市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年09月04日

アフガニスタン マスード派の軍事抵抗は熾烈


 アフガニスタンではサウジやUAE、などスンニ派原理主義国家やパキスタンの軍事支援を受けたイスラム主義勢力
   タリバン
はトランプ前政権の撤退合意により、軍事圧力が低下するなか軍事攻勢で政権を崩壊させ、権力を掌握した。

 なお、国内で唯一制圧していない北東部パンジシール州を包囲し、一斉攻撃を始めた。

 タリバンは同州を支配下に置いたうえで新政権を発足させる方針だ。
 ただ、反タリバン勢力が激しく抵抗しており、混乱が長引けば、これまでタリバンにしっぽを振った軍閥や地方の族長らが離反していく可能背もあり、混乱が予想される。

 反タリバン勢力によると、タリバンの一斉攻撃は駐留米軍が撤退を完了した直後の8月31日から始まった。
 タリバンは深い山に抱かれた同州に続く渓谷沿いの道など少なくとも3方向から侵入を試みた。

 こうした攻撃に対し、旧ソ連軍の進行時に抵抗したムジャヒディンの抵抗と同様に反タリバン勢力が応戦し、追い返したという。
 反タリバン勢力のメンバーはが9月2日、渓谷沿いの道を進むタリバンを山の上から携行式ロケット弾などで攻撃したとされる様子が映っていた。

 一方のタリバンは、同州を包囲して補給路を断ったり
   携帯電話
の電波を止めたりしながら、水面下で政治参加を勧めて懐柔を図っているが騙し討ちを行うリスクが消えていない。
 なお、タリバン側の被害の規模は明らかになっていない。





   
posted by まねきねこ at 21:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カクテル療法で治療が可能であればコロナの感染症指定を外し、一般病院等での治療をするようにすべきだ

  
 台湾国内では8月31日に、ワクチンの2回接種を終えた台湾人パイロット(感染者番号16066)が新型コロナウイルスに感染したことが確認されてから、9月3日には、新たにパイロット2人の感染が確認されましたとのこと。
 確認された2人は海外でそれぞれ英国のアストラゼネカ製ワクチンと米国のファイザーワクチンの2回接種を受けたものの
   抗体検査
で陽性反応が出た。
 ワクチンを接種しても感染したことについて、台湾大学医学部付属医院小児感染科の医師
   李秉穎氏
は、新型コロナウイルスに対する免疫力が比較的低い人ならば、たとえワクチン接種を受けても、抗体が検出できないこともまれにある。それから、その人が接触したウイルスの量にも関係していると述べた。
 また、9月1日から新学期が始まり、学生向けのファイザーワクチンは、早ければ9月中旬から接種が始まる予定というが、ワクチンの副反応が心配されている。
 
 この医者の話として、重大な心臓疾患を持つ、あるいは心臓手術を受けた青少年は接種する前に、予め主治医に相談すべきであり、親は、子供がワクチン接種を受けた一ヶ月以内に、子供の様子に注意すべきと続けた。
 また、「接種後一ヶ月以内に、もし胸の痛み、不整脈、少し歩くだけで息苦しくなるなどの症状が出た場合、すぐに病院に行くべき」と話した。
 30歳以下の若年層がmRNA(メッセンジャーRNA)コロナワクチンを接種した後に
   心筋炎
が発生した比率が高く、しかも女性より男性が発生しやすいと警告した。
 さらに一部の患者に副反応が出たのは、接種から2週間以降のため、医者はもし体に異常があれば、すぐに病院へ行くようアドバイスしているという。
 
 
ひとこと
 
 接種後の様態変化だけではなく2週間以降においてもリスクが高いということだ。
 血栓が出来やすい体質では心筋梗塞や脳梗塞などの疾病も意識すべ帰途の話もある。
 
 ワクチン接種しても感染を防げるわけではないというのは常識だが、マスコミの報道の仕方ではワクチン接種すればコロナ感染の心配はないなどという情緒的な思考誘導が多く危険でしかない。
 
 そもそも、カクテル療法で治療できるのであれば、ワクチン接種より一般病院で点滴で治療が可能なカクテル療法で十分であれば、治療薬の確保をワクチンよりも最優先すればいいだけだろう。
 
 また、飲み薬など日本企業が開発した治療薬なども早急に承認すれば、行動制限も不要となるが、無能な愚宰相が欧米国際資本の権益のひとつでもあるワクチン接種に過度に傾斜し、購入契約を結んでしまったため、忖度して感染者を拡大させたうえ接種を急いでいるとしか見えない。
 
 なぜ、日本企業が開発したワクチンや治療薬の承認を遅らせているのか疑問だ。
  
   



   
posted by まねきねこ at 07:31 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿呆の放言!!批判する野党党首らは1年半近く何もせず放置してきただけで、反省もない


 アフガニスタンでは1978年にソ連が支援した
   アフガニスタン人民民主党
による共産政権が成立し、各地で組織された反政府ゲリラがアフガニスタンのイスラームを防衛するジハードと位置つけ蜂起した。

 ソ連軍は1979年12月に軍事介入(嵐333号作戦)しカルマル傀儡政権を作ったが、抵抗が激化したため失脚させ、数万人に及ぶアフガン国民を逮捕、拷問、処刑を繰り返した秘密警察(KHAD)の長官ナジブラが大統領に据えかえたため更に抵抗が激化、ソ連軍の存在でアフガニスタン紛争は収拾不能に陥り、ソ連軍は1万4000人以上が戦死し厭戦気分が広がり1989年にソ連軍が撤退したため、各地の軍閥が勢力を拡大させる内戦が激化した。

 アフガニスタンの治安が激化する中、1994年にアフガン内戦の有力な派閥の一つとして伝統的なイスラム教の学校で教育を受け、ソ連・アフガン戦争で戦ったアフガニスタン東部・南部のパシュトゥーン地域の学生(タリブ)を中心に構成されていたタリバンが登場した。

 ムハンマド・オマルの指導下、この運動はアフガニスタンの大部分に広がり、暴虐行為が多く見られたムジャーヒディーンの軍閥から権力を奪い1996年にはタリバンにより全体主義の
   アフガニスタン・イスラム首長国
が設立され、イスラム法の法解釈を厳格に実施したため、統治に反発する多くのアフガニスタン人を残酷に扱った。

 1996年から2001年までの統治期間中、タリバンと協力者はアフガニスタンの民間人に対して虐殺を行い、16万人の飢えた民間人に対する国際連合の食糧供給を拒否したうえ、広範囲の肥沃な土地を焼き払い、何万もの家屋を破壊する焦土作戦を行ったうえ、凧揚げや鳥の飼育などの趣味や活動を禁止し、宗教的・民族的少数派を差別していった。

 パキスタンの統合情報局と軍部は、国際社会とアフガニスタン政府から、タリバンの創設時と政権を握っていた時期に支援を行っていた。
 2001年には、アルカイダのリーダーであるウサーマ・ビン・ラーディンの指揮下にある2,500人のアラブ人がタリバンのために戦った。

 ロイター通信では3日、アフガニスタンで国家運営の全権を掌握したイスラム主義組織タリバンの新政権について、副官の一人で政治部門の責任者バラダル師が主導することになるだろうと報じた。

 閣僚人事は近く発表される見通しだが、AFP通信では「早くても4日までは発表はない」というタリバン報道担当者の話を伝えている。

 ロイターによれば、新政権ではほかに、初代最高指導者オマル師の息子で軍事部門責任者
   ヤクーブ師
や、タリバン内の最強硬派「ハッカニ・ネットワーク」を率いる
   ハッカニ氏
ら、タリバン幹部が要職を占めるとみられる。

 最高指導者アクンザダ師は政府の上に立つ最高権力者になるもようだが権力統治の力学が働き統制が取れなければ、権力を模索し暗殺が繰り返され激しい内乱が起きることになる。


 タリバン幹部は1日、英BBC放送のインタビューで「女性政府職員は復帰できるが、閣僚に女性はいないかもしれない」と語った。
 また、西部ヘラートでは2日、女性の政権参加を求める人権活動家らのデモがあった。

 タリバンのムジャヒド報道担当者は、米メディアの取材に「他勢力との政権共有はわれわれの焦点ではない」とタリバンによる政権の独占を宣言しており、崩壊した民主政権の有力者の閣僚入りは否定的な見解を示している。

 タリバン新政権は、少数派や女性、民主政権有力者らを含む包括的政治体制などは拒否した陣容となる見通しで反発や抵抗が起こり、力で抑え込む残虐性が出てくるだろう。

 ロイターによると、アフガンの隣国パキスタンを訪問したラーブ英国外相は3日、タリバン新政権を承認しないと強調した上で、タリバン側に関与すること、直接交渉の手段を有することの重要性を認識していると述べ、背後にいるパキスタン諜報機関党の支援を牽制した。

   
ひとこと

 アフガニスタンから日本の強力者500人以上が避難させれなかった背景は新型コロナ感染対応の後手と同じ無能な菅政権の決断力や政治力の乏しさがである。

 今田首相の座に居座る姿勢は日本国民の健康に害を与えるものでしかなく無用の長物そのものだろう。
 こうした政治家としての資質が欠落したものを切り捨てできない保守政党の信頼感を損なわせる行為は次期衆議院選挙では大きな逆風を生むことすら認識できていないのでは有事における対応が出来ない政治家ばかりということになる。

 であれば、与野党国会議員の半分以上を地方県会議員などからの転出で立候補させ、菅政権や安倍政権を支持した国会議員の大部分を入れ替える必要があるのは明らかだ。


  
posted by まねきねこ at 07:09 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21世紀型植民地政策という目標がある中国政府 思い通りには行かない隙間外交

  
 中国外務省は呉江浩外務次官補が2日、カタール・ドーハに駐在するアフガニスタンのイスラム主義組織タリバンの幹部と電話協議したことを発表した。

 呉氏はアフガン情勢は根本的な変化が起き、アフガンの前途と運命は国民の手に戻ったと発言し、タリバンの権力掌握を歓迎する考えを示したと続けた。

 また、中国は一貫してアフガンの主権と独立、領土保全を尊重してきたとも強調したうえ「アフガン国民に向けた友好政策を励行している」とも話し経済援助を進める姿勢をみせた。

 タリバン幹部は中国を「信頼に値する友人」と表現したうえ「アフガンにいる中国政府機関と人員の安全を確保する」とも述べた。

 また、中国の広域経済圏「一帯一路」構想に積極的に参加する意欲も示した。
    

ひとこと

 アフガニスタンの地下に埋まっている資源や軍事的目的でもあるインド洋へのアクセス手段の確保が目的なのは中国も旧ソ連も同じだろう。
 欧米のテロ対応としてのアフガニスタン介入もインド洋が中央アジアに入れ替わるだけで軍事戦略と資源確保の目的が背景にあり、駐留時の資源生産の金額を見れば明らかだ。

 単純思考しか出来ない日本の外交官の質の低下は政治家やマスコミと同様の無能さであり、工作を受けやすく著しく国益を害している。

  

posted by まねきねこ at 06:17 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報工作で分裂を誘う動き


 中国国内ではアフガニスタンからの米軍撤収が完了した31日、SNSを中心にタリバンの幹部に米中央情報局(CIA)要員が存在する可能性があるといった陰謀説が広まっている。

 この「CIA陰謀説」は、ロシアのスプートニク通信が28日
   ユーリ・ズダノフ国際警察協会ロシア支部長
の主張を中国語に翻訳報道して始まったようだ。

 ズダノフ支部長の記事ではロシアでもテロ組織に指定されているタリバンの数人の指導者は過去に米国の
   キューバ・グアンタナモ収容所
に捕虜として収監された人物で、CIAに抱き込まれた可能性があると主張している。

 このズダノフ支部長の主張は中国公安部門の情報工作からか5つの理由が補強され、インターネットポータルとSNSを通じて拡散しているという。

 実際、タリバンのカブール攻撃を指揮した
   アブドゥル・カユム・ザキール司令官
は2001年に米軍に捕虜として逮捕され、キューバのグアンタナモ米軍基地に収監されていた。
 2007年に釈放されたザキール司令官はアフガニスタンに戻った後、タリバン内で急速に昇進し、現在はタリバンの新国防相になった。

 このほかタリバン内務相や通信相が米軍捕虜として逮捕された後、グアンタナモを経て釈放された人物がいる。

 また、タリバンのナンバー2、アブドゥル・ガニ・バラダル師も米軍収容所に収監され、2018年に釈放されている。
 米軍はグアンタナモで200人のタリバン核心人物を釈放した。

 中国SNSは、米国とタリバンの間の秘密情報共有があったことはカブール空港攻撃でも明らかになった。
 飛行場の外のタリバン特殊部隊は米軍を監視するのではなく周辺警戒勤務をしたと主張した。

 こうした主張はSNS上の陰謀説を広げようとしており中国ではタリバン政権の登場が新疆ウイグル地区に及ぼす影響を懸念し、米国が何かを企んでいるという陰謀説を刺激しておりタリバン政権と新疆ウイグル地区イスラム極端主義の連係の可能性が陰謀説の土壌という構図を意識させている。

 一方、中国外交当局は国連安全保障理事会で米国など西側諸国との協力を拒否したうえ、中国外務省の汪文斌報道官は30日の定例記者会見で、フランスが主張したカブール都心内の安全地帯設置提案についても「国際社会はアフガニスタンの主権と独立、領土保存と人民の希望を尊重すべきだ」という原則的な発言を繰り返した。

  
ひとこと

 中国政府が21世紀型植民地政策でもある一帯一路でアフガニスタンで米国や旧ソ連が埋蔵を確認した地下資源を狙った動きの一つだろう。

 そもそも、CIAがソ連侵攻時にムジャヒディンに軍事訓練や武器弾薬類を提供したことは周知のことであり、アルカイダなどへの工作も同様だ。

 中国公安が尾ひれをつけているのは視点を変えればタリバン内部の分裂を誘うための工作活動で目障りな内部の粛清を図る手法にも見える。

    
posted by まねきねこ at 06:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする