市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年12月03日

メディア工作に警戒が必要

   
 米国在住の中国人研究者
   李劼(り・かつ)氏
は、米国大統領選挙後、米メディアのほとんどが
   民主党の代弁者
になり、同じことしか言わなくなったと指摘、その結果、保守派の視聴者は主流メディアを見放し、Newsmax TV(ニューズマックス)に切替え、SNSもFacebookやTwitterから新しいSNSプラットフォームであるParlerに移っていると続けた。
 
 テックメディア「THE VERGE」は、Parlerが11月3日の選挙日から11月8日までの間に合計98万回ダウンロードされ、特に米メディアが独断でバイデン氏の勝利を発表した翌日には、1日で63万回以上ダウンロードされたと伝えた。

ひとこと

 日本では公共放送や大手メディアが韓国政府の文化侵攻工作「韓流」を支援し、宗教団体の宣伝活動の多くのタレントを重宝して日本国民の意識をコントロールしている現状は米国以上に問題の根が深い。

 海外勢力の影響下にあるメディアの収入源を受信料として法律で保護する必要はない。
 受信料が韓国政府の反日活動や支援団体の資金源になっている流れを断ち切る必要がある。

 携帯電話の値下げよりも優先順位が先だろう。
 総務省の権益で天下り先になっている公共放送のあり方が問われていることを認識すべきだ。

 小手先で何をやろうが公共放送の存在活は既に無く、民間企業として株式化して市場で売却したうえ、受信料などという収入源を確保する法律は即時廃止すべきだろう。

   
   
posted by まねきねこ at 06:48 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外政府の工作に加担し、日本人に喧嘩を売る行為だ


 日本人の母とハイチ人の父を持つテニスの
   大坂なおみ選手
のスポンサーでもある米国スポーツ用品大手ナイキ(Nike)が、日本国内における
   人種差別
   いじめ
に焦点を当てた広告を公開し、韓国政府の韓流工作などとともに悪意ある反日的な政治工作に加担し、宣伝工作を行い喧嘩を日本人に仕掛けているようだ。
 
 この動画はソーシャルメディア上で大きな反響を引き起こし世論操作の目論見が強く、同社製品の不買を呼び掛ける声も上がった。
 ナイキは、ある。この2分間の広告が先月30日に公開されると、ツイッター(Twitter)での閲覧回数は1400万回を上回っており、偏向的な情報を刷り込み日本人の思考を操作する可能性もある。


 日本語で制作されたこの動画は「動かしつづける。自分を。未来を。」と題され、片親が外国人、または日本人ではない少女3人が学校でいじめを受けながらも、サッカーを通して自信をつけていくというストーリー。
 2日までにナイキジャパン(Nike Japan)のユーチューブ(YouTube)チャンネルでは3万人以上のユーザーが低評価をつけ、その多くが同社を「反日的」だと非難した。

 動画では、朝鮮の伝統衣装を着た少女が行き違うビジネスマンに無遠慮な目を向けられたり、黒人の父を持つ少女が同級生に囲まれ、髪の毛を触られたりする場面などがある。
 また、広告に添えられた発表には、ありのままの自分を受け入れられないことに悩むスポーツ選手の体験に基づいており、差別やいじめを受ける10代の少女3人に焦点を当てたと記述するなど韓国政府の工作活動を受けて内部分裂を誘う意識が背景にあるように感じさせるものだ。


 同社のシニアマーケティングディレクターのバーバラ・ギネ(Barbara Guinet)氏は「ナイキは長い間、少数派の声に耳を傾け、支え、ナイキの価値観にかなう大義のために意見を述べてきた」と記した。
 
 ただ、中国の香港民主家やチベット族やウィグル族の問題に対して見てみぬふりを続けており宣伝で取り上げもせず勝手気ままな論理を押し付けるもので色メガネを掛けているのか?
 
   
   
posted by まねきねこ at 06:05 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする