市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年12月14日

コロナ重症化に5つの主要遺伝子が関与(英研究)


 英国の研究によると同国内208カ所の集中治療室(ICU)で
   新型コロナウイルス感染患者
2700人のDNAを調べたところ、新型コロナウイルス感染症の重症化に「IFNAR2」「TYK2」「OAS1」「DPP9」「CCR2」の5つの主要な遺伝子が関与していることが分かった。

 この共同研究責任者の1人であるエディンバラ大学のケネス・ベイリー氏は「研究の結果、どの薬剤を対象に優先的に臨床試験(治験)を行うべきかが浮き彫りになった」と指摘した。
 
 特に関節リウマチなどの治療薬である
   JAK阻害剤
の類いが有望とした。
 
 このJAK阻害剤には米イーライリリーの「バリシチニブ」などがあるという。
 
 
   
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自主技術が無いため裏口から取り込む(盗みだす?)韓国政府の工作活動


韓国大手メディアのソウル新聞は、韓国の国産戦車で自画自賛の
   「名品兵器」
と呼ぶ「K1戦車」が輸出できない理由について伝えた。


 韓国の武器輸出は世界11位だが国防研究院の報告書「防衛産業輸出支援と政府機関間約定」によると、1970年代に韓国は北朝鮮の工作などやテロ攻撃により不安定な安保環境に直面しており、これに危機感を抱いた当時の朴政権が「韓国型戦車」の開発に乗り出した。
 ただ、当時も韓国国内の技術力は粗雑で低くい状況で、米クライスラー・ディフェンス社の
   「M1エイブラムス」
の技術を使って「K1戦車」の開発が行われ、1986年から実戦配備された。
 その後、韓国型戦車の試作品2台を開発するため1978年7月、米韓は「韓国型戦車」の覚書に署名した。
 
 米国は覚書で「K1戦車および系列戦車」を輸出するためには、米国政府の承認を必要とする。また、海外に輸出する場合、戦車1台当たり5万ドルのロイヤルティーを支払うなどの条件を付けた。
 
 当時の文書の効力は永久的であり、米国自ら停止させる可能性はゼロだが、米国の事前同意とロイヤルティーの支払いが輸出の足かせとなっていると報じた。

 韓国独自の技術開発を求める声が見られたが、韓国の技術の多くが他国からの流用であり、自主開発力はほとんどないのが現実だ。
 ITなどは日本の企業が開発を止めた分野の技術者を政府が工作し、入国記録が残らないよう空港に特別の入口を使っていたとも言われている。
 
 日本メディアへの韓流と言われる芸能分野も同様の方法で接待攻勢を掛けたのだろう。
 胡散臭い手法で篭絡された職員を抱える公共放送の行動は国益に害するものであり、視聴料を強制的に巻上げたうえ、間接的に反日韓国の団体等の資金に流れだすルートを維持している組織は解体民営化すべきであり、受信料の放送法による法的な保護など即時廃止すべきだ。
 
posted by まねきねこ at 05:48 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする