市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年09月07日

中国共産党の野望が現実化することに警戒すべき

 
 米国の著名な資産家ジョージ・ソロス氏は、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)への寄稿で「中国に今、数十億ドル投じるのは悲劇的な過ちだ」とブラックロックが推し進める中国投資を批判し、「ブラックロックの顧客が資金を失うだけでなく、さらに重要なこととして、米国を含む民主主義国家の安全保障上の利益にダメージを与える公算が大きい」と続けた。

 世界最大の資産運用会社であるブラックロックは8月
   中国の個人投資家
を対象に投資商品の提供を開始している。

 6月には、中国で外資が完全子会社による
   投資信託ビジネス
を始める初のケースとして当局の認可を得た。

 慈善活動家としても知られるソロス氏はここ数週間に
   習近平共産党総書記(国家主席)
が率いる中国と経済的結び付きを強めることに警鐘を鳴らしている。

 先月のWSJへの寄稿では、「世界の開かれた社会にとって最も危険な敵」だとして習氏を非難したうえ、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に掲載されたコラムでは米国議会に対し、株主と連携した透明性のあるガバナンス構造を持つ企業にのみ投資するよう資産運用会社に義務付ける法案の可決を促した。

 最新のWSJへの寄稿でソロス氏は、ブラックロックが習氏を理解していないようだと批判、習政権はあらゆる中国企業を「一党独裁国の手段」と見なしていると断じた。

 中国と米国は「抑圧的、民主的という2つの統治システムの生死を分ける闘いの中にある」とも指摘した。


ひとこと

 中国進出の日本企業も政治的野望の強い習近平の思惑通りに工作を受ける可能性が高く極めて危険な環境に追い込まれるリスクに警戒すべきだ。

 そもそも、日本がグリーンカードなど移民政策とのバーターという圧力を弱めるため、奴隷制度と言った批判がある技能実習生などの仕組みの中に中国公安部門の工作員が5人から10人に1人の割合で潜入し、中小企業事業主の家族構成を始め企業の経営状況から周辺地域社会の情報などを収集していることは周知のことであり、留学生なども監視対象として中国共産党に不都合な情報や活動を抑制するとともに、留学生や技能実習生の中国大陸にいる家族の生命等を人質にして、重宝工作活動を仕掛けている。

 中国軍が日本への侵攻を行う場合、日本企業経営者の身辺へのリスクから地域社会への武力闘争を始めとする混乱を引き起こす工作が行われる可能性もある。

 これと同様に反日韓国政府による工作活動も芸能分野の韓流など日本のメディアの視聴率重視の思考に介在し、職員などへのハニートラップから金品提供なども繰り返し行われ、情報偏向で日本国民に知らせない姿勢が露骨だ。

 連邦国家に進み共同統治などになれば北朝鮮の核兵器を搭載した韓国のミサイルが日本本土を狙ってくる可能性が高まるだろう。

 核兵器が日本本土に使用されるまで、先制攻撃をしないなどという左翼的思考の強い日本の野党のみならず、口先だけの右翼姿勢で何も出来ない与党も問題なのは、新型コロナ対応や五輪開催最優先でバッハなど五輪マフィアに媚びる与党政権も問題で民主主義の末期的症状が出てきた感じだ。


   
posted by まねきねこ at 17:24 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国政府の工作で尖閣の占領など既成事実化を阻止すべき行動が取れる腹が座った政治家が必要

 中国共産党機関紙人民日報の国際版「環球時報(グローバルタイムズ)」は6日、中国人民解放軍が日常的な訓練の一環として前日、戦闘機・爆撃機など計19機を台湾近隣の上空に出動させたと報じた。

 中国軍は今回の空中武力示威にY−8電波妨害機1機、H−6爆撃機4機、J−16戦闘機10機、SU−30戦闘機4機を動員した。
 中国は9月に入ってから2日を除いて毎日、台湾上空に軍用機を送り、武力示威をしており、台湾侵攻時の軍事作戦における情報収集活動を強化しているようだ。

 今回の武力示威行動は、主要7カ国(G7)が首脳会談の共同声明(6月)で台湾問題に言及した直後に過去最大規模の軍用機28機で台湾上空を飛行して以来、最大の規模となっている。

 環球時報では中国軍と台湾空軍の戦力の格差を見せる日常的な訓練だと説明したが、状態的な行動をエスカレートして既成事実化していくことを警戒する必要がある。

 同様に日本の領土である尖閣諸島への中国海警の船舶の領海侵入を繰り返す行為も同じであり、中国漁船を違法操業させ、取締り名目のみならず、台風などでの避難行為で中国漁船を大挙尖閣諸島周囲に集結させたうえ武装漁民を上陸させるなどの行動をさせ、事実上の占領行為をする可能性もある。

 こうした行為に対して武力行使し排除する決断が日本の首相には求められるが、口先だけのエセ右翼でしかない米国の軍産複合体生へ金を貢ぎ続け、ポンコツでしかない機体に欠陥のあるF35を価値の数倍のバカ高い値段で購入するような安倍や菅などの後継政権は対応しきれないだろう。


   
posted by まねきねこ at 05:54 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスコミ報道のおごりが全面に出た結果だが、メダル数と支持率など直結することなどないのは当たり前だろう


 フランスの新聞各社は菅総理大臣の総裁選不出馬について「東京オリンピックの記録的なメダル獲得数も支持率低下を止められなかった」と報じた。

 また、菅総理の総裁選不出馬の背景として
   支持率の低さ
を指摘する記事が相次いだ。

 大手紙「レゼコー」は日本は東京オリンピックで過去最多のメダルを獲得したものの、政権幹部の期待に反して、支持率の低下を止めることはなかったと分析した。

 また、AFP通信は菅総理は政治経験が豊富なのにもかかわらず総理の座を維持できなかったと報じた。

 ワクチン接種の遅れなどの新型コロナ対策の不備や国民の反対が強いなかでの東京オリンピック・パラリンピックの開催決定で支持率が記録的な低さになっていたと指摘した。
 
  
ひとこと
 
 五輪マフィアの一員である広告宣伝料が視聴率確保とともに収入源として確保できたマスコミの報道の異様さには嫌悪感を覚える国民が多くいるということを未だマスコミも理解できていないようだ。
 
 腐れ芸人を垂れ流し視聴率を稼ごうとする番組の構成も同じようなものだ。
 
   



    
posted by まねきねこ at 04:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の信頼性が全くないことを自覚させるべきだ

  
 英国海軍の最新鋭航空母艦「クイーン・エリザベス」が4日、横須賀港に入港した。
 
 先月末に予定していた韓国釜山(プサン)への入港を取り消した直後に行われた。
 ことから、関心が集まっている。
 
 韓国国防部は当初、クイーン・エリザベスは先月末に釜山に入港する予定だったが、この計画は「厳しくなった新型コロナ感染拡大状況」のため、実現しなかったと説明した。
 
 このため、韓英海軍は先月31日、日本海南部海上で人道主義支援と災害救助中心の訓練など、縮小した交流活動だけを実施した。
 
 韓国と同じくコロナ禍に見舞われている日本は、韓国国防部の決定からわずか4日後、英国空母の入港を受け入れた。

 スティーブ・モアハウス空母打撃軍司令官は横須賀到着直後、ツイッターに「この地域で最も密接な安全保障上のパートナーである日本と演習及び交流を行うため、英国空母打撃軍が日本に到着した。
 
 英日関係はこの地域の安全と安定に対する英国の関与において非常に重要だ」という書き込みを残した。 
 また、動画で、「日本をはじめ、志を共にする国々とともに、英国は民主主義の価値を維持し、共通の脅威に対応する」という覚悟を明らかにした。

 ジュリア・ロングボトム駐日英国大使も、空母が港に接岸した直後に「空母クイーン・エリザベスが日本に到着した。横須賀に接岸する船を迎えることができて非常に光栄だ」というメッセージをツイッターに残した。 .

 インド太平洋地域の主要国とみなされるが、米国の核心同盟国である韓国と日本がクイーン・エリザベスの入港に示した異なる態度は、欧州主要国に参加範囲が拡大している「インド太平洋構想」に対して、中国に媚びる姿勢が出ている韓国の信頼性の低さを意味するものであり両国の「戦略的判断」の相違を反映している。
 
 英国など欧州主要国と力を合わせ、事実上「中国牽制」が目的のインド太平洋構想を深めようとする日本と異なり、韓国は米国と中国の間で両国に対して媚びる姿勢が顕著となっている。
 
 日本に到着したクイーン・エリザベスは同時期に入港した米国、オランダの艦船と共に、7日まで「パシフィッククラウン21-3」という多国籍共同訓練を行う。
 
 この訓練が行われる地域は、中国と日本の間の領土紛争が続いている東シナ海から関東南方につながる広い海域となっている。
 
 今回の訓練では、クイーン・エリザベスの艦載機として、垂直離着陸能力を保有しているF35-Bも参加する。
 
 
ひとこと
 
 韓国政府の信頼性のない対応は今後の欧米の対応にも顕著に出てくる事になりそうだ。
 
 
   
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする