市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年11月30日

優先順位は低い


 バイデン政権は北朝鮮核問題の解決を優先順位の上位に置くことはない。
 
 北朝鮮では来年1月の第8回党大会以降どのような立場を取るのか見る必要があるが、中国の王毅外交担当国務委員、兼外交部長は27日午前、ムン・ジョンイン大統領統一外交安保特別補佐官、キム・ギジョン国家安保戦略研究院長、民主研究院長のホン・イクピョ議員(共に民主党)、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の最側近ユン・ゴニョン議員らとの朝食会の席で、今後7カ月間は北朝鮮の核問題についての不確実性があると来年初めの北朝鮮情勢について簡略に見解を述べた。
 
 王部長はバイデン政権が対北朝鮮政策を確定し、北朝鮮も来年初めの第8回党大会を通じて新しい方針を決める7カ月ほどの間は、不確実性があると指摘、ただ、北朝鮮は事態を決定的に悪化させる軍事挑発は行わないだろうと続けた。
 
 1994年から北朝鮮核問題に関与してきた王部長は、2018年1月の金正恩北朝鮮国務委員長の新年の挨拶以降に始まった朝米対話局面で、北朝鮮のリ・ヨンホ外相の招請や、2019年6月の習近平国家主席の訪朝への随行などで、北朝鮮を3回訪問している。
 
  
ひとこと
 
 北朝鮮が核兵器を保有して長距離ミサイルの搭載可能となると対米だけではなく、中国への脅威になる現実があるということだ。
 
 習近平のたん瘤でもある江沢民の系統でもある張成沢を残忍な手法で抹殺し媚を売ろうとしたが、思惑通りに動いていないのが実態だろう。
 
 
  
posted by まねきねこ at 06:22 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また雲隠れする?


 米国の核兵器開発機関「サンディア国立研究所」は11月23日、ステルス戦闘機F-35Aライトニング2に搭載した
   改良型低威力戦術核爆弾「B61-12」
のはじめての適合性試験に成功したと発表した。
 
 また、B61-12投下試験の映像も公表した。
 B61-12は「核のバンカーバスター」と呼ばれるスマート爆弾で、精密誘導で目標に到達し、防御壁を突き破って地中深くに入り込み、搭載した戦術核弾頭を爆発させる。
 このため、全国至る所に堅牢な地下陣地を構築している北朝鮮にとって、B61-12は防御の優位性を覆す兵器となる。
 
 当然、戦時に地下指揮所の奥深くで指揮を取る金正恩氏もクーデターへの対応で毎日寝床を替えている様なドブネズミでもあり、相当に焦っており米国を刺激する発言を抑制するよう指示を出した情報も伝わっている。
 北朝鮮軍の求心力を確保し、経済制裁を回避し直接米国と交渉する目的で核戦力の均等を勝ち得たと自認し続けてきた金正恩氏の新たな戦略が崩壊したとも言える。
 
   
   
posted by まねきねこ at 06:15 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓流工作の延長で韓国の核武装計画を報道しない日本のメディア


  
 元在韓米軍司令官の
   バーウェル・ベル氏
は、米政府系放送局のボイス・オブ・アメリカ(VOA)に声明を送り、反日的な韓国政界の一部から提起された韓国の
   核武装論
について、北朝鮮が核兵器のカードを繰り返し取り出すことで韓国が抱く挫折感は理解するが、このために韓国自ら核兵器を追求することは、韓国の国家安全保障の利益に明確に合致しないと反対の意見を明らかにし、韓国の安保をさらに不安にさせる災いになると警告した。


 2006〜08年、在韓米軍司令官、国連軍司令官、韓米連合司令官を務めた4つ星将軍のベル氏は、韓国の核武装は米国や日本との安定的で友好的な関係に向けた長期間の努力を破壊する。これは韓国に災いになり得ると述べ、米国も、北朝鮮の侵略に対抗して韓国と共に戦うという長年の公約から距離を置き、韓国に対する
   核の傘を撤回するほかないだろう
と診断した。
 また、米国が韓国との安保同盟を撤回すれば、韓国は北朝鮮、中国、ロシアに対抗して自ら自国を守らなければならない状態になると指摘し、日本も韓国を直接的な脅威と見なし、対応することになると続けた。


ひとこと

 長距離ミサイルの開発なども含め韓国軍が日本を狙った侵攻作戦を試みる可能性がある状況を見れば当然の指摘だろう。
 第二次世界大戦における米軍の消耗はルーズベルトが工作して意図的に真珠湾への攻撃を黙認したことで対独戦争が可能になったとも言えるものだが、予想外に大きな被害を受けた。

 大本営が直接米国本土への上陸を展開する余力がなければ、中国戦線への兵力投入を先に強化したのち実施すべきだった。
 戦後、米軍は日本軍の再軍備で敵対することがないようにあらゆる工作を続けたため、米国の奴隷のごとき経済の仕組みが出来上がったともいえる。

 経済理論に基づいた利益の拡大を総量で考える思考が根底にあるため、欧米への利益供与ばかりが目につく。
 経済クラッシュで貯めこんだ資本を吐きださせられている現実を意識すべきだろう。

 核武装に邁進しかねない韓国政府が行ってきた日本メディアへの韓流工作は日本人の意識に浸透し、極めて危険な環境を作り出しており、情報を編成しているメディアの情報操作は国益を害するものになっている。
    
   
   
posted by まねきねこ at 05:31 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有能な人物の選択

  
 バイデン次期米政権のの政権移行チームは主要閣僚ポストなどの候補者の絞り込みを進めている。

 これまでの財務長官候補の1人として、一時有力視されていた
   ブレイナード連邦準備制度理事会(FRB)理事
は最終候補者リストから外れたと、この事情に詳しい複数の関係者がメディアに明らかにした。


  
posted by まねきねこ at 03:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする