市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年09月16日

天然ガスと液化天然ガス(LNG)、石油の相場は少なくとも当面高止まりすると予想


 米国エネルギー会社最大手のひとつシェブロンの
   マイク・ワース最高経営責任者(CEO)
は15日、ブルームバーグ・ニュースのニューヨーク本社でインタビューに応じ、天然ガスと液化天然ガス(LNG)、石油の相場は少なくとも当面高止まりすると予想していると語った。

 この背景について具体的な期間の目安は示さなかった。

 また、石油と天然ガスの主要生産会社が新規の開発プロジェクトを抑制していることで、世界はしばらくの間、高いエネルギー価格に直面するとの見通しを示した。

 新型コロナウイルス禍から世界経済が回復する中で石油・天然ガス価格は今年急伸している。
 主要生産会社はこれまでの価格上昇局面とは異なり、金利先高観測もあり
   手元資金
を新規プロジェクトに投じることには消極的で、それが供給不安を招いている。


 欧州は既に数十年で最も深刻な天然ガス不足に直面している。
 需要が通常ピークを迎える冬季に入る前に記録的水準まで値上がりした。

 低金利下において経営幹部が新たな供給への投資に慎重なのは、株主が支持する姿勢を示していないことも理由にある。
 新たな開発プロジェクトに再投資するより速やかに資金を還元するよう株主は望んでいるためだ。

 ワース氏は「私が注目する二つのシグナルのうち、一つだけが見える」と述べた。
 低金利資金を利用した商品相場の急上昇が「投資を拡大できるというシグナル」を発している。
 一方で、地球温暖化の元凶としてカーボン利用の制限を推し進めている環境保護派の活動が世界各地に広がっていることもあり株式相場が取締役会に送っているサインが異なると説明した。


    
posted by まねきねこ at 20:52 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信頼性が欠落 ワクチン接種より飲み薬の治療薬の承認を先延ばしせずに承認すべき

 
 人口約900万人の同国はワクチン接種で先行し、欧州の大半と米国がまだロックダウン(都市封鎖)など厳しい措置を取っていた4月、世界でいち早く社会と経済を再開させる先行事例となっていた。

 ただ、今では世界でも変異種ラムダ株の感染拡大が顕著となり特に深刻な感染ホットスポットになっている。

 シェバ医療センターの
   イヤル・レシャム教授(感染症学)
は、「ロックダウンなしの生活を維持し、多数の入院や死亡を避けられるのであれば、コロナとの共生はこのような感じになる」とメディアの取材で語った。

  同国ではワクチン未接種者が重症者に占める割合は、2回接種した人の10倍余りとなっている。
 このことは、ワクチンの感染予防効果が下がったしても、なお
   重症化は防げる
ことを示していると主張した。

 疫学者によると、ブースター接種の効果とバーやレストランへの入店をワクチン接種者に限定する措置により、30代以上ではすでに感染症例が減少している。


ひとこと

 体内に抗体があれば重症化には成りにくいというが、治療薬が開発されており、ワクチン接種より日本企業が開発した治療薬を承認すれば飲み薬でもあり簡易に接種して治療できるが、欧米の権益に忖度している胡散臭い与野党政治家からは承認する姿勢が全く見られない問題がある。

 また、腐ったマスコミも同様にこうした情報すら流さないのは五輪マフィアの権益確保のゴロツキ放送そのものと同じだ。  
  

   
posted by まねきねこ at 06:28 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型コロナ対応で国民の命より党の利益を追求する野党の腐れ政治家らも問題


 米国医療メーカー大手のファイザーは同社が独の小津業ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、時間の経過と共に効果が低下することが米国とイスラエルのデータから示されたと明らかにした。

 その上で、ブースター(追加免疫)接種は安全であり、変異株にも効果的であることが示されたと説明した。

 同社は米食品医薬品局(FDA)の外部諮問委員会向けの発表資料で各データを公表した。
 同委員会は17日に会合を予定しており、より多くの米国人がブースター接種を受けるべきかどうか勧告を出すとみられている。

 ファイザーはFDAのウェブサイトに掲載された資料で、「ワクチン接種の時期が早い人ほど、その分速いペースでブレークスルー感染(ワクチン接種後の感染)率が高まることをイスラエルと米国での実世界データは示している」と記した。

 FDAのサイトに掲載されている予定表によると、17日の会合では米国疾病対策センター(CDC)やFDAスタッフ、イスラエルと米国の研究者による発表も行われる予定だ。

 イスラエル当局者からは、感染や重篤な症状に対するブースター接種の効果に関してデータが示されるという。


ひとこと

 ユダヤ系国際資本が出資する企業群のとつであり、新型コロナワクチンの製造により莫大な利益を得ており
   「ワクチン接種の時期が早い人」
ほど、その分速いペースでワクチン接種後の感染
   ブレークスルー感染率
が高まるため、ブースター接種が今後繰り返し実施していくことで日本企業が開発したワクチンや治療薬の承認を忖度政治家や閣僚が遅らせる効果として利益供与が最大となる計算があるとも言える。
 ただ、一部研究からはブースター接種は5回が限界で、それ以上では大きな副作用が出ているという情報もあり、こうしたことからも欧米に金を貢ぐ腐った思考の政治家が総裁選の中、総裁選にも出ずコロナ感染防止(拡大?)最優先で訪米する胡散臭さが見られる。

 日本のノーベル受賞者が開発した医薬品イベルメクチンをコロナ感染者に利用することすらしない厚生労働省の姿勢自体が問題であり、医師会などの利権を含めどこを見て政治を行っているのか疑問だ。また、野党政治家も色々なゴタクを言うが、日本企業が開発したワクチンを承認しないことに対して何も主張しない対応を見ればより胡散臭いのは同じだ。

   
   
posted by まねきねこ at 06:01 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人資産を本土・香港間で相互に投資を認めるプログラム


 中国共産党政府の支配力が強まる中、香港政庁の
   香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)
の劉応彬副総裁は10日、イベントで、いわゆる「ウェルスマネジメントコネクト(理財通)」に言及し、
   中国本土南部と香港の住民
に個人資産を本土・香港間で相互に投資を認めるプログラムについて、早ければ10月に始まることを明らかにした。
  

ひとこと

 香港の金融市場を上海市場が飲み込む目論見が続いているようだ。
 中国本土南部と香港の住民の個人資の把握も兼ねており、習近平が模索する当たらな文化大革命を起こし企業資産を取り上げ再配分する動きから一般国民の個人資産まで拡大させるつもりのようだ。

   
posted by まねきねこ at 06:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の不動産バブルが弾けるリスクに備える


 中国中国当局は不動産開発大手
   中国恒大集団
の主要債権銀行に、今月20日が期限の利払いを同社が行わない見込みだと伝えた。

 この事情に詳しい関係者が明らかにしたもので、中国共産党幹部が絡む企業における中国国内最大級の債務再編が一歩近づいた形だ。

 中国では共産党幹部の資産状況や家族関係が国家機密で情報が隠蔽されており、情報の漏洩は国家反逆罪とも成りかねないため非公開情報だとしてこの情報に詳しい関係者が匿名を条件にメディアの取材で述べたもの、

 中国住宅都市農村建設省は今週、銀行と会議を持ち、中国恒大は20日の支払いを履行できないと通知したという。
 同社はまだ、返済期限延長や一部ローンの借り換えについて銀行と協議しており、利権の確保に四苦八苦しているようだ。

 また、来週は少なくとも1件のローンで
   「元本の返済ができない見込み」
だとの情報も流れており、約8400万ドル(約92億円)のドル建て債のクーポンを期日の23日に支払うかどうかも不透明という。

 銀行と債券保有者、納入業者、住宅購入者に対する中国恒大の債務は中国で
   最大級の金融リスク源
となっており、明らかにされている6月30日時点での負債は
   5718億元(約9兆7000億円)
に縮小していた一方で、貿易その他の支払残額は6カ月前から15%増え9511億元に達している。



ひとこと
 
 中国経済が大混乱に陥る可能性が出てきている。
 強権政権である習近平が力でねじ伏せる可能性があるが、価値のない紙幣を印刷し市場に流して過度なインフレを引き起こさせ、債務を消し去るような動きになれば中国進出の日本企業は大きなダメージを受ける可能性があり、急速な経済悪化を引き起こすだろう。
 
 こうした事態を想定すれば、コロナ感染終息後の経済回復は内需拡大で対応するしかなく円安ではなく円高で輸入物価を引き下げた上で関東圏の人口を減らし全国に企業と住民を配分する優遇策を行うとともに都市間の社会インフラなどを一気に進める器量が次期首相や閣僚には求められるだろう。
 
 現状の頃な対応に失敗し経済対策も出来ていない無能な与野党の政治家や官僚はパージしてしまい、新たな政治家を選出し、能力あり窓際に押しやられていた官僚に仕事をさせる事が必要だ。
 
 当然、五輪マフィアのマスコミは広告料を企業が絞り、切り捨てることが必要だろう。
 
 
   
posted by まねきねこ at 05:43 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフレ加速時の対応ができない経営者は不用だ


 ニューヨーク連銀製造業景況指数は9月34.3(前月18.3)に急上昇した。

 新規受注と出荷が大幅に持ち直したほか、販売価格は過去最高を更新した。

 事前調査のエコノミスト予想(17.9)を大きく超えた。
 ここ数カ月は変動の大きい状況続く見込みだ。

 販売価格の指数は47.8(前月比+1.8)と過去最高を記録した。
 また、仕入れ価格指数は75.7で、前月からはやや低下したものの、なお高い水準にある。

 コロナ感染拡大に伴う、港湾施設の利用規制などを強化した中国の影響もあり、入荷遅延の指数も過去最高となった。

 新規受注は33.7と、17年ぶりの水準に上昇した。
 出荷は26.9と、前月から22.5ポイント急伸した。

 雇用者数と週平均就業時間の指数もともに大きく伸びた。

  
ひとこと

 バブル崩壊後のデフレ経済で主流となった持たざる経営で資産を金融資産にシフトした企業が多く資源や原料などを保有もなくカンバン方式で単なる加工賃のみの利益追求となっている製造業ではインフレが強まればタイムラグで繁忙における資金ショート倒産するところが増えてくることになる。

 資金が潤沢であっても低金利では利益を生むわけでもなく、インフレで加速で資産が萎むことになるだけだ。
 企業経営者がバブル崩壊後の減量経営に慣れてしまった者が多く、当然、コストカッター的な思想が主流ではインフレが加速した場合の対応が遅れることになる。

 そもそも、社内の社員の流動化が起こり、無能な経営者が跋扈する企業からは技術を持った有能な社員が大量に移籍する事態が起こるだろう。

 阿呆な経営者が45再定年などマスコミに吹聴するが、忠誠心などない企業からの人材の流動化は避けられず、強い企業と歌の嵐に遭遇することになりそうだ。

 終身雇用制はもともと日本の奢る企では名目だけで不況期における首切りや人員整理を見れば、ないのと同じであり、欧米の主要基幹社員は終身雇用制が厳守されていることすら意識していない愚かさが見られる。

   
  
posted by まねきねこ at 05:21 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューヨーク連銀製造業景況指数は9月34.3(前月18.3)に急上昇


 ニューヨーク連銀製造業景況指数は9月34.3(前月18.3)に急上昇した。

 新規受注と出荷が大幅に持ち直したほか、販売価格は過去最高を更新した。

 事前調査のエコノミスト予想(17.9)を大きく超えた。
 ここ数カ月は変動の大きい状況続く見込みだ。

 販売価格の指数は47.8(前月比+1.8)と過去最高を記録した。
 また、仕入れ価格指数は75.7で、前月からはやや低下したものの、なお高い水準にある。

 コロナ感染拡大に伴う、港湾施設の利用規制などを強化した中国の影響もあり、入荷遅延の指数も過去最高となった。

 新規受注は33.7と、17年ぶりの水準に上昇した。
 出荷は26.9と、前月から22.5ポイント急伸した。

 雇用者数と週平均就業時間の指数もともに大きく伸びた。

  
ひとこと

 バブル崩壊後のデフレ経済で主流となった持たざる経営で資産を金融関係にシフトした企業が多く資源や原料などを保有もなくカンバン方式で単なる加工賃のみの利益追求となっている製造業ではインフレが強まればタイムラグで繁忙における資金ショート倒産するところが増えてくることになる。

 資金が潤沢であっても低金利では利益を生むわけでもなく、インフレで加速で資産が萎むことになるだけだ。
 企業経営者がバブル崩壊後の減量経営に慣れてしまった者が多く、当然、コストカッター的な思想が主流ではインフレが加速した場合の対応が遅れることになる。

 そもそも、社内の社員の流動化が起こり、無能な経営者が跋扈する企業からは技術を持った有能な社員が大量に移籍する事態が起こるだろう。

 阿呆な経営者が45再定年などマスコミに吹聴するが、忠誠心などない企業からの人材の流動化は避けられず、強い企業と歌の嵐に遭遇することになりそうだ。

 終身雇用制はもともと日本の奢る企では名目だけで不況期における首切りや人員整理を見れば、ないのと同じであり、欧米の主要基幹社員は終身雇用制が厳守されていることすら意識していない愚かさが見られる。

   
   
posted by まねきねこ at 05:18 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国経済は8月、不動産規制強化によって大きな打撃を受けた。

   
 デルタ変異株の拡大を制御しようと各国・地域が取り組む中で、世界経済の回復を巡り懸念が広がっている。

 中国経済は8月、新型コロナウイルスの抑え込みに向けた共産党政府の厳しい措置や国内の
   不動産規制強化
によって大きな打撃を受けた。

 中国の8月の小売売上高は
   前年同月比+2.5%
と、8.5%増だった7月から伸び率が大きく鈍化した。

 エコノミスト予想(7%増)よりも大幅に下回った。

 夏休み中に消費者が支出を控えたことが響いたものだ。
 また、1−8月の建設投資は前年同期比−3.2%減少しており、金融リスク防止に向けた取り組みの一環として中国政府が不動産規制を着実に強化していることを反映した数値だ。

 また、8月の工業生産は
   前年同月比+5.3%
の増加となった。
 予想では5.8%増、7月は6.4%増加だった。

 失業率は5.1%と前月から変わらず。1−8月の固定資産投資は前年同期比8.9%増となった。
 なお、市場では9%増加と見込まれていた。

 中国の景気減速は、デルタ変異株の拡大が世界経済の持ち直しをいかに難しくしているかを示した。

 建設の鈍化で8月の中国鉄鋼生産は1年5カ月ぶりの低水準にとどまっており、鉄鉱石など商品を巡る中国需要が減少することを意味しており、世界経済に波及することになる。

  
   
posted by まねきねこ at 04:58 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産や地方政府債務の管理を緩めるのは、なお時期尚早(中国)

   
 デルタ変異株の拡大を制御しようと各国・地域が取り組む中で、世界経済の回復を巡り懸念が広がっている。

 中国経済は8月、新型コロナウイルスの抑え込みに向けた共産党政府の厳しい措置や国内の
   不動産規制強化
によって大きな打撃を受けた。
 オーストラリア最大の投資銀行傘下のマッコーリー・セキュリティーズの香港在勤の中国経済責任者
   胡偉俊氏
は9月に中国経済の消費が幾分持ち直すと考えられるものの、「中国経済は向こう数四半期、幅広い下向きトレンドにとどまるだろう」と分析した。
 中国政府の債券発行加速や融資割り当ての拡大を通じた
   小幅な政策緩和
を実施すべきだが、当局にとっては不動産や地方政府債務の管理を緩めるのは、なお
   時期尚早
だと続けた。
  
posted by まねきねこ at 04:54 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定の行動を規制する意向(中国)


 米国の投資企業ゴールドマン・サックス・グループは13日のリポートで、同社中国担当エコノミスト
   ホイ・シャン氏
や春華資本(プリマベーラ・キャピタル)創業者の
   胡祖六(フレッド・フー)氏
を含む複数の専門家の意見を引用し、中国政府の最近の規制強化によるクノロジーや学習塾業界に対する締め付けは
   経済格差是正
   生産性向上
という長期的ゴールを目指したもので、幅広い民間企業を標的としたものではないと指摘、長期的な経済成長および投資見通しへの打撃は限定的にとどまるとの見方を示した。

 ただ、目先は金融市場が不安定な状態が続く可能性が高いと付け加えた。

 シャン氏は、政府は
   反競争的行為
や(共産党幹部の家族構成や資産などの)プライバシーを侵害し、(共産党独裁体制)
   国家安全保障
を脅かすデータ収集など
   特定の行動を規制
する意向だと指摘した。

 中国軍の攻撃能力の強化に直接影響がある技術革新にはこれまで以上に重点を置いており、その焦点はインターネット企業のような「ソフトテック」セクターから、半導体、航空宇宙機器、特殊素材などの「ハードテック」産業に移ったと分析した。

 中国の経済発展5カ年計画からは、化学および製紙産業における製造工程のグリーン化、スポーツ、ビル管理サービス、インターネットセキュリティーシステム、国内消費者ブランドなど、他の主要セクターを促進する方針もうかがえるとも指摘した。

 ゴールドマンのアナリストらはリポートで、中国は引き続き投資可能だと主張、中国政府の規制が「企業収益を構造的に損なう」可能性は低いとの見方を示した。
 ハードテックやグリーンエネルギーなど政府の国家発展計画の目標に一致したセクターへのエクスポージャーを選好している。

 春華資本のフー氏は、中国によるテクノロジー事業抑制の規制上の目標は他の国々が行っているものと同様であるとし、規制や執行を巡り中国の方がずっと強力で、ほぼ間違いなく強引な手法を用いている点が主な違いであると続けた。
 それが短期的には投資家心理と市場に圧倒的なインパクトを及ぼしているのは明らかだと分析した。

   
posted by まねきねこ at 04:31 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする