市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年07月23日

米国政府 米国民向けに新型コロナウイルスワクチン1億回投与分の供給を確保


 米国政府は同国の製薬大手ファイザーと独バイオNテックから、両社が共同開発する
   新型コロナウイルスワクチン1億回投与分
の供給を確保した。
 受取時に19億5000万ドル(約2090億円)を支払うという契約。


 発表文によると、両社は米食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可(EUA)または承認を経てワクチンを供給する。米政府は最大で5億回分を追加取得できることでも合意した。

 なお、米政府によると、ワクチンは米国民に無料で提供される。


ひとこと 

 国民の安全・安心という幻を語る日本の安倍首相の本質は嘘つきでしかない現実を直視すべきだろう。
 
 また日本の与野党政治家の質の悪さも問題だ。
 
    

   
posted by まねきねこ at 06:37 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒューストンの中国総領事館を閉鎖


 中国は米政府の要請を受け、テキサス州ヒューストンの総領事館を閉鎖することを明らかにした。

 共産党機関紙である人民日報系の国際版「環球時報」の
   胡錫進編集長
は米国政府当局は中国に対し、72時間以内に同総領事館を閉鎖するよう求めたとツイートしていた。

   
   
posted by まねきねこ at 05:43 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米中対立激化の様相で経済は大混乱を引き起こしかねない


 中国外務省の汪文斌(おうぶんひん)副報道局長は22日の定例記者会見で、米国が21日、中国側にテキサス州ヒューストンの中国総領事館の閉鎖を要求したと明らかにした。

 汪氏は閉鎖を求めてきた理由を明かさなかった。

 大手通信会社のAP通信によると、米国務省は
   「米国の知的財産と米国人の個人情報を守るため」
としているという。

 同業のロイター通信は22日、中国側も武漢市にある米総領事館の閉鎖命令を検討中と伝えtあ。
 中国側が報復措置に踏み切る可能性もある。


 中国メディアによると、職員の退去期限は72時間後の24日午後4時(現地時間)で記者会見で汪氏は
   「中米関係を破壊」
しようとする横暴で理不尽な行為であり「国際法に違反する」と非難した。
 また、米国が要求を撤回しなければ対抗措置を取ると警告した。


  
ひとこと

 トランプ流の戦略のまずさを露呈したものであり、世界経済が犠牲になりかねない状況を作り出すだろう。
 ただ、中国政府は国内で生じている不満が拡大し政治闘争が激化するのを避けるため、批判の矛先を海外への軍事行動等に向ける動きを加速する可能性が高くなるだろう。

 手に負えなくなってきた北朝鮮の暴走を利用する可能性もある。
 また、内政問題という視点からは台湾への軍事侵攻も可能性としては出てくるだろう。

 中国内部の少数民族の民族浄化という手法に変事かねない、コロナ感染対策における文化活動の停止や習慣の強制排除など漢民族化の取り組みが加速する可能性もある。
   

   
posted by まねきねこ at 05:37 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロナ禍で苦しむ製造業が多い中、良好な業績


 日本電産(6594)は7月21日大引け後、21年3月期第1四半期累計(20年4月〜6月・IFRS)の連結決算を発表。売上高は前年同期比6.6%減の3,369億円とコロナ禍の影響を受けたものの、営業利益は
   2,811億円(同比+1.7%)
と増益で着地した。

 4半期純利益は同517.7%増の203億円と、前年同期の33億円から大幅な改善となった。

 また、営業利益率は前年同期より0.6ポイント改善の8.3%で、コロナ禍で苦しむ製造業が多い中、良好な業績を残した。
 進捗率は、売上高が22%、営業利益が22%、純利益が20%と通期予想からはやや後れているようだ。
  

 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
   
posted by まねきねこ at 05:18 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ABB 第2・四半期決算


 
 スイスの大手重電メーカー
   ABB
は22日、第2・四半期決算では、利払い・税・無形固定資産償却前利益(EBITA)が21%減の6億5100万ドルとなったと発表したものの、アナリスト予想の4億4600万ドルを上回ったことを明らかにした。
 ただ、新型コロナウイルスの影響で今後数四半期は厳しい状況になるとの見通しを示した。

 また、売上高は14%減の61億5000万ドルだった。
 予想の56億1000万ドルを上回った。

 純利益は前年同期の6900万ドルから3億1900万ドルに増加した。
 前年同期は、低迷する
   太陽光インバーター事業
の影響で利益が圧迫されていた。


   
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする