旭日模様
が描かれた米国海軍の
   艦載機「FA-18E/Fスーパーホーネット」
の訓練シーンを、ホームページ上に公開した。

 反日文政権の御用メディアのひとつでもある同紙は「旭日旗を掲げて南シナ海に訓練に出た米軍戦闘機」との扇動的な見出しで批判的に報じた。

 巨大なロシア陸軍がシベリア鉄道を使って朝鮮半島を攻略する動きに危機感を覚えた李氏朝鮮の開明派を中心に日本との併合を画策し実行したのだが、日本の敗戦後に金を強請るための不便で植民地支配を受けたと主張してきた韓国では、「日本の侵略を想起させる政治的シンボル」として義務教育で徹底的に洗脳してきた結果こうした偏向的にねつ造された歴史観を持った人が多い。

 ホームページでは、米本土を離陸した爆撃機と、山口県の岩国飛行場に駐留している空母打撃群が南シナ海で行った合同訓練について紹介。訓練で飛行する旭日模様のスーパーホーネットの写真を掲載した。

 北朝鮮が一番神経質になっている軍地演習でもあり、北朝鮮支持のメディアや文政権を支援する記事によると、有事の際、朝鮮半島に展開する可能性もある在日米軍の部隊が、旭日模様を部隊マークに採用したことが、過去に韓国内で物議を醸す様に世論操作を行っている。

 今回、ホームページ上に掲載されたスーパーホーネットは現在、山口県の岩国飛行場に駐留している点をより強調した。

 記事は「駐留地を示す象徴として、尾翼に旭日模様を描いたと見られる」と無理矢理結び付けた報道を行った。
 その上で、「米軍は旭日旗を戦犯旗とは認識しておらず、軍用機などのデザインは、独自の権限によって決めるべきとの立場を固守している」と指摘した。


 報道の姿勢からは日本に駐留している米軍が、朝鮮半島にも展開する可能性があり、旭日模様に辛い記憶がある韓国への配慮が十分になされていないと批判を引き起こす目論見が背景にあるようだ。
庫のニュースに、韓国のネットユーザーからは、「米国は徹底して日本寄りだ」「韓米同盟より日米同盟の方が 



ひとこと

 親韓国・北朝鮮の報道が目立つ朝日新聞の社旗が旭日模様に見えない不思議が説明できるのだろうか。


   
posted by まねきねこ at 20:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国政府の広報工作


 米国ペンシルベニア州にあるバックネル大学で政治学を教える
   ジクン・シュ教授
は、中国のソフトパワーは弱く、その話は公式プロパガンダにすぎないとされ、軽くあしらわれている。
 このため中国が広報戦に勝てるとは思わない。
 また、国際的なイメージを改善するための苦しい戦いに直面するだろうと指摘した。


   
posted by まねきねこ at 06:11 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先制攻撃が被害を少なくさせる


 河野太郎防衛相は8日、衆院安全保障委員会で、質問者の本多平直委員(立国社)への答弁で議論が始まった
   敵基地攻撃能力
に関し、保有する場合、移動式ミサイルや地下施設を把握できる防空用レーダーとミサイルなどが必要と説明した。

 河野防衛相は各国のミサイルの発射は固定式から移動式に変わっており、どこにミサイル基地があるのか、地下施設も含め、リアルタイムで正確に把握する防空用レーダーと、相手の国の制空権を確保するミサイル発射装置や、攻撃がどうであったか正確に評価して次につなげる能力が必要と説明した。
 
 
ひとこと
 
 中国や韓国の工作を受けている議員が多い野党が主張し続ける無能な議論では核兵器を使用されたのちの反撃しか出来ない。
 
 大量破壊兵器で攻撃されてからの反撃では数百万人の犠牲を生じさせることを受け入れるよう日本国民に強いるようなものだ。
 無責任な政治家で多くに犠牲を生じさせる愚行を放置すべきではない。
 また、話し合いで長引かせている北朝鮮のように軍事力を強める戦略に安易に乗るべきでもないことは阿呆でも判る論理だ。
 
   
   
posted by まねきねこ at 06:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虎が羊の皮を被り、近づいている。


 中国の王毅外相は5月24日の記者会見で、中国の姿勢について「中国政府は他国にけんかを売ったり、いじめたりすることは決してないが、それと同時に原理と度胸も持ち合わせている」「国家の名誉と尊厳を守るためなら、悪意ある中傷には必ず反撃する」と要約し、軍事的行動を是認し、こうした行動の責任を相手に転嫁する広報戦略を繰り返している。
 
 こうした共産主義政府の言動は平和、共存という言葉の中に、共産主義思想を受け入れる国や国民に対しての見の話であり、自由主義社会を熱望する香港の現状を見れば排撃し粛清する強固な姿勢が常に基本として存在しているということに他ならない。
 
 つまりは自由を与え平和に繰らせるのは共産主義者の身に与える権利ということにほかならず、排他的思想そのもので自由は限定的な範囲でしか享受は許さず、他は経済奴隷として死ぬまで働かせるという思想でしかない。
 
 視点を変えれば欧米国際資本の奴隷と化すために日本政権がユダヤ系国際資本の言いなりのごとく目論む「働き方改革」と同じ流れのようだ。

 
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
  
posted by まねきねこ at 05:23 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする