市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年07月26日

国民の識字率の差が中国と韓国を追い抜いた背景だ。


 中国メディアの百家号では21日
   「近代日本はどのように強国の仲間入りをしたのか」
と題する記事を掲載した。

 この記事では中華思想を背景にした視点で「先進的な文明に2度直面した」ことが日本を中国や韓国と異ならせたと分析したと主張。

 それは「中国文明と西洋文明」の2つだとしている。

 日本は唐の時代の古代中国から多くを学び、発展に役立てたと言えるが、日本は遣唐使以降、同様の一団を中国に派遣しなくなった。
 それは、一般に考えられているように「中国からもう学ぶことはないと判断した」からではなく、日本の国情が変化し、先進的な文明をこれ以上受け入れることができなくなったからだとした。
 例えば、遣唐使は日本に中国の等級制度や税制、経済、文字など先進的な文化を伝えたが、もともと文化的な厚みのなかった日本にとっては大きな負担になり、制度や文明は先進的であっても日本の発展には合わないものであったため、問題が多く噴出したと論じた。そしてこれが「日本最初の海外文明の影響を受けた時だった」としている。

 ただ、中国の王朝は唐朝意向も繰り返し異民族に国土を蹂躪され勃興滅亡が繰り返し起き大混乱し、文化や技術などの伝承も遮断するものが多く見られた。

 このあとは、いきなり、明治維新の時代に西洋文化にも直面した場面を持ち出した記事では「日本は西洋の工業文明を学びながら制度上の改革にも着手した」と称賛し、当時の日本は「力相応に事を進め」、かつて唐から文化を吸収した時とは違って「焦ることなく徐々に西洋文化を消化していった」と分析したと主張している。

 最後に記事は、日本が近代に収めた成功は、日本独特の歴史と関係があり、「中華文明をどんどん取り入れた結果マイナスの影響を受けた過去から教訓を学び、自分に合う形で進んだ西洋文化を取り入れることで、強国になることができたのだ」と結んだ。
  

ひとこと

 日本が戦国時代に保有した武器弾薬類は世界最大であり、金銀銅などの鉱物資源の生産も莫大であったことには一切触れていない。
 また、識字率の差は日本の寺子屋により中国や韓国が意図的に知識を国民に与えない様にしたため文盲率の差が極端であったことすら記事に歯かいていない。

 中国などの甘い視点のなせる業だろう。
  

   
posted by まねきねこ at 06:53 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あらゆるモノを利権化する反日政権


 韓国で交通事故専門のハン・ムンチョル弁護士は最近、動画サイト「ユーチューブ」のチャンネルで過剰な交通取り締まりの事例を紹介した。
 
 今月4日に仁川市西区の重峯大路にて、反対車線に待機していた警察車両が、黄色信号で進行したトラックを交通違反で摘発したというケース。
 
 ハン弁護士は当時のドライブレコーダーの映像を公開し、「反対車線にいたパトカーが『ドライブレコーダーを見る必要もない』と強引に信号無視の切符を切った」と指摘した。
 オンライン空間には、韓国警察によるこうした過剰な交通取り締まりの経験談があふれている。
 
 
 反日・親北朝鮮政策を強行に推進させている韓国の
   文在寅(ムン・ジェイン)政権
は社会の混乱を引き起こし、警察への国民の反発を仕組んだうえ、社会秩序を破壊することで混乱に拍車が掛かり、北朝鮮工作員の暗躍で対立軸を精鋭化することで北朝鮮軍の侵攻がしやすい環境を作り出しているともいえる。
 
 文政権になってから速度違反の摘発件数が50%近く急増したことが24日までに確認された。
 保守系最大野党「未来統合党」の
   金睿智(キム・イェジ)議員室
が韓国警察庁から提出を受けた資料によると、2016年に809万件だった速度違反摘発件数は、文在寅政権が発足した17年には1184万件と大きく増えた。
 
 わずか1年で摘発件数が46.3%も増える異常さだ。
 その後も、摘発件数は18年1215万件、19年1240万件とじわじわ増える傾向にあると伝えた。
 無人交通取締りカメラも、文政権発足後の17年の時点で7016台だったのが、18年7979台、19年8892台と毎年11%以上ずつ増えた。
 
 交通警察が現場で摘発する速度違反の件数も、18年22万件、19年24万件、今年は6月までの時点でおよそ11万5000件と増加傾向にある。
 
 また、警察の全国的な取り締まりと共に、韓国各地の道路で制限速度が引き下げられる傾向にあることも影響しているとの分析がある。

 韓国政府は今月1日、文在寅大統領主催で開かれた初の国務会議(閣議に相当)で、全国の子ども保護区域(スクールゾーン)における車両制限速度を時速30キロ以下に下方修正し、歩行空間がない区域ではさらに低くして時速20キロ以下にすると決めた。
 
 これに伴い、税外収入である交通過怠料・反則金の賦課額も大きく跳ね上っている。
 交通過怠料・反則金は17年8857億ウォン(現在のレートで約783億円。以下同じ)から18年8429億ウォン(約745億円)、19年8862億ウォン(約784億円)と急増した。
 
 今年も6月までの時点で既に4469億ウォン(約395億円)が収められた状態で、現在の傾向のままだと史上初めて過怠料・反則金が9000億ウォン(約796億円)と倍増する見込みだ。
 そもそも、税外収入である過怠料・反則金が交通安全のために使われていないため、政策的な利権を作り出す動きとの批判が広がっている。
 
 金睿智議員は「大多数の市民は『税金爆弾』に続いて『過怠料バッシング』にまで遭っているということ」と批判した。
 
 
ひとこと
 
 胡散臭い北朝鮮の傀儡政権である韓国の文政権であり、社会の混乱が朝鮮半島の赤化統一の早道でも考えているのだろう。
 
 
   
posted by まねきねこ at 06:28 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年内は配当を見送るよう銀行に要請する方向で検討中


 欧州中央銀行(ECB)は、少なくとも年内は配当を見送るよう銀行に要請する方向で検討している。
 10−12月(第4四半期)の配当再開を期待している投資家に、冷や水を浴びせることになりそうだ。

 ECB銀行監督委員会の一部メンバーは、銀行の復配を
   正当化できるほどの確かな見通し
が経済にはまだないと考えている状況で、最終的な決断はまだだと、非公開の情報だとして匿名を要請した同関係者がメディアの取材で述べたという。


ひとkとお

 経済悪化を加速させる可能性がある判断になりかねない。
 収益があれば配当金を出す判断は各金融機関がすべきであり、ECBが要請することではない。


    
posted by まねきねこ at 05:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする