市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年10月26日

「デルタ」が中国11省まで広がるなかで北京五輪が開催できるかどうか


 中国製薬企業が開発したワクチンの効果が低く、中国国内における
   COVID-19の感染状況
は今月17日から増加傾向にある。

 これまで北京を含む少なくとも11の省に拡大し、武漢マラソンの延期が発表されたのに続き、来るべき北京マラソンも延期を余儀なくされている。

 今後、来年2月に開催される北京の冬季五輪が中止になるのではないかと注目されている。

 10月初めの国慶節の大型連休が終わって1週間が過ぎた。
 人の移動が大きかったためか中国では感染が再び蔓延するというニュースが流れた。

 中国中央テレビ(CCTV)によると、18日に上海を出発した自由旅行者7人が西安市で感染を確認され、途中で合流した1人も感染していたことが今回拡大の感染源だったと伝えた。

 その後、感染が急速に拡大し、1週間足らずで、陝西省、寧夏省、内モンゴル自治区、北京市、甘粛省、湖南省、貴州省、河北省、湖北省、青海省に広がった。
 今週に入ってから、浙江省、甘粛省、雲南省などにも広がっている。
  

ひとこと

 中国国内からの旅行角の受け入れは禁止すべきであり、イスラエルと同様の惨状を引き起こしかねない。
 経済回復作は内需を拡大する政治が必要であり、都市機能の分散で人口を配分する必要がある。

   
  
posted by まねきねこ at 20:50 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嘘まるけの情報を実現したとしての報道は韓国のお得意芸


 韓国青瓦台(大統領府)高官は25日、記者団に対し、
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
が今月28日〜来月5日の欧州歴訪中にバイデン米大統領と会談する可能性があると根拠もなく放言した。

 文大統領は今回の歴訪で、バチカン(ローマ法王庁)を公式訪問する。

 このほか、イタリア・ローマで開催される
   20カ国・地域首脳会議(G20サミット)
や英国グラスゴーで開催される
   国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)
に出席するだけだ。
 その後、英国訪問後はハンガリーを国賓訪問するが歴訪中に
   米韓首脳会談
が開催される可能性について、「G20やCOP26などで、どのような形であれ会う可能性があると予想する」と希望的観測で話しただけで「具体的な日程が決まったわけではない。韓米首脳会談も決まったことはない」と結んだ。

 公式会談ではない単なる立ち話になるように仕組むだけの話のようだ。
 これを略式会談になると決めつけるのもおかしな話だ。

 また、日韓首脳会談の可能性については、「両国の未来指向の関係発展のために努力している。先の韓日首脳の電話会談でも岸田文雄首相が日韓間のコミュニケーションを持続しなければならないと話した」と主張するなど韓国の勝手に自己満足している格下の国として日本としては扱えば良いだろう。

 青瓦台によると、文大統領は今月29日午前(現地時間)にバチカンでローマ教皇フランシスコと会談し、30日午前から2日間、G20サミットに出席する。

 また、11月1日からは英国のジョンソン首相の招きでCOP26に出席する。
 COP26で文大統領は温室効果ガスの排出量を2030年までに18年比40%減少するとの韓国の削減目標(NDC)を発表する。

 2日午後には国賓としてハンガリー・ブダペストを訪問するという。
 なお、3日には歓迎式やオルバン首相との会談が開かれる。

 またハンガリーにポーランド、チェコ、スロバキアを加えた
   東欧4カ国(V4)との首脳会議
やビジネスフォーラムにも出席する予定だが、中国嫌悪感が広がっている欧州で中国の手下として工作を行うつもりだろう。

 一方、文大統領は今月26日からオンライン形式で開催する
   東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議
にも参加したうえ27日にはASEANプラス3(日中韓)首脳会議にも出席する予定とし ている。

   
    
   
posted by まねきねこ at 19:37 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嘘を繰り返しても真実にはならない現実を知るべきだろう


 中国外交部の汪文斌報道官は25日の定例記者会見で、関係先進国は
   ワクチンナショナリズム
をやめ、その責を正しく果たすべきだと主張した。

 中国の影がチラついている国際機関のひとつ国連のグテーレス事務総長は、G20に対して新型コロナワクチンの公平な分配を確保するための資金調達への協力を求め、ワクチンナショナリズムやワクチンの買い占めはすべての人を危険にさらすとの見方を示しました。

 一方で、米国のメディアは米国で廃棄されたワクチンの数は、多くの発展途上国のワクチン接種数をはるかに超えていると報道した。

 これについて、汪報道官は中国共産党政府は、感染症対策はすべての国の共通責任だと考えてきたと話し、ワクチンの研究開発と生産大国、特に関係先進国は正しく責任を果たすべきであり、
   ワクチンナショナリズム
を捨て、外国へのワクチン提供の約束を早急に実行し、発展途上国がワクチンを安価に入手し、普及できるように行動し、全世界の新型コロナ終息に向けた支援をするよう期待すると続けた。

 さらに、中国は
   習近平主席のワクチン
を全世界の公共財にするとの宣言を着実に履行し、すでに100以上の国と国際組織に15億回分以上のワクチンを提供しており、今後は海外に年間20億回分を提供することを目標にしていると話した。
 また、新型コロナワクチン共同購入・分配の国際枠組み(COVAX)への1億ドルの寄付に加え、発展途上国に1億回分のワクチンを無償提供を行う。中国は人々の衛生と健康における共同体理念を堅持し「ワクチンナショナリズム」に断固反対し、ワクチンの公平な分配の推進に引き続き貢献していくと述べた。
   

ひとこと

 中国にあらゆる部分が握られることも意味するものであり、危険だろう。
 中国が資金提供した国は軍事戦略的に必要な位置にあり、負債を拡大することで借金との帳消しで植民地にすべく工作が続いているのは20世紀と同じ植民地主義でしかない。


  
posted by まねきねこ at 19:18 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狂ったマスコミの世界の常識などという国際資本の意のままに踊る評論家の経済関連報道に右往左往していては日本経済がパンクするだけだ

 英国政府は 23日、過去1週間の英国の
   新型コロナウイルス新規感染者
が7月21日までの週以来の最多を記録したとのデータを公表した。

 過去7日間の新規感染者は約33万3465人で、前週比15%の増加となった。

 23日公表された1日当たりの新規感染者は4万4985人で、前日の4万9298人を下回った。
 また、1日の死者数データはイングランドのみ入手可能で、陽性反応が出てから28日以内の死者数は135人だった。

 
 英国における死者数は過去1週間に12%増加しており、累計では13万9461人と欧州でロシアに次いで2番目に多い。

 
 ワクチン接種や治療法の改善により、過去の感染拡大局面と比べて死者数は大幅に減少している。
 ただ、医療体制はすでにひっ迫しており、英国の現在の死亡率は欧州の多くの近隣諸国をはるかに上回っている。

  英国保健当局は22日
   早期に行動
すれば厳しい対策を講じる必要性が低下すると指摘、
   在宅勤務 など
感染拡大を抑制するための措置の再導入に向け準備すべきと政府に提言した。

 経済が低迷し、スタグフレーションに陥りかねない環境にあるためジョンソン首相は同日、ロックダウン(都市封鎖)再導入の可能性について否定した。


  
ひとこと
 
 英国では1月8日68000人の感染者がワクチン接種の拡大で5月20日には1,851人まで1日の感染者数が減少した。
 感染力の強い変異種デルタの感染拡大により現状では10月24日38,420人まで増加してきている。
 
 ワクチン接種率の高いイスラエルなども感染数が1月28日7,358人がワクチン接種で6月初旬には1桁まで減少したが、デルタの拡大で9月11日には11,396人まで増加している。
 
 ロシアで確認されている新たな変異種「AY.4.2」はデルタよりも15%も感染力が強いという研究結果も出ている。
  浮かれた政策では感染爆発が繰り返されるということ示しており、内需拡大による経済再生を進める必要があり、輸出主導や観光立国なとと言った奴隷経済の如き西欧に阿るこれまでの奢った政策は抜本的に変える必要が出てきていることを認識すべきだろう。
 
    
   
posted by まねきねこ at 05:20 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浮かれ他対応で、感染爆発が起きている英国の惨状


 英国政府は 23日、過去1週間の英国の
   新型コロナウイルス新規感染者
が7月21日までの週以来の最多を記録したとのデータを公表した。

 過去7日間の新規感染者は約33万3465人で、前週比15%の増加となった。

 23日公表された1日当たりの新規感染者は4万4985人で、前日の4万9298人を下回った。
 また、1日の死者数データはイングランドのみ入手可能で、陽性反応が出てから28日以内の死者数は135人だった。

 
 英国における死者数は過去1週間に12%増加しており、累計では13万9461人と欧州でロシアに次いで2番目に多い。

 
 ワクチン接種や治療法の改善により、過去の感染拡大局面と比べて死者数は大幅に減少している。
 ただ、医療体制はすでにひっ迫しており、英国の現在の死亡率は欧州の多くの近隣諸国をはるかに上回っている。

  英国保健当局は22日
   早期に行動
すれば厳しい対策を講じる必要性が低下すると指摘、
   在宅勤務 など
感染拡大を抑制するための措置の再導入に向け準備すべきと政府に提言した。

 経済が低迷し、スタグフレーションに陥りかねない環境にあるためジョンソン首相は同日、ロックダウン(都市封鎖)再導入の可能性について否定した。


posted by まねきねこ at 05:18 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙ゴミを作った実験


 韓国の独自技術で開発したロケット「ヌリ号」は、21日午後5時に打ち上げられ、高度700キロまで飛行したものの、ロケットに搭載されていたダミー衛星の目標の軌道への投入は失敗し、宇宙国を作った形だ。
 
 「ヌリ号」は、韓国がおよそ12年をかけて独自技術で 開発した初の宇宙発射体で、長さは47.2メートル、重量は200トンのもの。 
 3段式の液体ロケットの「ヌリ号」では、3段エンジンで700キロ上空まで打ち上げた後、ダミー衛星を目標の軌道に乗せれば、打ち上げ成功となる計画だった。
 
 21日午後5時に一段目に点火されて上昇を始めたロケットは、2分後に、高度59キロで1段目を分離した。
 4分後にはヌリ号に搭載されていた衛星を囲むペアリングが分離され、2段エンジンの停止と3段エンジンの点火が確認されました後、午後5時8分には飛行高度600キロに達し、12分後に3段目エンジンが停止し、15分後にはダミー衛星が正常に分離されたと具体的な工程を説明した。
 
 ただ、衛星の分離までは正常に行われたものの、その後のデータの分析で予定していた軌道に乗せることに失敗、宇宙にゴミを作ったことが分かった。 
 
 反日政策を市民団体やマスコミを動員した世論誘導工作を繰り返し行っている
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
は、21日、打ち上げが行われた南部の全羅南道・高興(コフン)の羅老(ナロ)宇宙センターで打ち上げを見守り、宇宙国を作った失敗の結果報告を受けた後の国民向けのメッセージの中で、「残念ながら、目標を完璧に実現することはできなかった」と述べたものの、「発射体を高度700キロまで飛行させたこと自体は、素晴らしいことだ。衛星を軌道に乗せることが課題になるが、足りない点を補えば、来年5月に行われる2回目の打ち上げでは完璧に成功すると信じている」と自画自賛して強調する醜態を示した。
 
 衛星の軌道への投入が成功した場合、韓国は世界7番目に実用衛星を打ち上げることのできる国となるとしたが、実力はモノマネばかりでは無理な話した。


       
posted by まねきねこ at 01:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする