市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年11月02日

情報端末を利用したスパイ活動


 仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、「ファーウェイ捨てた英国、日本で穴埋めか」と報じた。
 この記事では、日本経済新聞の報道を基に、英国政府が5Gのインフラ整備でNECと協力することを発表したと説明した。


 英国政府が華為技術(ファーウェイ)の設備を排除するため、その代替としてNECが候補の一つになるとし、通信インフラの海外事業を強化するNECにとってチャンスとなるかもしれないとしている。
 また、日英経済連携協定(EPA)に署名するために日本を訪問したトラス国際貿易相がNECの遠藤信博会長と会談したことに言及した。
 
 英国が今年7月に5G通信網からファーウェイを排除することを決定したことに触れた上で、「英国の通信会社は、2027年までに既存のファーウェイ設備を他社の製品に交換する必要がある。

 NECは、欧米を中心としたファーウェイ排除の流れをチャンスと見ており、世界中で自身の設備を売り込むことを考えている」と伝えた。



ひとこと

 情報端末を利用したスパイ活動を行っている中国公安当局が中国製5G端末を利用し周辺の情報収集工作が急速に進むリスクがあるための対応だろう。
 中国企業には多くの政府の公安当局の要因が入っており、当然、日本の中小企業が労働力不足で雇用している技能実習生の中にも含まれているのは当然のことで、有事においては恫喝や親族て欧への危害などで工作員の手下になりかねないリスクがあることを認識すべきだろう。



  
posted by まねきねこ at 08:15 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾でアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開


 日本のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が30日、台湾で公開された。
 
 配給会社の木綿花は前売り券の販売枚数は1万枚を突破したと明らかにした。
 台湾でも「鬼滅の刃」は大きな人気があり、映画公開を前に、関連グッズを販売する期間限定のポップアップストアが登場した。
 このほか、ランニングイベントも開かれるなど、盛り上がりを見せている。
 ランニングイベントは25日に台北近郊で2回開かれ、来月には台中や高雄でも予定されている。
 映画公式サイトの上映館情報では台湾全土95の映画館で封切られた。上映が始まったのは日本語版で、来月6日には中国語吹替版も公開されるという。
 28日に台北市内で開かれたプレミア上映会には、中国語吹替版の声優も出席した。
 主人公の竈門炭治郎の声を担当したチェン・シンユー(銭欣郁)は、アフレコの最中、少なくとも8回は泣いたと明かし、物語を知っていても感動を抑えきれなかったと話した。
 
 
   
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする