市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年01月04日

タイで新型コロナウイルスの変異種を検出


 タイ保健当局は3日、英国から昨年12月下旬に入国した英国人家族4人から
   新型コロナウイルスの変異種
が検出されたことを発表した。
 
 これまでの検査でタイで変異種が確認されたのは初めて。
 4人は入国後の隔離期間中に感染が判明したもので、保健当局者は「4人は隔離されており、変異種が拡散することはない」とメディアに語った。


   
posted by まねきねこ at 20:54 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンゴで新たな致死性の病気が発生か?


 コンゴの微生物学者
   ジャン=ジャック・ムエンベ=タムフム氏
は、1976年にエボラウイルスを初めて発見した。
 
 米CNNはタムフム氏がコンゴで新たな致死性の病気が発生する可能性があると警告していると報じた。
 今後西部インゲンテの女性患者の1人が出血熱の兆候を示していたため分析検査を受けたが、さらなる検査を受けるために首都キンシャサの国立生物医学研究所に搬送されたという。
 
 現地の患者らには、エボラや医学的に知られている他の病気の兆候は見られなかったと続けた。
 この女性患者が新規の、過去に発見されたことのない病原体による
   ゼロ号患者の可能性
があると指摘したうえ、この病気を「病気X」と命名した。
 
 この新しい病気は新型コロナウイルスと同じくらいの感染力があり、死亡率はエボラウイルスの50〜90%になる可能性があると試算した。
 未知の病原体が見つかった女性患者は現在隔離され、親族とのコミュニケーションはプラスチック製の窓を隔てた状態でのみ許可されている。
 なお、エボラウイルスに感染することを恐れる地域住民から、その女性患者とその家族が危険にされされることのないように、患者の身元は秘密にされている。
 「病気X」の発見については、仮説的な状況にあるが、世界保健機関(WHO)は新たな伝染病の発生を強く懸念している。
  
  
  
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
   人気ブログランキングへ 
   
   

   
   
posted by まねきねこ at 05:31 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国大統領の不支持率は6割越え


 韓国の世論調査会社、リアルメーターは3日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が34.1%、不支持率は61.7%に上ったことを発表した。
 
 文大統領の不支持率が60%を超えるのは初めてで、支持率も就任後最低を更新した。
 中道層では支持率が30.1%、不支持率が68.0%、無党派層でも支持率が19.4%、不支持率が68.0%と不支持の割合が支持を大きく上回った。
 政党支持率は保守系の最大野党「国民の力」が34.2%、与党「共に民主党」が28.7%で、両党の差は5.5ポイントに拡大した。
 「国民の党」は9.9%、「正義党」は5.6%、「開かれた民主党」は4.2%だった。
 この調査はニュース専門テレビ局YTNの依頼を受けて、1〜2日に全国の18歳以上の1000人を対象に実施されたもの。
 
 
ひとこと
 
 反日政策で経済がガタガタになりK防疫などという衛生管理も杜撰さが露呈、自由な発言も過去のメディア工作より、より強化された環境にあり、左翼政権の本質を韓国民に知らしめたようだ。
 
 ネット社会における情報操作が巧みに行われ、政権の意のままに市民団体と称する組織的な世論形成が実施されたが、思うがままに動かなくなっている。
 
 偏向的な歴史認識を擦り込み、親日組織を破壊してきたことで戻れなくなってしまったようだ。
 バイデン政権による圧力はより強まり朝鮮半島有事を引き起こしかねない。
 
 独裁政治の北朝鮮の世襲制を嫌う中国政権内部の動きから集団指導体制に移行する動きが北朝鮮で起きろ可能性もある。
 
 
    
posted by まねきねこ at 05:11 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自画自賛?


 国連事務総長として最低の評価がある韓国の
   潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長
は31日、新年に向けたあいさつを発表し、北朝鮮に向けて体制批判のビラなどを飛ばすことを禁じる法律について、北朝鮮の要求に屈した
   反人権法
だという国際社会の非難を招いていると指摘した上で、同法を「適切な措置により正すべきだ」と主張した。
 この法律は「南北関係発展に関する法律」の改正法で、軍事境界線一帯でのビラ散布行為などを禁じ、違反した場合は3年以下の懲役または3000万ウォン(約280万円)以下の罰金を科すと規定するもので、同法を巡り、国際社会の一部からは人権侵害の恐れがあるとの批判が広がっている


 潘氏は人権は内政ではなく人類普遍の価値だと指摘し、国連事務総長として世界を相手に人権の保護と伸長に尽力してきた者としては、韓国が人権問題により国内外の批判を浴びている現実に惨憺たる思いだと自画自賛して成果を誇張した。
 
 韓国政府と与党が同法に対する国際社会の批判に「内政干渉」だと反発していることに対し、適切な対応ではないと指摘したようにも見える。
 
 
ひとこと
 
 不公平な判断で歴代事務総長としては最低の評価しかない韓国出身の潘基文の話であり、自画自賛も過ぎており愚かしい限りだ。
 
 
    
posted by まねきねこ at 04:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする