市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年09月17日

圧倒的な猛威を振るうのは最も感染力の強いデルタ変異株とそのサブ変異株になるとの見解

   
 米国ウォールストリートジャーナルによるとウイルス学者らはCOVID-19の新たな波が来る場合、圧倒的な猛威を振るうのは最も感染力の強いデルタ変異株とそのサブ変異株になるとの見解を示した。

 コロナウイルスの変異株のミュー株、ラムダ株の感染力について、デルタ株を凌駕するまでにはいたらないとの見解という。

 ウォールストリートジャーナルはフレッド・ハチソン記念がん研究センターのウイルス学者
   トレヴォール・ベドフォード氏
の「現段階でデルタに匹敵する感染力は出てきていない」という見解を引用して報じた。

 なお、科学者らの中からは、デルタ株の感染力は全世界におけるワクチン接種済人口の増加とともに、ある時点で限界に達するという見解が挙げられている。

 米国の感染症対策を率いるアンソニー・ファウチ氏は新たなミュー株については
   免疫を回避する潜在的な可能性
を秘めていると指摘した。


   
posted by まねきねこ at 06:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史の一部をつなぎわせても真実とはならない

  
 韓国メディアのソウル新聞によると、韓国の窃盗団が長崎県対馬市の観音寺から盗んだ仏像
   「観世音菩薩坐像」
は「偽物」だとする主張が撤回された。

 大田高裁で15日、仏像の所有権を主張する
   浮石寺(忠清南道瑞山市)
が、仏像を保管する韓国政府に引き渡しを求めた訴訟の控訴審が開催された。

 韓国政府の代理を務める検察は「観世音菩薩坐像と決議文の真偽についてはこれ以上争わない」との考えを示した。

 観世音菩薩坐像が高麗王朝時代の1330年に浮石寺で制作されたとする韓国文化財庁の鑑定結果を受け入れると説明した。

 検察はこれまで、窃盗団が仏像を釜山港から運び入れる際に「贋作」と判断した鑑定委員を証人として出廷させていた。
 また、仏像が「偽物」であると主張していたという。

 裁判の進行に関しては、検察と浮石寺側で意見が対立、検察は「観音寺が参加するまで遅らせるべき」と主張していた。
 これに対し浮石寺側は「観音寺の参加意思がはっきりしていないので、このまま進行して結論を出すべき」と反論した。

 これを受け、大田高裁は「次の公判までに観音寺の参加意思がはっきりしない場合、裁判を終わらせる」と主張した。
 次の公判は11月24日に開かれる予定だという。

 この事件は2012年10月に発生し、日韓間の外交問題にまで発展。仏
 像は高さ50.5センチメートル、重さ38.6キログラムで、1330年に浮石寺で制作され、その後
   「倭寇」の略奪
により日本に渡ったと勝手に主張している。

 裁判で窃盗団は「日本が略奪した文化財を取り返したので、われわれは愛国者だ」などと窃盗罪を認めず盗人が自己弁護したという。

 一審では「仏像に『高麗国 書州(瑞山)』との記録はあるが移転された記録はない」として浮石寺の所有権を認める判決を出した。日本はこれに反発し韓国政府に返還を求めた。
 なお、裁判中のため仏像は現在も太田市の国立文化財研究所に保管されている。

 韓国のネットユーザーからは「当然の結果。今後も国外に搬出された国宝級の遺物を本来あるべき場所に戻してほしい」「彼らは窃盗団ではなく英雄だ」「日本が返してくれないから仕方なく取り返しただけ」「盗まれたものを盗み返したのだから、今が正常な状態では。取り返してくれた愛国者に賞を与えるべき」「裁判を永遠に続ければ日本に返さずに済む」など窃盗団や浮石寺側を支持する声が数多く上がっている。


ひとこと

 李氏朝鮮(1392年から1897年)が女真族(満州族)出身の
   将軍 李成桂
らが蒙古族の支配が弱まった朝鮮半島の高麗王朝を簒奪して建国したもので親明政策をとり明の元号を使用、元の胡服を禁止したうえ、明の官服を導入するなど政治制度の改革を始めた。現在、韓服を朝鮮独自の服装としているが根拠自体が捏造というものだ。

 高麗王朝が保護していた仏教勢力が再び勢いを持つことを恐れ、崇儒廃仏政策を徹底し、儒教の振興と共に仏教の抑圧を開始した。ただ、この政策は李成桂が晩年仏門に帰依したことで一時中断されたが、後の第4代世宗(1397年5月7日 - 1450年3月30日)の時代以降、寺や仏像の破壊や僧侶の処刑などが繰り返された。
  
 そもそも教弾圧の理由には、前王朝高麗の国教が仏教であったということが大きな理由。

 第3代太宗は内乱の原因となる王子達の「私兵を廃止」すると共に軍政を整備し直したうえ、政務と軍政を完全に切り分ける政策を執った。また。
 この時代は朝鮮の科挙制度、特権貴族である両班などの身分制度、政治制度、貨幣制度などが整備された。
 明に対しては徹底的な親明政策を執り、1401年には明から正式に朝鮮王の地位に冊封されている。

 太宗は1418年に世宗に王位を譲り上王になったが、軍権はそのまま維持した。
 1419年の応永の外寇と呼ばれる対馬への侵攻をおこなっている。

 なお、権力闘争は凄まじく、勲旧派と士林派の対立が繰り返され、9族皆殺しを繰り返し両班の権力の維持に努めた。

 こうした廃仏の激化の中で高麗王朝時代に作られた仏像の多くは李氏朝鮮時代に破壊されている歴史的な事実すら認識しておらず、倭寇が盗んだというよりも巷に流れ出たものであり、そもそも、移転された記録など崇儒廃仏政策のなかであるわけがないことすら認識できない愚かさというより阿呆な思考が出ている。

 それよりも、韓国南部には前方後円墳が多数存在しており、韓国の考古学者が発掘したところ、日本由来のものばかりが見つかるという不都合な真実が出てしまったため、大慌てで埋め戻した記事がある。

 韓国政府が主張する竹島の領有が歴史的な事実というものであれば、韓国南部の前方後円墳が日本の権力者がいた事実が明らかになれば、韓国政府の主張からすれば、韓国南部は全てにほんの領土であったことになる。

 つまみ食いの歴史の事実をつなぎ合わせる韓国の歴史認識の勝手な解釈で主張する身勝手さを追求すべきであり、竹島のみならず韓国南部の領有権を日本も確認し、朝鮮人の退去と返還を求めるべきだろう。

    
posted by まねきねこ at 05:35 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リスクの捉え方で状況が大きく異る

  
 トヨタ自動車は10日、東南アジアでの
   新型コロナウイルス
の変異種の感染拡大の長期化で
   部品供給の混乱
   半導体供給の逼迫
の強い影響を受け、従来は930万台としていた今期(2022年3月期)の生産台数見通しを「900万台レベル」に引き下げることを発表した。

 半導体の不足から8月に発表した稼働停止予定に加えて、追加で9月17日から9月末までの間に主力拠点の高岡工場(愛知県豊田市)など9工場10ラインの稼働を最大4日間停止する計画も発表した。
 部品等の供給体制の確認などもあり、10月の計画については9月中旬に発表するとしている。

 トヨタは先月、部品供給不足により9月に大幅な減産を行うと発表していた。
 それまで自社工場における生産確保などもあり、半導体不足による影響が限定的だった。
 ここにきて大規模な減産を余儀なくされたことで、市場には衝撃が走った。

 前回の発表から1カ月もたたない中
   追加減産
を迫られたことで他の完成車や部品メーカーの株価などにも再び影響が広がる可能性が出てきそうだ。

 トヨタによると、東南アジア各国での
   ロックダウン(都市封鎖) など
の影響により工場の稼働維持が難しい状況にある。
 現在は可能な限り他地域への生産移管を進めているという。 

   
ひとこと

 生産拠点の分散化によるデメリットが出ている。

   
   
posted by まねきねこ at 05:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする