市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年09月18日

自画自賛が見苦しい

 
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日、国内で
   新型コロナワクチン
を少なくとも1回接種した人が秋夕(中秋節、今年は9月21日)前に人口の70%を超えるという目標を達成したことについて
   「驚くべき接種速度」
とSNS(交流サイト)に自画自賛し投稿した。
 
 ワクチン接種者は同日午後に累計3600万人以上となり、接種が始まった2月26日から204日で総人口(昨年12月時点で5134万9116人)の7割を上回った。
 文大統領は経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち、人口34万人のアイスランドを除いて最短で1回接種した人が7割を超えたと成果を誇張して説明した。
 
 また、「スピードで他国の追随を許さない大韓民国の底力をワクチン接種でも見せた」としながら医療従事者の献身や国民の協力に謝意を示した。
 今後はワクチンを1回接種した人の割合を8割に引き上げたうえ、ワクチン接種完了者の割合でも世界の先頭を走ると見通しを示した。
 
 また、ワクチン接種率を高めながら適切な防疫措置「K防疫」を取れば段階的に日常生活を取り戻すという希望も早期に実現できるようになると強調した。
 
 
ひとこと
 
 イスラエルのようにワクチン接種で新型コロナ感染を抑え込んだと思われている国で、変異種デルタ株の感染爆発が起きている。
 ワクチン接種者が感染源となって広げる動きが顕著だ。
 また、ワクチン接種で感染しやすい体質に変化したり、体内に抗体ができても所詮は異物であり、時間経過で排除され抵抗力の低下とともに感染しやすくなってしまっては、今後も生まれる変異種画強毒性と感染力が高くなれば致命傷にも成りかねない。
 
 治療薬を揃えていく戦略が必要のは明らかであり、愚宰相らの政権の承認が遅れている日本企業が開発したワクチンや治療薬では欧米国際資本の利益にならないため陰謀にも見える。
 そのため、末期政権がコロナ感染阻止最優先渡渉してお伺いに米国を訪問するのでは話にもならない。また、野党政治家はより胡散臭いのはこれまでの対応を見ればいいだろう。
 
 
   
   
posted by まねきねこ at 09:30 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実行部隊を排除し始めた様相



 中国ポータルサイトの「捜狐」と「網易」は14日、江蘇省公安局刑事警察隊元隊長
   羅文進 氏
らが、中国共産党の
   「某主要指導者」
を狙う陰謀を企てていたという記事を掲載した。

 羅氏は、2020年7月末から江蘇省規律検査委員会の取り調べを受けたうえ、今年3月2日に党籍を剥奪され、近況は不明なままとなっている。

 この署名記事では、「羅がケと、中央政府の政策をでたらめに論じ、国の主要指導者を貶していた。南京での記念行事に参列する同指導者に悪事を働こうとしたが、安全部門はその陰謀を阻止した」とし、羅氏が江沢民派のメンバーで中央政法委前トップ孟建柱氏の腹心で重慶市元副市長、重慶市公安局元局長、湖北省公安局元副局長を歴任したのち、最高指導部の中共中央政法委員会弁公室主任を務めた
   ケ恢林(とう えりん)氏
と江沢民元総書記の側近である曽慶紅元国家副主席の配下として活動した大手国有企業「中国華融資産管理」の元会長兼共産党書記
   頼小民(らい しょうみん)氏
と共に違法行為を働いたとしているが指導者の名前や陰謀を働いた時期などに言及していない。

 ケ氏は、2020年6月14日から重大な規律・法律違反の疑いで取り調べを受け、翌年1月、収賄罪で逮捕され、いまは審理中にある。

 また、頼小民氏は、今年1月5日に収賄・汚職・重婚の罪で死刑が確定したのち、1月29日に処刑された。 


   
ひとこと
 
 習近平の権力集中を続ける中で、江沢民派一派の勢力を削ぐ動きのひとつだ。
 今度は手先として動いた部分の排除に動いている。
 
 
    
posted by まねきねこ at 09:16 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロナ感染対策を政治目的に利用する工作に警戒すべき


 中国共産党政府の強い影響を受けている香港特区政府は9月15日、新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の防疫措置により強制検査の公告を官報に掲載した。

 同日の香港メディアによると、政府は指定の期間に11カ所の場所に滞在した人に新型コロナウイルスの核酸増幅検査を要求した。

 強制検査の対象となっている場所は旺角の点点心、旺角の麦花臣場館、沙田新城市広場のSimplylife、中環徳己立街のThe Coffee Academics、中環雲咸街の中国銀行(香港)などとなっている。


ひとこと
  
 言論の自由を封殺する手法としても利用できるものだ。
 言論の自由は共産党政権が認めることがないという典型例だろう。

 政治的な動きで同様の協定をして権力を握ろうとする胡散臭い日本の政党の質の悪さには警戒すべきだろう。

  
posted by まねきねこ at 08:20 | 愛知 ☁ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事業仕分けや民間最優先の政策の成れの果て組織の破壊行為が現在のコロナ感染拡大を阻止できなくした元凶だ


 立憲民主党の枝野代表はオンラインで新型コロナの対応にあたる病院関係者と意見を交わした。

 政府が進める公立病院の再編・統合方針は転換するべきだと主張して、次の衆議院選挙では公立病院の維持を公約として掲げる考えを示した。

 立憲民主党・枝野代表:「公立病院を減らしてきた流れを180度転換する。我々の政権公約の柱だと思っている」という。


ひとこと

 事業仕分けや規制改革、民営化最優先してきた無能政権により国益が大きく低下し、有事対応を出来なくさせた元凶ともいえる野党政治家の場当たり的で無責任な放言には嫌悪感を覚える。


    
posted by まねきねこ at 07:45 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花様年控股集団(ファンタジア・ホールディングス・グループ)の社債


 米国金融大手シティグループとスイス金融大手クレディ・スイス・グループのプライベートバンキング部門は財務懸念が強まっている中国の不動産開発会社
   花様年控股集団(ファンタジア・ホールディングス・グループ)
の社債を担保として受け入れることを停止した。

 シティとクレディ・スイスは花様年債の貸し付け価値をゼロとしている。
 これはプライベートバンキング部門の顧客が融資の担保として同社債をもはや利用できないことを意味している。

 ただ、この情報は部外秘のものだとして関係者が匿名を条件にメディアの取材で語ったという。

 年限が長めの花様年債は大きく値下がりしており、中国の高利回りドル建て債の中では、8月の成績が最悪クラスとなった。
 
 
ひとこと
 
 中国不動産業の破綻が近づいているようだ。
 なりふり構わず通貨元の価値を維持する目的から行動する可能性が中国政府に対するリスクとして認識しておく必要があるだろう。


   
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不都合な真実を強引にねじ伏せ黙らせる中国


 中国人民解放軍の退役軍人らが地方の軍事部門の不正に抗議し、国の規定通りの待遇を受けられるよう求めて中国各地から退役軍人200人以上が13日、北京にある
   中国中央軍事委員会
の陳情受付部門「政治信訪接待処」に集結し、処遇の改善を求めて陳情を行った。

 退役後、約束された就職は白紙にされたり、退役時の慰問金が給付されなかったりしたケースが多発しているためだ。

 このうち137人が公安当局により身柄を拘束され強制連行された。
 この中には、朝鮮戦争や中越戦争などの戦争経験者もいるという。

 中国共産党政府に対する抗議活動の参加者はメディアの取材に対して、ほかにも大勢の退役軍人が北京に向かったが、途中で現地公安当局などに拘束され連れ戻されたと話している。

 退役軍人の中には職がなく住居が強制取り壊しに遭い、いまホームレスになった男性もいるという。
 また、居住地の軍事部門は、亡くなった退役軍人の夫の死亡一時金を「すでに給付済だ」と主張し、支給を拒否している事例もあり、地方の共産党委員会などが給付金を横領するなど軍人の使い捨てが起きているようだ。

 翌日にも、取り残された退役軍人の家族は陳情を引き続き試みようとしたが、地方の公安部門から連絡を受けた警察では「10人以上集まると違法な集会にあたる」と警告し、強制的に退散させているという。

 退役軍人らは、中国共産党政府は長い間、軍のこうした不正を知っていながら、誰も責任を負わず、対処もしていないと批判した。


ひとこと

 中国共産党の軍事部門の退役した将兵の多くがこうした劣悪な待遇にあることを、現在の中国軍将兵の間に情報が広がっていくことで、内部分裂が起きる可能性が高い。
 これまでも政治闘争で軍事衝突が小規模ながら起きたが中央の指示により、問答無用で軍事行動により殲滅して黙らせてきており、天安門事件に至る過程でも同様だ。

 こうした中国共産党内部の権力闘争が激化し、暗殺未遂も多く、権力を集中させる動きがより強い習近平に至っては歴代で一番多い7回と言われている。

  
   
posted by まねきねこ at 06:13 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする